安全運転をサポートする人間中心の基本設計

安全運転をサポートする人間中心の基本設計

「人馬一体」の走りを目指して、マツダは長年、「人間中心の設計思想」に基づくクルマづくりに取り組んできました。
そしてそれを体現したのが、無理のない快適な姿勢で、運転に集中しながら、安全や情報の確認がスムーズに行えるコクピット環境。
デミオの運転席に身を置いた瞬間、ドライバーは、クルマとの心地よい一体感に包まれます。

クルマとの一体感を生むドライビングポジション

クルマとの一体感を生むドライビングポジション

クルマを意のままに操る楽しさの基本として、まっすぐな姿勢でシートに座り、足を自然に伸ばして操作できる位置にアクセルペダル、ブレーキペダルを配する理想的なレイアウトを実現しています。その結果、アクセルからブレーキの踏み替えが自然にできます。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防止するオルガン式アクセルペダル

足の動きとペダルの動きが一致するオルガン式アクセルペダルは、かかとの位置がずれにくいため、アクセルとブレーキの踏み替え時に足首に余計な負担がかからず、より自然に踏み替えることができます。

オルガン式

オルガン式

かかとが動かないので、ブレーキへ踏み替えしやすい。

吊り下げ式

吊り下げ式

かかとが前にズレるので、ブレーキへ踏み替え時に足首を持ち上げる角度がきつくなる。

動画で詳しく

操安性能開発エンジニア × プロサイクリスト
トークセッション

マツダブランドスペース大阪で開催されるブランドイベント。
ゲストスピーカーにサイクリストの三船雅彦さんをお招きして、マツダ車と自転車の共通点「運転姿勢へのこだわり」についてお話しいただきました。

開発者が語る

“理想のドライビングポジション”

開発者が語る、“理想のドライビングポジション”

オルガン式ペダル採用で、素早く動けて、しかも疲れにくい

運転に集中しながら、必要な情報を逃さない「ヘッズアップコクピット」

運転に集中しながら、必要な情報を逃さない「ヘッズアップコクピット」
ヘッズアップコクピットのレイアウト

1.意識が離れることを防止

視線移動の少ないドライバーの正面のゾーンに走行情報を配置。運転に必要な情報とそれ以外を明確にすることで、不要なものに意識を奪われないようなレイアウトに。

2.目が離れることを防止

視界の妨げにならないよう、上方に7インチWVGAセンターディスプレイを配置。また、人間の有効視野の範囲内に小さなディスプレイを配置するアクティブ・ドライビング・ディスプレイ*を開発。

3.手が離れることを防止

センターディスプレイはタッチパネルに加えコマンダーコントロールでも操作できるため、手元を見ることなく、安全に情報操作が可能。

* アクティブ・ドライビング・ディスプレイは13S Touring、13S Touring L Package、13S Noble Crimson、13S Tailored Brown、XD Touring、XD Touring L Package、XD Noble Crimson、XD Tailored Brownに標準装備です。

人間中心設計から生まれた、クルマとつながりあうコクピット。

人間中心設計から生まれた、クルマとつながりあうコクピット。Photo:XD Touring 2WD(FF) Body Color:ソウルレッドクリスタルメタリック  メーカーセットオプション:CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)、スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
Seat Color:クロス・ブラック *画像は点灯状態を演出しています。 *モニター画面はハメ込み合成です。

「人馬一体」の走りには、ドライバーがクルマからの反応や情報を正確に感じとりながら、安心してスムーズに操れる運転環境が不可欠です。そこでマツダは、クルマに人間が合わせるのではなく、クルマを人間に合わせてつくる「人間中心の設計思想」に長年取り組んできました。
運転中の理想的な姿勢はどうあるべきか。人間にとって「見える」とはどういうことか。

デミオのコクピットでクルマとの気持ちいいつながりを強く感じるのは、こうしたさまざまな人間研究を通して、無理のない快適な姿勢で、運転に集中しながら、安全や情報の確認がスムーズに行える環境を実現しているからなのです。

走る楽しさを支える、見通しのよい前方視界

走る楽しさを支える、見通しのよい前方視界

安全で楽しい走りの基本として、フロントウインドー越しの斜め前方が見通しやすい、左右に広い視界を実現しました。また、ドアミラーをドア部に取り付け、ミラー越しの視界を向上。交差点での右左折時に歩行者などを確認しやすくしています。

最優秀賞「内閣総理大臣賞」受賞 前方視界を拡大するAピラーとドアミラー配置

握り心地と操作性を向上させたステアリングホイール

握り心地と操作性を向上させたステアリングホイール

シャープさと剛性感、質感、機能性を高めて精緻に造り込んだ新デザインを採用しました。

瞬間的な読み取りやすさを高めたメーター

瞬間的な読み取りやすさを高めたメーター

高コントラスト・広視野角の液晶を採用した左右ディスプレイ、文字板のフラットデザイン化・大型化などによって視認性をアップしました。

  

  

マツダのクルマづくり

Cockpit

マツダはつねに、人とクルマがつながりあうために、
人間中心の設計によるドライビングポジションを追求しています。

コクピットトップへ

マツダを体感

マツダのクルマで無意識のうちに疲れない ドライブができていた理由がわかった

「マツダのクルマで無意識のうちに疲れないドライブができていた理由がわかった」
マツダブランドスペース大阪イベント体験ムービー

イベント体験ムービーを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税対象車は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成30年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成30年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成30年4月1日以降、重量税は平成30年5月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


*平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について
●申請対象となる車両の初度登録期間:平成29年4月28日〜平成30年3月2日
●申請書受付期間:平成29年5月29日〜平成30年3月5日(必着)
●個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:①初度登録日が平成29年4月28日〜5月31日の間の車両の提出期限は、平成29年7月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成29年6月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
●詳しくは営業スタッフにおたずねください。