安全性能

働く人の安心を支える、先進の安全機能。

  

全車安全運転サポート車(サポカー)に該当

全車安全運転サポート車(サポカー)に該当

経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している、運転者を先進安全技術で支援し交通事故防止を図る「安全運転サポート車(サポカー)」に該当しています。サポカーは、自動ブレーキを搭載した車です。

※プリクラッシュセーフティシステム装着車。

衝突回避支援パッケージ 3つの機能

(1)プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)*1*2*3

■システムイメージ図

プリクラッシュセーフティシステム システムイメージ図

 

進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、約15km/h~140km/h*5の車速域で警報を発して回避操作を促します。その際、約30km/h~80km/hで走行中にブレーキを踏むと、強力なブレーキアシストが作動します。仮にブレーキを踏めなかった場合でも、ブレーキの自動制御は約10km/h~80km/hの幅広い速度域で作動し、たとえば停止車両に対し自車速度が30km/hの場合は、ブレーキの自動制御により約30km/hの減速を行い、衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。

(標準装備:全車)

■作動イメージ図

プリクラッシュセーフティシステム 作動イメージ図

(2)レーンディパーチャーアラート*4

■作動イメージ図

レーンディパーチャーアラート 作動イメージ図

 

道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

(標準装備:全車)

※本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご確認ください。

(3)オートマチックハイビーム*4

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

(標準装備:全車)

■作動イメージ図

作動イメージ図 ハイビーム

ハイビームで走行可能と判断した場合、常時ハイビームで走行します。

 

作動イメージ図 ロービーム

先行車や対向車のランプ、街路灯などを検出すると自動でハイビームをロービームに切り替えます。

※自車速度約30km/h以上で作動します。
※ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
※道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご確認ください。

衝突回避支援パッケージのスイッチ
衝突回避支援パッケージのスイッチ

(1)オートマチックハイビームスイッチ:システムのON/OFFが可能です。
(2)レーンディパーチャーアラートスイッチ:システムのON/OFFが可能です。
(3)プリクラッシュセーフティシステムスイッチ:システムのOFFおよび警報タイミング(遠い・中間・近い)の変更が可能です。

先行車発進告知機能

■作動イメージ図

先行車発進告知機能 作動イメージ図

 

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

(標準装備:全車)

※「P」「R」以外のシフトでブレーキペダルを踏んで停車している時に作動します。「N」の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。
※先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび告知タイミングの変更が可能です。詳しくは取扱書をご確認ください。

ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム[横滑り防止機構](DSC)&トラクション・コントロール(TRC)

雨や雪で滑りやすい路面などにおいて横滑りが発生したときは、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし、車両安定性を確保します。発進・加速時にはタイヤの空転を抑えて、アクセル操作をしやすくします。

(標準装備:全車)

※道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご確認ください。

■DSC作動イメージ図

DSC作動イメージ図

 

DSC OFFスイッチ

4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)&電子制御制動力配分システム(EBD)、ブレーキアシスト*6

■4W-ABS作動イメージ図

4W-ABS作動イメージ図

ブレーキング時にタイヤロックを防ぐ4W-ABS機能に、車両の走行状態に応じて前後・左右輪に理想的な制動力配分を行うEBDを採用。ブレーキの踏み込み速度と量から緊急ブレーキであることを感知し、強い制動力を発生させるブレーキアシストも搭載しています。

(標準装備:全車)

※急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。

ヒルスタートアシストコントロール

 

■作動イメージ図

ヒルスタートアシストコントロール 作動イメージ図

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。

(標準装備:全車)

ドライブスタートコントロール 

■作動イメージ図

ドライブスタートコントロール 作動イメージ図

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えます。

(標準装備:全車)

SRS*7エアバッグシステム 運転席&助手席

■エアバッグ膨張時イメージ図

エアバッグ膨張時イメージ図

運転席&助手席のSRSエアバッグシステムを全車に装備しました。

(標準装備:全車)

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性の低減に寄与します。

(標準装備:全車)

オートライトシステム

車外の明るさに応じて自動的にヘッドランプなどを点灯・消灯。夕暮れ時やトンネルの続く山道などで役立ちます。

(標準装備:全車)

頸部衝撃緩和フロントシート


■頸部衝撃緩和イメージ図

頸部衝撃緩和イメージ図

後方から衝突された際に背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頸部への衝撃を緩和する構造を採用しています。

(標準装備:全車)

シートベルト フロントシート プリテンショナー&ロードリミッター機構付ELR3点式×2

■作動イメージ図

プリテンショナー機構・ロードリミッター機構 作動イメージ図

運転席・助手席には、衝突初期の拘束性を高めるプリテンショナーと、安定した荷重で乗員を拘束するロードリミッターを装備しています。

(標準装備:全車)

全方位コンパティビリティ*8ボディ構造

■全方位コンパティビリティボディ構造イメージ図

全方位コンパティビリティボディ構造イメージ図

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディは、車重・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求するコンパティビリティの概念を取り入れて開発しています。

(標準装備:全車)

歩行者傷害軽減ボディ 

■歩行者傷害軽減ボディイメージ図

歩行者傷害軽減ボディイメージ図

万一の対人事故に備えて、歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和する構造を、ボンネット部やバンパー部などに採用しています。

(標準装備:全車)

注意

* 1 警報は自車速度約15km/h~140km/h*5、ブレーキの自動制御は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。
* 2 数値は社内測定値。
* 3 プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
* 4 レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

* 5 公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。
* 6 アシストが必要なときには、ブレーキペダルを踏み続けてください。
* 7 SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)運転席&助手席エアバッグは横方向や後方からの衝撃、横転および転覆した場合や正面からの衝撃が小さい場合は作動しません。SRSエアバッグシステムはシートベルトをしたうえでの補助安全装置です。シートベルトを必ず装着してください。
* 8 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性軽減によって双方の安全性を図るという考え方。
* 9 前面衝突のみ。

*画像は説明のためのイメージです。

ファミリアバンの魅力

インテリア

荷室

走行・環境性能

*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。