走りつづける。大人のゆとりを携えて。

そのクルマは、
愛する人たちとの、とっておきの時間だけでなく、
一人でいる時の、この上なく豊かな充足感を約束してくれる。
新クリーンディーゼル×MAZDA新世代デザイン。
何も妥協しない、最上のSUVスタイル。

さらになめらかに、さらに力強く進化したSKYACTIV-D 2.2を搭載

乗車定員 6名〜7名 駆動方式 2WD/4WD
価格 ¥3,196,800〜(税込) トランスミッション 6EC-AT
ボディタイプ SUV エンジンタイプ ディーゼル
燃費(国土交通省審査値)

15.4~15.8km/L
市街地モード
12.5~
12.7km/L
郊外モード
15.3~
15.7km/L
高速道路モード
17.5~
18.0km/L

17.0~17.6km/L
WLTCモードとは

「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」の3つの走行モードで構成された国際的な試験方法です。今後、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費の値がカタログなどに表示されます。お客様はご自身の走行環境に合わせて、実態に近いモード燃費を確認できるようになります。

  

  

NEW CLEAN DIESEL


3列シートを備える多人数乗用車でありながら、よりなめらかで力強い走りと、磨きのかかった静粛性を実現。
さらに進化したクリーンディーゼルが、同乗者全員に走る歓びをお届けします。

NEW CLEAN DIESEL

EXTERIOR


多人数乗用車でありながら、エモーショナルで美しいプロポーション。
そこには、凛とした意思の強さを感じさせる、洗練した表情があります。

EXTERIOR

INTERIOR


すべての乗員がなごやかに会話しながらドライブを楽しめる、静かで上質な室内環境を目指しました。
お届けするのは、フロントシートとサードシートの乗員が普段の声で会話できる心地よさです。

INTERIOR

UTILITY


3列シート車としてさまざまなニーズにフレキシブルに応えられる優れた機能性を実現。
750kg以下のキャンピングトレーラーをトーイングできるなど、アクティブライフの可能性をさらに広げます。

UTILITY

SAFETY


自動ブレーキはもちろん、ヒヤリを感じさせないための先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準化。
さらに、ドライバーから見えない領域の認知をサポートするシステム(360°ビュー・モニター※1)も搭載しています。

SAFETY

※1 360°ビュー・モニターはXD PROACTIVE、XD L Packageグレードのメーカーセットオプションです。

  


INFORMATION

 

マツダスカイプラン

お客様の大切なおクルマの将来価値(残価)を守る、 SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車専用の 特別なクレジットプランです。

マツダ自動車保険スカイプラス

車両保険を使用せず、気になる小傷もわずかな ご負担でボディリペアができるプラン。

我々のつくるクルマは、
ドライバーの意思を理解し、
思い通りに動くものでなくてはならない。

クルマがカラダの一部になった瞬間、
本当の走る歓びが訪れると信じている。

もっともっと、人とひとつになるクルマを。
マツダの新しいチャレンジが始まります。

Be a driver.

マツダのモノづくり


マツダのクルマづくりTOPへ

  

マツダのクルマづくり

Design

Cockpit

Dynamics

Safety

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。