ドライビングダイナミクス

「人馬一体」を研ぎ澄ます。

求めたのは、人とクルマが心を通い合わせて駆ける人馬一体の楽しさ。そして、乗るたびに深まっていく歓び。
ドライバーのリズムにクルマが応える、意のままのドライビングフィールを生み出すため、
スカイアクティブ テクノロジーのさらなる革新に挑みました。

開発者が語る人間中心の設計思想


すべての道が楽しい、FR専用設計SKYACTIV-G 1.5。

アクセルを踏んだ瞬間に感じる力強いトルク。そこから踏み込んでいくと、リニアに反応する気持ちのいい加速感とともに、トップエンドの7,500rpmまでスムーズに回っていく。ロードスターには、後輪駆動のライトウェイトオープンスポーツのために新開発したSKYACTIV-G 1.5を搭載しました。
スチール製の鍛造クランクシャフトや軽量フライホイール(MT車)などの専用パーツを採用し、ロードスターらしいダイレクトなレスポンスと伸び感、そして心地よいエンジンサウンドを実現しています。

(搭載グレード:全車)

唯一無二のシフトフィールを追求
SKYACTIV-MT。

手首の返しだけで正確に操作できるショートストロークはもちろんのこと、確かな手応えと軽快さ、なめらかさを感じられるシフトフィールを実現しています。

(搭載グレード:MT全車)

意のままの走りを楽しむ6速AT。

シフトフィールのダイレクト感と優れた燃費性能を実現したロードスター専用の6速AT。意のままの走りをサポートするステアリングシフトスイッチと「ドライブセレクション」を備えています。

(搭載グレード:AT全車)

革新のオープンボディ
SKYACTIV-BODY。

オープンカーのロードスターのボディでも、SKYACTIV-BODYならではの基本骨格を可能な限り直線で構成する「ストレート化」と、各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」をベースとしています。そこに、高張力・超高張力鋼板やアルミ材などを採用し、軽快感と剛性感を高次元で両立した革新のオープンボディを造り上げました。

(搭載グレード:全車)

画像:すべての道が楽しい、FR専用設計SKYACTIV-G 1.5。

操る楽しさが際立つ
SKYACTIV-CHASSIS。

後輪駆動らしい軽快な動きを思いのままに操れるよう、サスペンションにはフロントにダブルウィッシュボーン式、リアにマルチリンク式を採用。減速時の安定感、ステアリングとアクセルワークで自在にクルマの動きを操れる優れたコントロール性を追求しました。そしてマツダ初のデュアルピニオン式電動パワーステアリングが、路面からの入力をドライバーに正確に伝えます。

(搭載グレード:全車)

画像:操る楽しさが際立つSKYACTIV-CHASSIS。
Photo:S Special Package MT車

アルミダイキャスト製エンジンヘッドカバー

アルミダイキャスト製エンジンヘッドカバー

ボンネットを開けた瞬間に強い存在感を放つエンジンには、極薄のアルミダイキャスト製ヘッドカバーを採用。エンジンルームの中に輝くシンプルな造形が、ロードスターを所有する歓びを増幅させます。

(標準装備:全車)

ドライブセレクション

ドライブセレクション

シフトレバー手前のスイッチを「SPORT」モードにすると、出力特性や変速タイミングの制御、変速スピードが変わり、アクセル操作に対して力強い加速を発揮。スポーティな走りはもちろん、交通量の多い道での合流などでもドライバーの意図に沿ったスピードコントロールが可能です。

(搭載グレード:AT全車)

パワー・プラント・フレーム[アルミ製](PPF)

画像:パワー・プラント・フレーム[アルミ製](PPF)

デビュー以来ロードスターが受け継いてきた、パワーユニットとファイナルドライブユニットをリジッドに結合するPPF。コの字型断面の採用、開口部の拡大などによってさらに軽く、高剛性に進化させ、人馬一体の走りをより際立たせています。

(標準装備:全車)
Photo:S Special Package MT車

鍛造クランクシャフト

鍛造クランクシャフト

ロードスターのSKYACTIV-G 1.5専用設計。フルカウンターウェイトのスチール製で、鍛造の限界まで軽量化を追求しました。

(標準装備:全車)

トルクセンシング式スーパーLSD

トルクセンシング式スーパー LSD

アクセル操作に対するリニアなレスポンスとダイレクトなフィーリングがスムーズな車両姿勢コントロールを可能とし、軽快かつ意のままの操縦安定性を実現します。

(標準装備:S Special Package MT車、 S Leather Package MT車、RS)
Photo:S Special Package 

軽量フライホール

軽量フライホール

回転の惰性モーメント低減を徹底的に突き詰め、リニアなレスポンスと7,500rpmまで一気に吹け上がるスムーズなフィーリングを実現しています。

(標準装備:MT車全車)

RECARO社製シート

RECARO社製シート

骨盤の動きを抑えるRECARO社独自の構造により、RSの走りを安心して楽しめる高い剛性感とホールド性を実現。

(標準装備:RS)

ビルシュタイン社製ダンパー

ビルシュタイン社製ダンパー

RS専用の綿密なチューニングを施し、より一体感のあるコーナリングを実現。

(標準装備:RS)

大径ディスクブレーキ

大径ディスクブレーキ

よりスポーティな走りでもリニアなコントロール性と確かな制動力を発揮。

(標準装備:RS)

フロントサスタワーバー

フロントサスタワーバー

左右ダンパーユニット上部とカウル部を中空スチール製のバーで結合することで、ボディ剛性を向上。

(標準装備:RS)

インダクションサウンドエンハンサー

インダクションサウンドエンハンサー

エンジンの吸気脈動を躍動的なサウンドに増幅し、アクセル操作にシンクロした爽快なサウンドを響かせます。

(標準装備:RS)

意をもって操作すれば素直に応える。そんな胸躍る走りへ。

車両開発本部 操安性能開発部 戸田 良二

ドライバーの意思に忠実であること。そのレスポンスが“走る歓び”に直結します。

“人馬一体”の走りを実現するため、マツダではドライバーの意思に忠実に反応するようなサスペンションのセッティングを大切しています。コーナーを曲がる時、加速する時、自分の操作に素直にクルマが動く。そんな打てば響くような反応に、ドライバーはクルマを操る歓びを実感するのです。サスペンションの最終セッティングでは、繊細で感覚的な領域まで追求します。細かい差異を見極めるためには、同じ走りを繰り返して確認する必要があります。ある意味、自分自身がセンサーになりきることが必要です。そのためには、クルマからのメッセージを感じ取らなければなりません。どうすればクルマが素直に反応してくれるのか。チームで議論を重ねながら、理想の極点を目指して磨き込んでいくのです。ドライバーがクルマを育成し、クルマがドライバーを育成する“共育”という関係が、そこにはあるのです。

ドライバーの意思に忠実であること。そのレスポンスが“走る歓び”に直結します。

重要なのは、“全体のバランス”。ライトウェイトスポーツの醍醐味を追求して。

重要なのは、“全体のバランス”。ライトウェイトスポーツの醍醐味を追求して。

セッティングで重要なのは、複雑に絡み合う部品特性を調和させながら、クルマの動き全体のバランスを整えることです。まずはクルマの挙動が不自然でないことが大前提です。ロードスターは軽さを追求し、またオープンボディがゆえに、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうことがありました。ダンパーやブッシュ特性のみならず、補強材の数mm分の厚みなど、足回り以外の領域まで見直すこともあります。そのような微妙な調整を繰り返しながら、ロードスターらしくクルマのコントロールが楽しくなる味付けを施していくのです。最終的には多くのドライバーにライトウェイトスポーツの醍醐味を感じてもらえるセッティングに仕上がったと思っています。

ビルシュタインのポテンシャルが実感できる乗り味。さらに気持ちのいい走りが満喫できます。

意のままの走りをいつでも味わえるのがロードスターの魅力ですが、さらに積極的にクルマをコントロールしたい人のために、RSグレードにはビルシュタイン製のダンパーを採用したセッティングを施しました。ビルシュタインさんとの共同開発で、さらに走りの質感を上げることができました。細かい振動が取り除かれ、クルマの挙動が滑らかになりましたね。狙いのチューニングによりこだわることができますし、タイヤの接地感も向上して、さらに気持ちのいい走りを楽しんでもらえると思います。ロードスターの理想の走りは、きっと人によって違います。それぞれのドライバーが好きな走りを追求できるのが、ロードスターのいいところです。よりスポーティな走りを体感できるRSの走りを存分に楽しんでいただけたらと思います。

ビルシュタインのポテンシャルが実感できる乗り味。さらに気持ちのいい走りが満喫できます。

  


マツダのクルマづくり

Dynamics

人馬一体を進化させる
MAZDAのクルマづくりをご紹介します。

ダイナミクストップへ

マツダを体感

 「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

「デザインにしてもSKYACTIV技術にしても、常に上を目指す姿勢と実際に造り出すものが伴っているのが今のマツダ」
「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

イベント体験レポートを見る

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。


平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)の受付期間短縮について

【変更前】車両の初度登録日 平成30年3月2日(金) 申請書受付締切日 平成30年3月5日(月)
【変更後】車両の初度登録日 平成30年1月31日(水) 申請書受付締切日 平成30年2月5日(月)

【留意事項】
・受付締切日より前に予算枠を超過する場合は、申請の受付締切日がさらに前倒しとなります。予算残額は次世代自動車振興センターのホームページにて公開予定です。2月5日(月)の申請受付終了時点で予算残額がある場合でも、継続して申請受付をすることはなく、終了します。(詳しくはこちら 次世代自動車振興センター
・なお、平成30年2月1日以降の登録車両については来年度事業での申請対象とする方向で経済産業省が検討しています。
・ただし、来年度事業では、補助制度の内容によっては補助対象とならない車両や補助金額が変更される車両が出てくる可能性がありますのでご承知置きください。また、来年度の申請受付開始は4月以降となります。