「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」 体験レポート

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」体験レポート

秋のアートイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」に、マツダは“MAZDA DESIGN ELEGANCE”というテーマで出展しました。会場には、流麗なフォルムが美しい1969年誕生の「ルーチェロータリークーペ」と、今年2016年に発表した「MX-5 RF(日本名:ロードスター RF)」の2台を展示。MX-5 RFは、実際にクルマに乗り込んでルーフの開閉も試せるとあって、多くの方にご来場いただきました。さらに開発者によるトークショーも実施。時代とともに美しさを追い求めてきたマツダデザインへの理解を深めていただく機会となりました。

開催日:2016年10月14日〜23日

  

太田さん・平野さん

抜群にセンスがいい。こんなデザインの日本車があるんだと驚きました。

所有車:スズキ ワゴンR
太田さん・平野さん

ただ単純にRFのデザインに魅了されてしまった。
本当にきれいで格好いいクルマ。

ただ単純にRFのデザインに魅了されてしまった。本当にきれいで格好いいクルマ。

「MX-5 RFをネットなどで見た瞬間に欲しいと思って、もう買うつもりでディーラーに行ったんです。そしたらこのイベントを教えてもらって。今日、初めて実物を見た時のインパクトはすごかったです。やっぱり格好いいなと思いました。ルーフの動きも特徴的で、3分割の部分が滑らかに連続して作動するところがすごくいい。あとキャビン後方の三角の部分がガバッと上がるところも、ロボットの変身みたいな感じがして結構好きですね。

特にオープンカーに乗りたいと思ったわけでもなく、ただ単純にRFのデザインに魅了されてしまった。本当にきれいで格好いいクルマだと思います」。(太田さん)
「私もすごくいいなと思います。あれ、外車ですって言われたら、そうだろうなって思うぐらい抜群にセンスがいい。デザインが並のレベルを超えている。日本車にもこんなクルマがあるんだと素直に驚きました」。(平野さん)

書道の“とめ・はね”のような力のため方と放ち方。
そんな思想があるなんて。

書道の“留め・跳ね”のような力のため方と放ち方。そんな思想があるなんて。

「あまり詳しくはないのですが、マツダは昔から遊び心のあるデザインをしていたというイメージはあります。今のロードスターが出た時も、前と比べるとかなり印象が変わったじゃないですか。あの頃からロードスターっていいなと思い始めたような気がします」。(太田さん)
「RFが日本人のデザインって聞いて、どこか誇らしく思いました。開発者の話で、書道の“とめ・はね”みたいな力のため方と放ち方を、全体のカタチの流れで表現していると聞いてすごくおもしろかったです。

ちゃんと思想があるんだって驚きました。私みたいな知識のない人が見ても引き込まれるんだから、好きな人にはたまらなく楽しいでしょうね。じつは2、3年前に実家が赤のCX-5を買ったんです。今度帰った時に、今日のうんちくを言ってびっくりさせてみようかなって思いました(笑)」。(平野さん)

書道の“留め・跳ね”のような力のため方と放ち方。そんな思想があるなんて。

書道の“留め・跳ね”のような力のため方と放ち方。そんな思想があるなんて。


「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016」体験レポート 関連記事

おすすめ

MX-5 RF 日本初の一般公開 AUTOMOBILE COUNCIL 2016 体験レポート

マツダ車にはハンドメイドのぬくもりがある

ロードスターRF 開発物語

たったひとつの色が、マツダという企業全体を変えた/Be a driver. Experience at Roppongi参加者

その思想、その造形、その洗練をデザインの集合体として反映させる。

カーラインナップ