サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム 2015 in 横浜 体験レポート

サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム 2015
in 横浜 体験レポート

“走る歓び”と“環境・安全性能”をテーマに、マツダの開発陣が参加者の方にその取り組みを直接ご紹介する恒例のフォーラム。
9回目となった今年は、新型「CX-3」を題材とした担当チーフデザイナーによるデザイン思想の解説をはじめ、正しい運転姿勢の個別レッスン、運転における男女の違いを知るセミナーなど、楽しみながら学べるプログラムが開催されました。
開発陣とのフリートークでは熱のこもった意見交換が行われ、ファンの方との交流を深める有意義な時間となりました。

  

東岡さんご夫婦

マツダならではの魅力を、存分に堪能。

所有車:CX-5
東岡さんご夫婦

他にはない独創的なデザイン。
その魅力に、私たちは釘付けです!

「僕はマツダのデザインが本当に好きで。今日は、どんな背景やこだわりからあの形が生まれたのか、デザイナーの方から直接話が聞けてとてもおもしろかったです。ゴツゴツしてなくて生命感のある造形っていうか。いい意味で日本車っぽくないですよね。ヨーロッパとかで走ってそうで。パッと見てマツダとわかる統一感のあるデザインも、他にはない魅力だと思います」(ご主人)。

東岡さんご夫婦

「今乗っているCX-5の前はプレマシーだったんですが、あのクルマも流れるようなデザインが気に入って選びました。マツダみたいにボディラインがきれいなクルマって、あまりないですよね。本当にいいデザインだと思います」(奥様)。

女性視点による男女の運転の違い。
着眼点がマツダらしいですね。

「今日は、女性視点で男女の運転の違いを解説したセミナーがとても印象的でした。私自身ペーパードライバー歴が長くて、運転するのが少し怖いんですね。だからマツダが、女性の視点を織り込んだクルマづくりに取り組んでいることを知ってすごく感激したんです。ぜひ、女性の意見を積極的に取り入れて、女性が運転しやすいクルマをつくってもらいたいと思いました」(奥様)。「デザインもそうですが、SKYACTIVとか、クリーンディーゼルとか、マツダって他にはない魅力をしっかり持っている会社だと思うんです。そんなマツダならではの個性をこれからも磨いていってほしいなって思いますね」(ご主人)。

東岡さんご夫婦

東岡さんご夫婦

東岡さんご夫婦

  

Zoom-Zoom フォーラム 2015 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「命あるものだけが放つ美しさを表現する。それが、魂動デザインの志」

マツダのクルマづくりの基盤を貫く、人間中心の設計思想。

「すべてを壊して世界一のエンジンを作る」 開発者が語るSKYACTIV-D誕生秘話

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

カーラインナップ