サポカー補助金(中古車)

65歳以上を対象に

サポカー補助金が最大4万円

交付を受けるには条件があります。

対象となるクルマ

サポカー補助金 4万円

衝突被害軽減ブレーキ機能(対歩行者)
& ペダル踏み間違い急発進抑制装置機能
を搭載

サポカー補助金 2万円

衝突被害軽減ブレーキ機能(対歩行者)
のみ搭載

  • 衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)やペダル踏み間違い急発進抑制装置などの運転支援機能は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、路面や天候などの状況によっては作動しない場合があります。機能を過信せず安全運転を行ってください。詳しくは販売店にお問合せください。

補助金に関する詳細

  • 補助金の対象者は、令和3年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者、および令和3年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者が対象です。
  • 補助金の対象は、以下の①又は②のうち、審査委員会の審査を経た車両です。
    ①「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」及び「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」搭載車 <中古車>4万円
    ②「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」搭載車 <中古車>2万円
  • 補助金の対象車は、令和2年3月9日以降、中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された自動車が対象となります。
  • 補助金の交付を受けた中古車については、中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された日より1年以上の間、
    原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が 必要となります。また、補助金の返納が必要となる場合があるなど、条件があります。
  • 自家用自動車については、補助金の交付は、1人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります。
  • 事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の高齢運転者の人数までが上限となります。
  • 申請総額が予算額を超過し次第、終了となります。
  • 詳しくは販売店スタッフまでおたずねください。
    また、補助金の対象となる中古車など、制度の詳細や申請手続きなどについては、経済産業省や国土交通省、次世代自動車振興センターのホームページもご確認ください。

コンパクトカーでも変わらない、マツダの安全

サポカー補助金対象となるデミオも※1

マツダは2017年以来、大きなクルマだけでなく、コンパクトカーにまで先進安全技術の標準装備化を進めてきました。※2

年式やグレードによっては、コンパクトなデミオもサポカー補助金の対象となります。
(MAZDA2は全車種が対象)

デミオの中古車を探す

サポカー補助金対象となるデミオも※1

マツダは2017年以来、大きなクルマだけでなく、コンパクトカーにまで先進安全技術の標準装備化を進めてきました。※2

年式やグレードによっては、コンパクトなデミオもサポカー補助金の対象となります。
(MAZDA2は全車種が対象)

デミオの中古車を探す

  1. 年式やグレードによって装備内容が異なります。当サイト掲載商品のサポカー補助金該当可否および交付金額については、販売店スタッフにお問合せください。
  2. 登録乗用車が対象

   

大きなクルマと同じ「デミオのペダルレイアウト」

マツダは、コンパクトカーからハイエンドモデルまで、理想のペダルレイアウトを実現。
正しくペダルを踏めること。
マツダの「走る歓び」はそこから生まれているのです。

詳しくはこちら

大きなクルマと同じ「デミオのペダルレイアウト」

マツダは、コンパクトカーからハイエンドモデルまで、理想のペダルレイアウトを実現。
正しくペダルを踏めること。
マツダの「走る歓び」はそこから生まれているのです。

詳しくはこちら