事故衝突被害を軽減する

事故衝突被害を軽減する

万一の際に、乗員や歩行者をできる限り保護するシステム。

軽量で高剛性に優れ、キャビンの変形を最小限に抑えるSKYACTIV-BODYを採用するなど、
万一の際の安全確保を追求。事故の際にはすべての乗員や歩行者の保護に努め、被害を軽減します。

万一への綿密な備え
PASSIVE SAFETY

 

万一への綿密な備え
PASSIVE SAFETY

 

軽量・高剛性・安全ボディ
”SKYACTIV-BODY”

基本骨格の「ストレート化」と各部骨格の「連続フレームワーク」を基本として、軽量・高剛性とともに優れた衝突安全性能を実現しました。

(標準装備:全車)

軽量・高剛性・安全ボディ
”SKYACTIV-BODY”

基本骨格の「ストレート化」と各部骨格の「連続フレームワーク」を基本として、軽量・高剛性とともに優れた衝突安全性能を実現しました。

(標準装備:全車)

アクティブボンネット(歩行者保護システム)

万一の衝突時、歩行者の頭部や脚部への傷害を軽減するためのエネルギー吸収構造などを採用したボンネットまわりやフロントバンパー、それに加えアクティブボンネットを採用。一定速度の範囲内で走行中に一定以上の衝撃を感知すると、ボンネット後部を瞬時に持ち上げてエンジンとの間にスペースを確保し、歩行者の頭部への衝撃を緩和させます。

  • 画像はイメージです。

(標準装備:全車)

万一の衝突時、歩行者の頭部や脚部への傷害を軽減するためのエネルギー吸収構造などを採用したボンネットまわりやフロントバンパー、それに加えアクティブボンネットを採用。一定速度の範囲内で走行中に一定以上の衝撃を感知すると、ボンネット後部を瞬時に持ち上げてエンジンとの間にスペースを確保し、歩行者の頭部への衝撃を緩和させます。

  • 画像はイメージです。

(標準装備:全車)

前面衝突への対応

前面衝突への対応

  • ボディ前部の高効率マルチロードパス構造で、前方からの衝撃を多方向に分散させて吸収。
  • 衝突時にサスペンションクロスメンバーを離脱させ、エンジンルームの衝撃吸収スペースを確保。
  • 前席乗員の足もとやキャビン中央部などに高張力鋼板を採用し、軽量化とキャビン強度向上を両立。

側面衝突への対応

側面衝突への対応

  • ルーフ、センターピラー、アンダーボディを連続させた高強度の環状構造で、側方衝突によるキャビン変形を抑制。
  • ドア内部のサイドインパクトバー(フロント2本、リア1本)が側面衝突時の衝撃を効率よく分散させ、ドアのキャビンへの侵入を抑制。

後面衝突への対応

後面衝突への対応

  • リアフレームを高強度化、ストレート化し、優れたアンダーボディの衝撃吸収性を実現。
  • 燃料タンクを保護する構造により、燃料漏れや車両火災の発生を抑制。

SRS※1エアバッグシステム 運転席&助手席、カーテン&フロントサイド

運転席&助手席のSRS※1エアバッグシステムと、側面からの衝突時に前後席の乗員を保護するSRS※1エアバッグシステム カーテン&フロントサイドを全車に装備しました。

(標準装備:全車)

運転席&助手席のSRS※1エアバッグシステムと、側面からの衝突時に前後席の乗員を保護するSRS※1エアバッグシステム カーテン&フロントサイドを全車に装備しました。

(標準装備:全車)

高機能のシートベルト

運転席・助手席・リアシート左右席には衝突初期の拘束性を高めるプリテンショナーと、安定した荷重で乗員を拘束するロードリミッターを装備しています。

(標準装備:全車)

運転席・助手席・リアシート左右席には衝突初期の拘束性を高めるプリテンショナーと、安定した荷重で乗員を拘束するロードリミッターを装備しています。

(標準装備:全車)

さらに入念な、万一への備え

頸部衝撃緩和フロントシート

頸部衝撃緩和フロントシート

追突された際に頸部が受ける衝撃を和らげます。

(標準装備:全車)

頸部衝撃緩和フロントシートイメージ図

荷物侵入抑制機構リアシート

荷物侵入抑制機構リアシート

前面衝突時の積荷による乗員への傷害発生の可能性を最小限に抑えます。

(標準装備:全車)

荷物侵入抑制機構リアシートイメージ図

後席乗員保護

後席乗員保護

前面衝突時に後席乗員の下半身がシートから滑り落ちるのを抑制。また、後面衝突時に頸部が受ける衝撃を緩和させるよう十分なヘッドレスト高を確保しています。

(標準装備:全車)

後席乗員保護イメージ図

リアシートISOFIX※2対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ(左右席)&
トップテザーアンカレッジ(左右席)

チャイルドシートを簡単・確実に装着でき、衝突時にはトップテザーがお子さまへの負担を軽減します。

(標準装備:全車)

チャイルドシートを簡単・確実に装着でき、衝突時にはトップテザーがお子さまへの負担を軽減します。

(標準装備:全車)

安心の基本を支える
BASIC SAFETY

安心の基本を支える
BASIC SAFETY

LEDヘッドランプ

ヘッドランプのハイビーム、ロービームともに、明るい白色光を放つLEDを採用。フォグランプ相当の照射範囲をカバーするとともに、省電力化にも貢献します。

(標準装備:全車)

ヒル・ローンチ・アシスト (HLA)※3

坂道での発進時、車両の後退を緩和してスムーズな発進をアシスト。坂道で停車すると自動的に作動、下り坂でのバック発進時にも作動します。

(標準装備:全車)

エマージェンシー・シグナル・ システム(ESS)

急ブレーキをかけた時の車速が約55km/h以上の時、ハザードランプを自動で高速点滅させ、後続車への注意を喚起します。

(標準装備:全車)

LEDドアカーテシーランプ (フロント/リア)

ドアを開いた際、白ランプが乗員の足元を明るく照らし出すと同時に、赤ランプで後続車に乗降中であることを知らせます。

(標準装備:全車)

  1. SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)運転席&助手席エアバッグは横方向や後方からの衝撃、横転および転覆した場合や正面からの衝撃が小さい場合には作動しません。カーテン&フロントサイドエアバッグは横方向からの衝撃を感知した場合、感知した側が作動しますが、正面や後方からの衝突時や衝撃が小さい場合には作動しません。すべてのSRSエアバッグはシートベルトをしたうえでの補助拘束装置です。シートベルトは必ず装着してください。
  2. 国際標準化機構(ISO)の定めたチャイルドシート固定装置に関する規格。
  3. HLA はあくまでもドライバーのブレーキ操作やアクセル操作等を補助するシステムです。したがって安全性の確保にも限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

マツダのクルマづくり

全方位を見つめるマツダの安全装備

MAZDA SAFETY TECHNOLOGY

マツダの安全装備についてさらに詳しく

全方位を見つめるマツダの安全装備

MAZDA SAFETY TECHNOLOGY

マツダの安全装備についてさらに詳しく

関連コンテンツ

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • JC08モードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(2019年9月30日まで)、重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP