当たり前も大切にする
ポジティブフィーリングな家族の休日

レト連れにも最適な3列シートSUV MAZDA CX-8を相棒に

家族をもっと喜ばせたい。家族に伝えたいことがある。
ともすると過ぎてしまう日常を、しっかり刻んでいくために…
山口崇志さんはCX-8と家族の時間について語る。
(『RETRIEVER』1月号掲載 )

*本ページに掲載の車両は現在の仕様と一部異なる箇所がございます。

日常を特別な時間として愛しくさせる特別な存在

レトとともに暮らす人なら知っているはずだ。彼らの一生は、私たちよりもずっと短い。
子どもと暮らす人ならわかるだろう。彼らは毎日たくさんのことを感じとり、身体も心も、親の想像を超えて成長していく。

だからこそ「休日こそはしっかりと家族と向き合える時間を持たなければと考えている」という山口崇志さん。
「運転そのものを楽しめるマツダのクルマは、オトコ心をくすぐりますが、父としては、フロントシートからサードシートまで家族全員の会話が届く静粛性の高さも嬉しい点。子どもやレトが見せるしぐさや表情を感じ取りながら、移動中も大切な家族の時間にできる」とCX-8の魅力を語る。

だからこそ「休日こそはしっかりと家族と向き合える時間を持たなければと考えている」という山口崇志さん。
「運転そのものを楽しめるマツダのクルマは、オトコ心をくすぐりますが、父としては、フロントシートからサードシートまで家族全員の会話が届く静粛性の高さも嬉しい点。子どもやレトが見せるしぐさや表情を感じ取りながら、移動中も大切な家族の時間にできる」とCX-8の魅力を語る。

   

「アンナが海好きなので、休日は海辺に家族で出かけて息子とサーフィンを楽しむことが多いのですが、
シートを倒せば、ロングボードも積めて、積載量に余裕があるCX-8は、使い勝手も抜群です」

3列目シートを倒すことで大型犬のケージも積載可能。

3列目シートを倒すことで大型犬のケージも積載可能。

1列目、2列目シートも倒せばサーフボードやウェットスーツなどの大きなアイテムまで同時に積むことができる。

1列目、2列目シートも倒せばサーフボードやウェットスーツなどの大きなアイテムまで同時に積むことができる。

   

さらに美しいフォルムはシーンごとに様々な表情を見せ、フォトジェニックな存在感をもあわせ持つ。
CX-8は、ただ人や犬を目的地に運ぶ手段ではない。
運転する、会話する、同じ時間を過ごす…ともすると当たり前にすぎていく一瞬を、ポジティブに、鋭敏に、感じさせてくれる。
遊び疲れた子どもとレトの寝息を聞きつつ帰路につく…。
家族の幸せなワンシーンを、きちんと気づかせてくれる存在なのだ。

   

関連コンテンツ

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP