Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート

マツダ開発陣による運転姿勢のレクチャーや同乗試乗などが体感できる「Be a driver. Experience」。今回は、加賀百万石の城下町として知られる金沢での開催となりました。金沢城の石垣を望む「しいのき迎賓館」に、マツダ新世代モデルが集結。開発者によるマツダが考える理想のドライビングポジションについての講義を受けた後、参加者の方々はご希望のクルマで続々と試乗コースへと走り出していきました。この日は天候にも恵まれ、金沢の美しい街並みを巡りながら、みなさん気持ちよさそうに試乗を楽しんでいらっしゃいました。

  

Be a driver. Experience at 金沢参加者 林さん親子

よそには真似できない、
マツダならではのプログラム。

所有車:初代アクセラ
林さん親子

初代アクセラを8年以上所有し、新しいマツダ車もよくディーラーで試乗なさるという林さん。息子さんが持参したミニカーに開発者のサインを入れてもらうなど、今日のイベントをとても楽しんでいるご様子でした。

自動車メーカーが運転姿勢を教えてくれる。
売りっぱなしじゃない誠実さを感じます。

「クルマの運転の仕方は自動車教習所でも教えてくれるんですけど、快適に運転できる姿勢というのは教えてないんじゃないですか。それを自動車メーカーが教えてるのがすごいって、まず思います。そしてそれはマツダ車が自分たちが理想とする運転姿勢をもとにつくられていて、その姿勢が取れるクルマだからこそ、教えることができるんですよね。さっそく私の愛車で試そうと思います。そもそも今日まで姿勢の合わせ方すら知りませんでしたから。

自動車メーカーが運転姿勢を教えてくれる。売りっぱなしじゃない誠実さを感じます。

今のマツダ車は、ペダルの位置も脚を自然に伸ばしたところにあって初めて乗るクルマって感じがしないですね。借りてきたクルマみたいな手探りで操作していくみたいなこともなく、本当に自然に乗れて。人を中心にしたクルマづくりって、こういうことなんでしょうね」(お父様)。

確固たる考えがあるから説明できる。
そしてクルマに乗れば、それが理解できる。

確固たる考えがあるから説明できる。そしてクルマに乗れば、それが理解できる。

「北陸新幹線効果なのか、金沢でこのような機会を設けてくれて(笑)。開発者の方と直接お話しできてよかったです。マツダがこういうイベントを開けるのは、クルマづくりに真面目に取り組んでいるからこその自信からなのかなって思います。ちゃんとした考えをもとにつくっているから説明ができて、それを聞いた人もクルマに乗ればそうだと理解できる。伝えたいことがあり、共感できる人がいるから、できるんだと思います。さらに自分たちのもとに出向いて伝えてくれるから、共感がより深まるし、広がっていく。

マツダの人ってすごく親しみやすい印象ですが、本当に真摯にクルマづくりに取り組んでいると、今日思いました。自分たちがいいと思ってこだわり抜いた提案型のクルマをつくっている。もともと他のメーカーとは違う感じがしていましたが、それがやっぱりそうだったかと、確信に変わりましたね」(お父様)。

確固たる考えがあるから説明できる。そしてクルマに乗れば、それが理解できる。

確固たる考えがあるから説明できる。そしてクルマに乗れば、それが理解できる。

Be a driver. Experience at Kanazawa体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

Be a driver.Experience

カーラインナップ