「聞こえてくるのは、心地よくデザインされた音です」

心安らぐ静けさに包まれながら、お気に入りの音楽を楽しむ。
スピーカーレイアウトを見直すとともに、必要な音が自然に聞こえてくる上質な音響空間、
MAZDA HARMONIC ACOUSTICS(マツダ ハーモニック アコースティックス)を構築。
心地よいエンジンサウンドやオーディオサウンドが味わえます。

音の伝わり方と人間特性の研究を積み重ね、マツダのオーディオシステムが大きな進化を遂げました。
ドライビングポジションの改善のためフロント構造を見直し、前輪を前に出すことで生まれた空間にスピーカーを配置。硬いボディに置くことによって低音のビビり音を抑えています。そのほか、スピーカーを人の耳に近づけるなど、向きや高さなどにも工夫を凝らすことで、より効率的に音が広がり、自然に音が届く音響空間を実現。
高音質でクリアなサウンドを、豊かな臨場感とともにお届けします。

人間特性に合わせて磨き上げたオーディオシステム

  • Bose社との共創で生まれた、上質な音響空間。Bose社との共創で生まれた、上質な音響空間。

    MAZDA3のBoseサウンドシステムは、Boseエンジニアが監修した専用のオーディオルームを使って開発。Bose社と共創して音の立体感や明瞭度を徹底的に磨き上げ、サウンドの質感を大きく向上させています。必要な音だけが自然に、心地よく聴こえてくる感覚を、ぜひ実際にご体感ください。

一人でも、家族や仲間と一緒でも楽しい、2つのオーディオモード。

運転席に集中的に音を響かせる「ドライバーモード」と、後席まで音を響かせる「ALLモード」を設定。
一人のときも、多人数でも、それぞれに合ったサウンドを楽しむことができます。

ただ静かなだけでなく、人間が心地よさを感じられる。それが、マツダの考える静粛性です。
そのために、不快な騒音を抑えるとともに、音が耳に届くまでの経路や変化の仕方まで徹底的にコントロール。
ドアを閉めた瞬間、そして走るたびに、気持ちがすっきりと研ぎ澄まされる感覚を味わえます。

  • 人間特性に基づき、不快に感じる音を徹底的に排除。人間特性に基づき、不快に感じる音を徹底的に排除。

    マツダが目指す音響空間は、ドライバーが自然と運転に集中でき、乗員全員がリラックスできる環境です。そのためには、単に静かにすればよいというわけではありません。想像してみてください。シーンとした図書館。読書をしていると、隣の人の携帯電話が急に鳴り出しました。続いての場面は、BGMや人々の談笑が聞こえてくるカフェ。先ほどと同様、隣の人の携帯電話が急に鳴り出しました。さて、この携帯電話の着信音、どちらの場面でより「うるさい」と感じるでしょうか。多くの人は、「図書館」と答えるのではないかと思います。
    人には、予期しない音を不快と感じる性質があります。図書館では「音がないこと」が前提なので、小さな音でも敏感に気になります。一方でカフェは「音があること」が前提のため、新たに他の音が発生してもそれほど気にならないのです。つまり重要なのは、「同じ音であっても、聴く環境と聴こえ方によって感じ方が変わる」ということです。
    このことからMAZDA3では単に静かにするだけでなく、人間特性に基づいて「不快に聴こえる音」を徹底的に排除することに注力。そのうえで、エンジンサウンドやオーディオサウンドを心地よく乗員に提供することにこだわっています。

  • 運転に必要な音を見極め、適切に伝わることを追求。運転に必要な音を見極め、適切に伝わることを追求。

    クルマにおいて静粛性は非常に大事な要素ですが、「静かさ=心地よさ」ではないとマツダは考えています。例えば、クルマを走らせているのにエンジン音もロードノイズも一切しない無音状態だったとしたら、どこか不安になると思いませんか。それは、「音」というものが人間にとって大事な知覚情報だからです。エンジン音は車両状態を、ロードノイズは路面状態をドライバーに教えてくれます。だからマツダはすべての音を消してしまうのではなく、運転にとって必要な音を見極め、そのうえで音が正確に、心地よく聴こえるような「静粛性」にこだわっているのです。

  • 遮音性能を高めるため、徹底した穴ふさぎを実施。遮音性能を高めるため、徹底した穴ふさぎを実施。

    フロアカーペットの面積に対して1%の穴があると、遮音性能が30%も失われてしまうことが検証でわかりました。そこでマットの穴を一つひとつ検証し、不要なものを削除。フロアカーペットの穴の数そのものを減らすとともに、残った穴も部品が組み合わさることでふさがるように設計しています。
    またドアスピーカー用の大きな穴やスピーカーグリルなど、従来のドアパネル構造は遮音効率の観点では不利となります。MAZDA3ではスピーカーをドアパネルから独立させて、デメリットとなる穴を削減するなど、徹底した穴ふさぎを行っています。

“Sound that transports you”

目指したのは「動くオーディオルーム」。
人間の音の感じ方を研究し、本物の音を追い求めています。

体感ボイス

MAZDA3(北米仕様ベース車)の特別先行内見会では、スピーカーレイアウトや遮音性を高める工夫をご紹介。MAZDA3の音響空間を実際にご体感いただきました。

  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)で参考価格です。販売価格は販売会社が独自に定めております。2019年10月以降は新消費税率(10%)に基づき精算させていただきます。詳しくは販売会社にお問合せください。また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用は別途必要です。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(2019年9月30日まで)、重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP