ロードスター軽井沢ミーティング2015 体験レポート

ロードスター軽井沢ミーティング2015 体験レポート

晴れ渡る青空の下、今年も全国各地からロードスターファンの皆さんが軽井沢に集まりました。ロードスタークラブの有志の方が中心となって開催している「ロードスター軽井沢ミーティング」。今回で23回目を迎えます。今年はロードスターの発売直後とあって、過去最高となるロードスター1323台、参加者2154名が集結。仲間との、年に一度の再会やマツダ開発陣との交流などを満喫し、会場は弾ける笑顔にあふれました。

  

山本 修弘

ロードスターの価値をあらためて知る場所。

ロードスター 主査
山本 修弘

ファンの方からサインや記念撮影をお願いされるなど、一日中引っ張りだこだった主査の山本。
ロードスター発売直後の軽井沢ミーティングで、どのようなことを感じたのでしょう。

説得力のあるクルマづくりのために、
現場の声にしっかりと耳を傾けます。

「やっぱりロードスターは、ファンの皆さんに支えられているんだなと感じますね。これだけ続いて、これだけ熱狂的で、しかもいろんな話が聞けるイベントって、そうはないんですよ。ファンの方もロードスターを純粋に楽しみたいという一心で集まっている。そういう気持ちを直に感じるからこそ、僕らもそれに応えてなくてはと強く思うんです。今回はマツダから30名近いメンバーが来ました。やっぱり現場を見ているのと見てないのでは全然違うんです。社内では『人と人との絆をつくろう』とよく言います。でもどうやってつくるの?それが、ここに来ればわかるんです。人と人がつながるってこういうことだよねって。すごくいいモチベーションになると思います」。

山本 修弘

ロードスターの本当の価値は、
ここのファンが教えてくれました。

「マツダがNA(初代)をつくった時には、こんなイベントができるなんて思ってなかったと思います。それを実現したのはロードスターにもともと備わっていた優れた特長。敷居が低くて、いろんな楽しみがあって。知らない人とも気軽に交流できて、人とのつながりがどんどん広がる。そんなことを知れば知るほど、それがロードスターの価値なんだって僕らもわかってきたんです。だからこそ、クルマが偉くなってはいけない。クルマに乗っている人のほうが大事ということを、僕らは知ることができた。人を中心にクルマをつくるなんて当たり前のことですよ。でも、その当たり前の価値を、このイベントでは目の当たりにできるんです。これからもこのイベントにふさわしいロードスターをつくり続けていかなくてはと思いますね」。

山本 修弘

山本 修弘

山本 修弘

  

ロードスター 軽井沢 MTG2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「マツダの人馬一体、我々の思想とも重なります」

カーラインナップ