機能性

笑顔に満ちた毎日のために、心地よさに磨きをかけた。

いつも気持ちよく、誰もが意識せずに使いこなせる機能とカタチにこだわりました。

電動格納リモコン式カラードドアミラー オート格納

電動格納リモコン式カラードドアミラー オート格納

ドアの施錠/開錠に連動してドアミラーを自動で格納・展開。乗り降りのたびにスイッチを操作する手間が省けます。

(標準装備:13S、13S Touring、13S Touring L Package、XD、XD Touring、XD Touring L Package)

オートライトシステム&レインセンサーワイパー(フロント)感度調整式

オートライトシステム&レインセンサーワイパー(フロント)感度調整式

ヘッドランプなどの点灯/消灯、ワイパー作動のコントロールを状況に即して自動的に行い、ドライバーが運転に集中できるようサポートします。

(標準装備:13S Touring、13S Touring L Package、XD Touring、XD Touring L Package)
(メーカーセットオプション:13S、XD)

クルーズコントロール

クルーズコントロール

約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに設定速度での定速走行が可能。また、AT車は下り坂でのシフトダウン制御機能も採用しています。

(標準装備:XD Touring、XD Touring L Package)
(メーカーセットオプション:XD)

プッシュボタンスタートシステム

プッシュボタンスタートシステム

ブレーキペダル(MT車はクラッチペダル)を踏みながらインパネ上のボタンを押すだけで、エンジンの始動/停止ができます。

(搭載グレード:全車)

アドバンストキーレスエントリーシステム

アドバンストキーレスエントリーシステム

アドバンストキーを携帯しているだけで、すべてのドアとリアゲートの施錠/解錠が簡単に行えます。

(標準装備:13S Touring、13S Touring L Package、XD Touring、XD Touring L Package)
(メーカーセットオプション:13S、XD)

*13C、13S、XD、15MBは電波式キーレスエントリーシステムを標準装備しています。

警告:植込み型心臓ペースメーカーと植込み型除細動器をご使用のお客様へ アドバンストキーレスエントリーシステムおよび電波式キーレスエントリーシステムの電波により、植込み型心臓ペースメーカーと植込み型除細動器に影響を与える可能性があります。詳しくはマツダの販売店までお問い合せください。*アドバンストキーおよび電波式キーを電波障害となるような機器(携帯電話、PDA など)と重ねて携帯した場合、機能しないことがあります。その際は、キーを離してご使用ください。

運転席&助手席シートヒーター

運転席&助手席シートヒーター

座面と背もたれをすばやく暖め、寒い時期にも快適な運転環境を提供します。

(標準装備:13S Touring、13S Touring L Package、XD Touring、XD Touring L Package)
(メーカーセットオプション:13S、XD)

フルオートエアコン(花粉除去フィルター付)

フルオートエアコン(花粉除去フィルター付&湿度センサー&内外気切替え)

室内を設定温度に保つよう、風量や吹き出しモードを自動調整するフルオートエアコンを採用。花粉除去フィルターと相まって、運転に集中できる快適な室内環境を実現します。

(標準装備:13S Touring、13S Touring L Package、XD Touring、
XD Touring L Package)

(メーカーセットオプション:13S、XD)

*13C、13S、XD、15MBはマニュアルエアコン(花粉除去フィルター付)を標準装備しています。

リアヒーターダクト

後席の足もとに温風を直接届け、暖房時の後席空間の快適性をより高めます。

(標準装備:全車)

アシストグリップ(助手席/後席左右)

助手席に加え、後席左右にもアシストグリップを装備。快適姿勢の保持に効果的です。

(標準装備:全車)

体に心地よくフィットする、ゆとりのシート

体に心地よくフィットする、ゆとりのシート

フロントシートは、ゆったり座れるサイズにしたうえで、シートバックと座面に振動吸収ウレタンなどを採用。体に沿ってシートがしなやかにたわむ構造により、包み込まれるような心地よいフィット感を実現しました。
小柄な方が腰をしっかりとシートにフィットさせて座った状態でも、快適な座り心地と自然なペダル操作性が得られます。

実際の使いやすさを考えた収納スペース

実際の使われ方を考慮し、使いやすさに徹底してこだわった無駄のないレイアウトです。

実際の使いやすさを考えた収納スペース

(1)フロントコンソール
(2)サンバイザー(運転席チケットホルダー付)
(3)カップホルダー(フロント×2)
(4)ボトルホルダー付ドアポケット(フロント×2)
(5)コンソールマルチトレイ
(6)シートバックポケット(助手席)

*画像はイメージです。
*画像は点灯状態を演出しています。
*モニター画面はハメ込み合成です。

Photo: XD Touring L Package 2WD(FF) Seat Color:クロス・ブラック/レザー・ピュアホワイト(※)
※前席および後席左右のシート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面に本革を使用しています。シート座面および背もたれの一部にクロス(ブラック)を使用しています。

使いやすさが直感できる、すっきりしたラゲッジルーム

使いやすさが直感できる、すっきりしたラゲッジルーム

荷物の積み下ろしがしやすいワイドなリアゲート開口幅と、定員乗車時でも280L(VDA方式)の荷室容量を確保。しかも、スムーズに荷物が出し入れできる使いやすさを実現しました。リアシートには、使い方に応じてスペースをアレンジできる6:4分割可倒式シートバックを採用しています。

(標準装備:[6:4分割可倒式シートバック]13S、13S Touring、13S Touring L Package、XD、XD Touring、XD Touring L Package)
(メーカーセットオプション:[6:4分割可倒式シートバック]13C、15MB)

リアシート6:4分割可倒式シートバック アレンジ例

リアシート6:4分割可倒式シートバック アレンジ例2

Photo: XD Touring L Package 2WD(FF) Seat Color:クロス・ブラック/レザー・ピュアホワイト(※)
※前席および後席左右のシート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面に本革を使用しています。シート座面および背もたれの一部にクロス(ブラック)を使用しています。


*走行中でのシートアレンジ操作はしないでください。
*走行中は必ずシートベルトを正しく装着し、荷物が移動したり運転の支障にならないようしっかりと固定または収納してください。
*標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合やご注意いただきたい項目がございます。必ず取扱書をご覧ください。

  

  

Be a driver.

マツダのクルマづくり

もっと、もっと、人とひとつになれるクルマを。
マツダの新しいチャレンジが始まります。

マツダのクルマづくりトップへ

 

マツダを体感

Experience

マツダは人とクルマの関係を深める、
さまざまな体験の場を用意しています。

Be a driver. Experienceトップへ

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*環境対応車普及促進税制対象車(乗用自動車)は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。環境対応車普及促進税制として、新車登録時に取得税の免税・軽減措置(平成29年3月31日まで)、重量税の免税・軽減措置(平成29年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*グリーン税制は、新車登録または届出の翌年度に自動車税または軽自動車税の軽減措置(平成29年3月31日までの新車登録・届出車が対象)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。