MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015

MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015

2015年7月19日、株式会社オートポリス主催によるこのイベントに、九州・中国地方を中心に全国から2,000人を超えるマツダファンが集結。同年4月の東北に続いてのファンミーティングが、大分県のオートポリスで九州初開催されました。
メインスタンドには新旧歴代のマツダ車が200台以上並び、サーキットコースではマツダのレジェンドカーである787Bが24年ぶりにオートポリスを走行。ロードスター開発主査をはじめとするマツダ開発陣も参加させていただき、特設ステージでの「人馬一体トークショー」、メインスタンドに隣接する広場での「最新マツダ車体験試乗会」や「ドライビングポジションレクチャー」、「モノ造り展示」ブースの出展など、多くのファンにマツダの歴史や最新技術を体感いただきました。

  

鷲崎さん

他のメーカーでは絶対やらないようなことに挑戦するところが好きです

所有車:ロードスターNB
鷲崎さん

SKYACTIVの性能の良さを実感。

ロードスターのNBを半年前に購入しました。足まわりが充実していて一番自分の乗り方に合っていて、走って楽しいと思ったのがNBでした。アクセルの反応が良く、ハンドル操作も良くてまさに“意のままに操る”感覚が楽しいです。試乗したCX-3は、NBとは別物でSKYACTIVの性能の良さを実感しました。トルクがあってブレーキの効きもいい。

鷲崎さん

メリハリのある思い通りの反応が返ってきて運転しやすかったです。同乗してくれたマツダスタッフの方が詳しく説明してくれて、安全性能が高くなっていることも理解しました。内装周りやシートも乗って感じる質感の良さがあり高級感がありました。

ドライビングポジションが安全運転につながると実感。

鷲崎さん

開発スタッフの方に新型デミオでマツダが考える理想のドライビングポジションのレクチャーや、そのドラポジがとれるクルマづくりをしていることを教えていただき、楽なポジションを自分で決めつけていたんだなと気づきました。デミオとロードスターという車種の違いもあるのですが、視界が広がって見やすくなりました。一番の違いはブレーキの踏みやすさでした。

足がまっすぐ伸びたところにブレーキペダルがレイアウトされていて、もしもの時も急ブレーキをしっかり踏み込める、危険回避ができて安全運転につながると感じました。自分はクルマを見るだけで嬉しくなってしまうような人なので、今日マツダ車がこれだけ集まっているのを見れて楽しいです。歴代のマツダ車からわかるように、787Bのロータリーの挑戦や、こだわりを突き詰めるところがマツダならではで他のメーカーでは絶対やらないと思います。妥協なく諦めずに開発に打ち込んで“自分の行く道は自分で決めた方が楽しいに決まってる”というメッセージ通りで、マツダのそういうところが好きです。

MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「気持ちが伝わって、ますます好きになりました」

カーラインナップ