「Be a driver. Experience at 富士スピードウェイ」 体験レポート

「Be a driver. Experience at 富士スピードウェイ」体験レポート

秋晴れのサーキット場を舞台に、イベント実行委員会主催の体感イベントが開催されました。マツダも特別協賛し、当日は約150名の社員が駆けつけました。マツダデザインの世界観に触れるミュージアムやモノづくり体験コーナー、お子様向けの整備・塗装職業体験プログラム、人馬一体講座とスタッフ同乗による最新モデルの試乗会など、多種多様なコンテンツを通じて、ご来場いただいた方々へクルマづくりのこだわりをお伝えしました。

開催日:2016年9月25日

  

マツダ車には、人の手でつくられた温もりというか、ハンドメイド感がある。

マツダ車には、人の手でつくられた温もりというか、ハンドメイド感がある。

所有車:アクセラ
漆畑さんご夫妻

機械的な部分だけでなく、
心地よさを生む素材にもこだわりがある。

機械的な部分だけでなく、心地よさを生む素材にもこだわりがある。

「今年の7月にアクセラのマシーングレープレミアムメタリックを購入しました。運転が楽しいのはもちろんですが、乗ること自体が気持ちいいんですね。インテリアの質感も良ければ、レザーの肌触りもいい。そんな素材というものに関心が向いて、今日はこの革のキーホルダーづくりに参加しました。とてもおもしろい体験でしたね。クルマって普通に考えると機械的で金属的という硬いイメージが浮かぶと思うのですが、この革のような人が触れる柔らかな部分にもこだわりがあることを強く感じました。

人の手でつくられた温もりというか、ハンドメイド感があるというか。自分のアクセラはレザーシートなんですが、体に馴染んできたのか、乗り心地が日増しに高まっているような気がします。この仕上がりにするために、いろんな試行錯誤を重ねたんだろうなと、スタッフの方たちの顔を見ながら思いました。クルマへの愛着がますます湧いてきますね」。(ご主人)

いつも一緒だけど、飽きないし、疲れない。
仲のいい友だちみたいな存在。

いつも一緒だけど、飽きないし、疲れない。仲のいい友だちみたいな存在。

「今回のモノづくりの体験を通して、マツダの印象は変わったというよりむしろ共感できる部分が強くなった気がします。細部にまで強いこだわりを注いでクルマづくりを行っているという印象は最初からありましたが、やっぱり本物だったと再認識しました。自分が購入したアクセラの色などもそうです。マシーングレープレミアムメタリックは、グレーだけど単純なグレーじゃない。光の当たり方でいろんな表情を見せ、明るい場所では本当にキラキラときれいに輝きます。

『最近のマツダは格好いいね』とまわりからほめられると、なんだか自分のことのようにうれしくなります。買った時よりも、どんどん好きになっているんです。通勤で使っているので、アクセラに乗ることが毎日の楽しみになっています。いつも一緒だけど、飽きないし、疲れない。そんな仲のいい友だちみたいな存在なんです」。(ご主人)

いつも一緒だけど、飽きないし、疲れない。仲のいい友だちみたいな存在。

いつも一緒だけど、飽きないし、疲れない。仲のいい友だちみたいな存在。

マシーングレープレミアムメタリックをもっと詳しく

この色で魂動デザインを引き立てる

この色で魂動デザインを引き立てる

デザイナーとエンジニアの信念が生み出した新色の開発エピソードをダイジェストでご紹介。

続きをみる


「Be a driver. Experience at 富士スピードウェイ」体験レポート 関連記事

  

イベントレポート

マツダの魅力を全身で体感する特別な一日をご紹介

体験レポートを見る

おすすめ

造形に表情を生み出す、布と革のスペシャリスト「匠の技」ハードモデラー編

マシーングレープレミアムメタリック開発エピソード

モノの本質を目指し道具からアートへ 「玉川堂 × マツダ」取材会参加者

「私が持ちたいのは、思い切り心を込めた本物」

魂を吹き込む。命を与える。 思想を実現する、マツダのクルマづくり

カーラインナップ