「Be a driver. Experience at Roppongi」
 体験レポート

7月23日、東京の六本木ヒルズにて「Be a driver. Experience at Roppongi」が開催されました。休日を楽しむ人々が行き交う六本木通り沿いには、新色「マシーングレー」をまとった新型アクセラをはじめ、ソウルレッドのデミオ、CX-3、ロードスターを展示。また、事前に応募いただいたお客様をお招きした「開発者トークセッション」では、魂動デザインのクルマづくりや、マシーングレーやソウルレッドの開発者がカラーに対する想い、「匠塗(たくみぬり)」という技術についてご紹介しました。参加者の方々と「クルマのデザインやカラーへの想い、考え方」について語り合う1日となりました。

開催日:2016年7月23日

  

心を込めて作られたモノからは、本物の美しさがにじみ出ます。

所有車:なし
合木さん(右)
土田さん(左)

カラーとデザイン、どちらの魅力が欠けても、モノの
本物感や高級感はなくなってしまうと思います。

「私が通っていた教習所の教習車がアクセラだったんです。それまでマツダに特別なイメージは持っていなかったんですが、アクセラは本当に乗りやすくて、ああ私たちのことを考えて作ってくれてるんだなと好感を持ちました。それがきっかけでウェブサイトを見たら、デザイナーの方がすごく熱くクルマづくりを語っているのに心を惹かれて。カラーも造形の一部っていう言葉は、私にとってすごく共感が持てます。

アクセサリーやファッションもそうですが、カラーとデザイン、どちらかの魅力が欠けても、相性が悪いだけでも、モノの本物感、高級感はなくなってしまうんですよね。思いきり心を込めたモノと、なんとなく作ったモノは、たとえよく似ていたとしてもまったく別物です。私は本物を持っていたいんです」。(合木さん)

マシーングレーの深い輝きは、
本当に高級感がありますね。

「私は赤がすごく好きで、なかでもマツダの赤ってすごく綺麗だなあと感じていました。今日、匠塗のお話を聞いて初めて、この色を作り出すためにマツダの方々がどれだけ努力をしているのか、どれだけこだわっているのかが分かりました。難しい話もていねいに説明してくれたのが嬉しかったですね」。(土田さん)
「マシーングレーのアクセラを見て、いい色だなあと感じました。私、大好きですこの色。洗練されていて、品がありますよね。グレーはとくに、安っぽい色と洗練された色の差が大きい色だと思うんですけれど、

マシーングレーの深い輝きは、本当に高級感がありますね」。(合木さん)
「男性の時計や靴もそうだと思うんですが、私は安っぽい物を身に付けることが、自分を安っぽく見せるようで嫌なんです。反対に、他とはちょっと違う色を身に付けると気分が高まります。クルマの色も同じですよね、きっと」。(土田さん)


「Be a driver. Experience at Roppongi」体験レポート 関連記事

おすすめ

もっともっと、人とひとつになるクルマを。マツダのクルマづくり

生命感をカタチにする、“魂動”。This is Mazda Design

マツダが誇る” 匠の技” 狙った色を吹きつける数値化できない絶妙な勘

マツダが誇る” 匠の技” 色と素材で、デザインに“質感”を与える

MAZDA DESIGN TALK SESSION / Be a driver. Experience体験ムービー

カーラインナップ