「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

販売会社の神戸マツダが、お客様へ日頃の感謝の想いをお届けしようと企画されたイベントが、神戸ファッションマートにて開催されました。当日は、マツダの開発スタッフもお手伝いさせていただき、ロードスター開発主査のトークショーやチーフデザイナーによるプレゼンテーション、クルマづくりを支える技術展示を通じて、マツダのこだわりをご紹介しました。
会場では、新世代商品のフルラインナップはもちろん、マツダ787Bやコスモスポーツなどのレジェンドマシンなども展示。販売会社と一緒になって、ファンの皆さまと絆を深め合う一日となりました。

開催日:2016年6月4日、5日

  

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」参加者 藤本さん

クルマに込められた魂に、魅せられている人も多いと思う。

所有車:ロードスター(ND)
藤本さん

デザインや性能だけじゃない、
完成に至るまでのストーリーも心に響くクルマ。

デザインや性能だけじゃない、完成に至るまでのストーリーも心に響くクルマ。

「ロードスターの山本主査のお話の中で最も印象に残るのは、『無理だと思えることにもエンジニアとして挑戦していく』という姿勢ですね。ロードスターND(現行型)が愛されている大きな理由のひとつはそれだと思います。クルマとしての性能やデザインはもちろんですが、限られた予算の中でできる最高のクルマを求めて、完成までブレイクスルーをしていくストーリー、モノづくりの魂に惹かれている人も多いんじゃないでしょうか。

私は他にも欧州メイクのオープンカー、国産スポーツカーを併有していますが、運転して楽しいクルマは圧倒的にロードスターです。数値では表せない感覚、まさに人馬一体という言葉そのものですね。今はもうロードスターばかりに乗っています。唯一無二のクルマだと思います」。

ロードスターは、
憧れと希望がつまったクルマ。

ロードスターは、憧れと希望がつまったクルマ。

「私にとってロードスターは、古くさい言い方かも知れないけど『憧れと希望のつまったクルマ』だと思っています。人と荷物はあまり乗らないけど、夢が乗っている。そういうクルマだと思います。実は写真でロードスターを最初に見たときには変なデザインだなあって思ったんですけどね(笑)。でも、実物を目にしたらそんな思いは一気に吹っ飛んで、体が震えましたね。その日に即、購入を決めましたよ。25年経っても古くならないと言い切れる、そういうクルマですよ。今日のイベントのようにカー・オブ・ザ・イヤー受賞を一緒にファンと喜び合うという姿勢も素晴らしいです。

今後もぜひやっていただきたいです。そして、僕たちユーザーの期待を超えるような驚きの技術とスピリットで、これからもクルマを造って欲しいです」。

ロードスターは、憧れと希望がつまったクルマ。

ロードスターは、憧れと希望がつまったクルマ。


「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート 関連記事

おすすめ

マニフェスト

ファンの皆様と喜びを分かち合えました 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念イベントレポート

開発者が語る  “マツダのクルマづくりの本質”とは

操作性を追求した、走りが楽しくなるクルマ。試乗会参加者の声

凝縮の中に、日本らしい豊かさを感じる。DESIGN TOUCH 2015取材会レポート

カーラインナップ