LINEUP


ガソリン

ガソリン

上質にして軽快な走りを楽しむ。
高効率直噴ガソリンエンジン搭載モデル

駆動方式

2WD

排気量

2.0L

トランスミッション

6EC-AT

燃料消費率(国土交通省審査値)

JC08モード

17.0km/L

WLTCモード

16.0km/L

  • 市街地モード12.2km/L
  • 郊外モード16.8km/L
  • 高速道路モード18.0km/L

メーカー希望小売価格(消費税込)¥2,106,000

クリーンディーゼル

クリーンディーゼル

もっと意のままに、心地よく。
進化するクリーンディーゼルエンジン搭載モデル

駆動方式

2WD

排気量

1.5L

トランスミッション

6EC-AT

燃料消費率(国土交通省審査値)

JC08モード

23.0km/L

 

メーカー希望小売価格(消費税込)¥2,408,400

WLTCモードとは

「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」の3つの走行モードで構成された国際的な試験方法です。今後、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費の値がカタログなどに表示されます。お客様はご自身の走行環境に合わせて、実態に近いモード燃費を確認できるようになります。

  

  

新しいCX-3にかける想い

クリーンディーゼル専用車として、独自のポジションを築いてきたCX-3。
もっと幅広いお客様へCX-3ならではの走る歓びをお届けしたいという思いから、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車を新たに発売しました。
ディーゼルエンジン同様、意のままで心地よい加速フィールと、実用燃費にこだわり抜いています。
また、「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当する安全技術を全グレードで標準装備しています。
危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する、というマツダの思想を形にしました。
さらに、「CX-5」で初導入したボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定しました。
美しく先鋭的で個性的なプレミアムコンパクトSUV、CX-3がこれまで以上に毎日を輝かせます。

  

NEWS

  

SAFETY


クルマの基本設計にこだわるとともに、独自の安全技術を次々と標準装備化。
CX-3では、「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当する安全技術を全グレードで標準装備しています。

SAFETY

ENGINE


ロングツーリングも快適に楽しめるクリーンディーゼルエンジンに加えて、
軽快な走りと優れた燃費性能のガソリンエンジンSKYACTIV-G 2.0を新たにラインナップ。

POWER TRAIN

SPECIAL-VEHICLE


特別仕様車CX-3 Noble Brown誕生。
ブラウンのしなやかなナッパレザーを惜しみなく使ったインテリア。
グレーのアクセントとメタルの深みが、凛とした品格とCX-3の先鋭的でアーティスティックな個性を研ぎ澄ます。

SPECIAL-VEHICLE

EXTERIOR


マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、
濁りのない深みと艶感をさらに進化させた、ソウルレッドクリスタルメタリックが新登場。

EXTERIOR

INTERIOR


研ぎ澄まされた大人たちに、上質なやすらぎを。
先鋭的であることを貫きながら、上質なやすらぎと洗練の機能にこだわり抜きました。

INTERIOR

  

究極の「人馬一体」に向かって進化を続ける、
2つのパワートレインをラインナップ。

ガソリン

ガソリン

上質にして軽快な走りを楽しむ。
高効率直噴ガソリンエンジン搭載モデル

駆動方式

2WD

排気量

2.0L

トランスミッション

6EC-AT

燃料消費率(国土交通省審査値)

JC08モード

17.0km/L

WLTCモード

16.0km/L

  • 市街地モード12.2km/L
  • 郊外モード16.8km/L
  • 高速道路モード18.0km/L

メーカー希望小売価格(消費税込)¥2,106,000

クリーンディーゼル

クリーンディーゼル

もっと意のままに、心地よく。
進化するクリーンディーゼルエンジン搭載モデル

駆動方式

2WD

排気量

1.5L

トランスミッション

6EC-AT

燃料消費率(国土交通省審査値)

JC08モード

23.0km/L

 

メーカー希望小売価格(消費税込)¥2,408,400

WLTCモードとは

「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」の3つの走行モードで構成された国際的な試験方法です。今後、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費の値がカタログなどに表示されます。お客様はご自身の走行環境に合わせて、実態に近いモード燃費を確認できるようになります。


  


イベントレポート

  

CX-3をご検討中の方へのおすすめ情報

お支払い方法をご検討の方へ

保険をご検討の方へ

* 本クレジットを取り扱っていない販売店もございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

我々のつくるクルマは、
ドライバーの意思を理解し、
思い通りに動くものでなくてはならない。

クルマがカラダの一部になった瞬間、
本当の走る歓びが訪れると信じている。

もっともっと、人とひとつになるクルマを。
マツダの新しいチャレンジが始まります。

Be a driver.

マツダのモノづくり


マツダのクルマづくりTOPへ

  

マツダのクルマづくり

Design

Cockpit

Dynamics

Safety

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
※ 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。