走行・環境性能

モーターでエンジンをアシストして、
さらなる低燃費を実現するS-エネチャージ。

● 減速時のエネルギーで発電・充電し低燃費に貢献
● 静かでスムーズなエンジン再始動
● 発進後~加速時のモーターアシストで燃費も向上
  ※1回のモーターアシスト時間:最長30秒
● 居住性に影響を与えない、軽量・コンパクトなシステム

ISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを採用し、発進後~加速時にモーターでエンジンをアシストするS-エネチャージ

減速時のエネルギーを利用してISGで発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーとS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーに充電。燃料を多く必要とする加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現しています。また、アイドリングストップ後は、ISGのスターターモーター機能により、ベルトを介してエンジンを再始動するので、ギアの噛み込み音がなく、静かでスムーズな再始動を可能にしています。

(標準装備:全車)

減速エネルギー回生時

減速エネルギーを利用して、発電能力の高いISGにより効率よく発電。専用の鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーの両方に充電します。減速エネルギー回生時にはメーターの照明がホワイトに発光します。

アイドリングストップ作動時

減速時にブレーキペダルを踏んで13km/h以下になると、自動でエンジンを停止。S-エネチャージの搭載により、アイドリングストップの頻度を増やし、さらなる燃費向上に貢献します。

エンジン再始動時

ISGのスターターモーター機能により、ベルトを介してエンジンを再始動。ギアの噛み込み音がなく、静かでスムーズなエンジン再始動を実現しています。

モーターアシスト走行時

減速時に蓄えた電力を、燃料の消費が多い加速時のモーターアシストに利用。XTは発進後~約100km/h、XG・XGスペシャル・XSは発進後~約85km/hの幅広い速度域でエンジンをアシストし、燃料消費を抑制します。

※モーターアシストの作動には、バッテリーの状態など一定の条件があります。
※1回のモーターアシストは最長で30秒間。

通常走行時

減速時に蓄えた電力を電装品に供給。ガソリン消費の原因となる走行中の発電を最小限に抑えるとともに、発電によるエンジン負荷を軽減して、動力性能の向上にも貢献。燃費効率がよい運転状態になるとメーターの照明がブルーからグリーンに変わります。

※電装品の使用状況またはバッテリーの状態により、発電する場合があります。

※アイドリングストップランプが点灯していても、条件によってはアイドリングストップシステムが作動しない場合があります。
※「アイドリングストップ OFFスイッチ」を押せば、システムの作動を停止することができます。また、アイドリングストップ中のスイッチ操作で任意にエンジンを再始動することもできます。
※アイドリングストップ中でもオーディオなどの電装品は使用可能。エアコン使用中の場合は送風に切り替わります。さらに、車内の温度変化に応じて自動的にエンジンを再始動し、エアコンを作動させることで車内の快適性を保ちます。
※アイドリングストップシステムの作動には、一定の条件を満たすことが必要です。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

エネルギーの流れがひと目でわかるエネルギーフローインジケーター

エネルギーの流れがひと目でわかるエネルギーフローインジケーター

エネルギーの流れがひと目でわかるエネルギーフローインジケーターエネルギーの流れがひと目でわかるエネルギーフローインジケーター

いつ発電して、その電力をいつ使うのか。ドライブ中、つねに変化し続けるエネルギーの流れを分かりやすく表示。発電状況やバッテリー残量などをひと目で確認することができます。

(標準装備:全車)

楽しくアニメーションを表示するマルチインフォメーションディスプレイ

楽しくアニメーションを表示するマルチインフォメーションディスプレイ

楽しくアニメーションを表示するマルチインフォメーションディスプレイ

平均燃費、航続可能距離、タコメーター、エコスコアなどを切り替えて表示。イグニッションのON/OFF時には4種類の専用アニメーションで楽しく演出してくれます。

(標準装備:全車)

光の色でエコドライブをサポートするステータスインフォメーションランプ

ドライブ中は、メーターの照明色が変化してエコドライブをサポート。燃費効率がよい運転状態になると、ブルーの照明がグリーンに変化。発電・充電をする減速エネルギー回生時にはホワイトに。ドライバーにエコドライブの目安をお知らせします。

(標準装備:全車)

ブルー:通常運転の状態
ブルー:通常運転の状態

グリーン:燃費効率がよい運転状態
グリーン:燃費効率がよい運転状態

ホワイト:減速エネルギー回生時
ホワイト:減速エネルギー回生時

減速時イメージ図

減速時に発電して2つのバッテリーに充電

発進後~加速時イメージ図

モーターでエンジンをアシスト※2

※1 電装品の使用状況またはバッテリーの状態により、発電する場合があります。
※2 モーターアシストの作動には、バッテリーの状態など一定の条件があります。

■ISG(モーター機能付発電機)
ISG(モーター機能付発電機)

発電効率を高め、減速エネルギーを利用して効率よく発電。
モーター機能を併せ持ち、エンジン再始動や加速時のモーターアシストを可能にします。ISG:Integrated Starter Generator

■S-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリー
S-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリー

S-エネチャージ車専用設計で、モーターアシストに必要な大電流に対応。頻繁なアシストを可能にします。

全車エコカー減税対象*1

JC08モード  燃料消費率(国土交通省審査値)*2

XG、XGスペシャル、XS
32.0km/L
[30.4km/L]*3
低排出ガス車 燃費基準+30%達成車(2WD車)+20%達成車(4WD車)
XT
27.8km/L
[26.2km/L]*3
低排出ガス車 燃費基準+10%達成車

*1 エコカー減税(環境対応車普及促進税制)対象車として、新車届出時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*2 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
*3 [ ]内は、4WD車。

13km/h以下でエンジン停止、アイドリングストップシステム

信号などでの停車前にアクセルを離すとガソリンの供給を止め、ブレーキペダルを踏んで13km/h以下になると自動でエンジンをストップ。減速開始からエンジン再始動までの間、効率よくエンジンを止めてムダなガソリン消費を抑えます。エンジンの再始動は、ブレーキペダルを離すかハンドルを動かすだけ。いつもと同じ運転でスムーズな発進が可能です。

(標準装備:全車)

■アイドリングストップ空調設定表示

IS空調設定(燃費優先)

IS空調設定(標準)

IS空調設定(快適優先)

アイドリングストップランプ

エアコン使用時のアイドリングストップを開始するタイミングやエンジン再始動のタイミングを3つのモードからドライバーの任意で設定できます。

作動しない理由などがひと目で分かるアイドリングストップインフォメーション

アイドリングストップが作動しない場合の理由や、エンジンの再始動についての情報をマルチインフォメーションディスプレイに表示。エンジン再始動の際にはブザーでお知らせします。

(標準装備:全車)

■アイドリングストップが作動しない
理由の例

■アイドリングストップが作動しない理由の例

  

アイドリングストップできません(水温)
エンジン冷却水の温度が低い時など

  
  

アイドリングストップできません(エアコン) エアコン設定温度と車室内の温度差が大きい時など

  
  

アイドリングストップできません(充電中)
バッテリーの容量が少ない時

■エンジンの再始動についての情報

まもなく再始動します
アイドリングストップ中にエンジンが再始動する、もしくはした場合

エコスコア

キーをONにしてからOFFにするまでの運転を、エコドライブの達成度によって100点満点でリアルタイムに採点。さらにイグニッションOFF時には、1回のドライブの平均スコアを表示します。

(標準装備:全車)

エンジン停止中も室内快適、エコクール採用

空調ユニット内に、エアコン(冷房)の使用で凍る蓄冷材を内蔵して、アイドリングストップ中に、エアコンが送風に切り替わっても冷たい風を一定時間キープ。暑い日でも快適な空間を保つとともに、室温上昇によるエンジンの再始動を抑えることで燃費性能に貢献します。

(標準装備:全車)

大径タイヤと余裕のある最低地上高で高いラフロード走破性

ラフロード走破性イメージ図

大径タイヤの採用などで最低地上高180mm(2WD車)を確保。わだちや雪道など起伏のある路面も余裕をもって走行します。

※[ ]内は4WD車。

下り坂も安心のヒルディセントコントロール(4WD車)

ヒルディセントコントロール作動イメージ図

急な下り坂でブレーキ操作なしに一定速度(約7km/h)で降坂するシステムにより、ドライバーはステアリングの操作に集中できます。

(標準装備:4WD全車)

雪道などの発進をサポートするグリップコントロール(4WD車)

グリップコントロール作動イメージ図

雪道やぬかるみなどの滑りやすい路面で、片輪が空転した場合、駆動力が空転している車輪に逃げてしまうため、発進できなくなります。グリップコントロールスイッチを発進前にONにすると、スリップが発生した車輪のブレーキ制御を早めてグリップ側の車輪に駆動力を集中させ、発進をサポートします。

(標準装備:4WD全車)

※4WD機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

坂道発進も安心のヒルホールドコントロール

坂道発進時にブレーキからアクセルに踏み替えるとき、一時的にブレーキを作動させ(最長約2秒間)、クルマの後退を抑制します。

(標準装備:XT)

狭い道でも運転ラクラク

最小回転半径は4.6m。
小回りがきくから、狭い道路や駐車場でも運転しやすいクルマです。

(標準装備:XT)

ドライバーの負担を軽減するクルーズコントロール

ドライバーの負担を軽減するクルーズコントロール

高速走行や長距離ドライブをアシストするクルーズコントロールを搭載。走行中にアクセルペダルから足を離しても一定のスピードが維持できるので、ドライバーの疲労軽減にも貢献します。

(標準装備:XT)

スポーティなドライビングを楽しむステアリングシフトスイッチ

スポーティなドライビングを楽しむステアリングシフトスイッチ

ステアリングを握ったまま、指先での素早いシフトアップ/ダウンができる7速マニュアルモード付シフトスイッチを搭載。思いのままにスポーティな走りが楽しめます。

(標準装備:XT)

※画像は点灯状態を演出しています。
※画像は説明のためのイメージです。

フレアクロスオーバーの魅力

Be a driver.

Be a driver.

つくり手の想いに触れると、カーライフがもっと楽しくなる。

詳しくはこちら

フレアクロスオーバー Driver’s Voice

フレアクロスオーバー Driver’s Voice

マツダに乗った方の、リアルインプレッションを紹介。

詳しくはこちら

※記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については各販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、届出などに伴う諸費用や、各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
※一部グレードおよび一部仕様によっては、ご希望に沿えない場合がございます。詳しくは販売会社へお問合せください。
※エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
※ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
※メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
※掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。