機能性

大切なのは、比較ではなく、使う人にとって何が最善か。

私たちマツダに、数値や数でどれだけ上を行くかという発想はありません。私たちが大切にするのは、そのクルマに乗る方にとっていちばんの価値を見極め、体現すること。その信念は、アクセラの収納機能という細部にまで貫かれています。

指先で操作できる電動パーキングブレーキ(EPB

画像:指先で操作できる電動パーキングブレーキ(EPB)

軽い力でスイッチを操作するだけで、確実にパーキングブレーキをかけることができ、しかもコンパクトなレイアウトでコンソール部のすっきりとしたデザインを実現しています。もちろん安全対策も綿密です。ブレーキペダルを踏みながらスイッチを押すか、発進のためにアクセルペダルを踏み込むと、パーキングブレーキは解除されますが、例えば発進時の自動解除では、シートベルトやドア、各ペダルの操作状況などをシステムが監視。ドライバーが意図してアクセルペダルを踏み込んでいると判断したときにのみ作動するよう制御されています。
※ EPB:Electric Parking Brake

(標準装備:22XD PROACTIVE、22XD L Package)

ステアリングシフトスイッチ

右側のスイッチを引くとシフトアップ、左側を引くとシフトダウン。SKYACTIV-DRIVEの素早くダイレクトな変速フィールをより積極的に楽しめます。さらに、Dレンジ走行中でもこのスイッチで一時的なシフト操作ができ、エンジンブレーキが必要なときなどに便利です。

(標準装備:15S PROACTIVE、15XD PROACTIVE、 15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L PackageのAT車)(ショップオプション:15C、15S、15XDのAT車)

オートライトシステム&レインセンサーワイパー(フロント) 感度調整式

オートライトシステムは、周囲の明るさを総合的に判断してヘッドランプなどを自動的に点灯・消灯。レインセンサーワイパーは、ガラスに当たる雨の状態をセンサーが感知してワイパーの作動を自動的にコントロールし、ドライバーが運転に集中できるようサポートします。

(標準装備:15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)
(メーカーセットオプション: 15S)

クルーズコントロール

画像:クルーズコントロール

約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに設定速度での定速走行が可能です。またAT車は、エンジンとSKYACTIV-DRIVEの協調制御によって走行状況に合ったギアを選択し、燃費に貢献。下り坂でのシフトダウン制御機能も採用しています。

(標準装備:15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、22XD PROACTIVE、HYBRID-C、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)
(メーカーセットオプション:15S)

プッシュボタンスタートシステム

画像:プッシュボタンスタートシステム

アドバンストキーを携帯し、ブレーキペダル(MT車はクラッチペダル)を踏みながらインパネ上のボタンを押すだけで、エンジンの始動/停止ができます。

(標準装備:15C、15S、15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package)
*HYBRID-C、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Packageは、パワースイッチシステムを標準装備しています。

電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)

画像:電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)

室内を満たす明るい光と開放感でドライブをより快適に演出します。

(標準装備:22XD L Package)
(メーカーセットオプション:HYBRID-S L Package)

フルオートエアコン(運転席/助手席独立コントロール機能+花粉除去フィルター付)

画像:フルオートエアコン(運転席/助手席独立コントロール機能+花粉除去フィルター付)

運転席と助手席それぞれに独立して設定温度を調整できるフルオートエアコンが、走行条件や天候などを問わず快適な室内環境を実現します。15Cにはマニュアルエアコンを標準装備しています。

(標準装備:15S、15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package、HYBRID-C、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)

Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOT(TM)2+Centerpoint®2)
+9スピーカー

画像:Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOT(TM)2+Centerpoint®2)+9スピーカー

Bose社との共同開発によってアクセラの室内空間に最適な音響チューニングを施し、臨場感のあるリアルなサウンドを実現した新世代オーディオシステム。コンパクトなデジタルアンプと、フロントドアの230mmネオジウム・ウーファーなど9スピーカーを組み合わせ、クリアで迫力あるサウンドを再現します。そして、走行ノイズ補償システムAUDIOPILOT(TM)2が各種のノイズとオーディオ音が重なったところを補正し、さまざまな環境で聞きやすいサウンドを実現。さらにCenterpoint®2が、スマートフォンなどで使用されているMP3などの圧縮音源やラジオなどの音声信号でも臨場感あるバーチャルサラウンドを再現します。

(メーカーセットオプション:15S、15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)

画像:Bose(R)サウンドシステム(AUDIOPILOT(TM)2+Centerpoint(R)2)+9スピーカー
イメージ図

Bose®サウンドシステム構成

1. 80mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×1)
2. 230mm Nd(TM)ウーファー(フロントドア×2)
3. 130mm ワイドレンジスピーカー(リアドア×2)
4. 60mm 中高音域スピーカー(リアサイドパネル*×2)
5. Bose 8EQチャネル・デジタル・アンプ(運転席下×1)
6. 60mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×2)
7. AUDIOPILOT(TM)2用マイクロフォン(ステアリングコラム下)

* セダンはリアパッケージシェルフへの装着となります。

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

CD/DVDプレーヤーは、MP3やWMAといったさまざまな圧縮形式に対応。市販の音楽CD/DVDはもちろん、自作のCD/DVDの再生も可能です。地上デジタルTVチューナー(フルセグ)は7インチWVGAセンターディスプレイとの組み合わせで、地上デジタル放送を楽しめます。また、「電子番組ガイド」「緊急警報放送」などの多彩なサービスが利用できます。

(メーカーセットオプション:全車)
*走行中は映像が表示されません。音声のみとなります。

アドバンストキーレスエントリーシステム

画像:アドバンストキーレスエントリーシステム

アドバンストキーを携帯しているだけで、すべてのドアとリアゲートまたはトランクリッドの施錠/解錠が簡単に行えます。

(標準装備:15S、15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package、HYBRID-C、HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)
*15Cは、電波式キーレスエントリーシステムを標準装備しています。

*アドバンストキーおよび電波式キーを電波障害となるような機器(携帯電話、PDAなど)と重ねて携帯した場合、機能しないことがあります。その際は、キーを離してご使用ください。
〈施錠/解錠について〉
アドバンストキーを携帯し、クルマとの距離が約80cm以内で下記操作を行った場合に作動します。

[アクセラスポーツ]
ドア、リアゲートの施錠:ドアハンドルまたはリアゲートのリクエストスイッチを操作した場合。ドアの解錠:ドアハンドルのリクエストスイッチを操作した場合。リアゲートの解錠:電磁式リアゲートオープナーを操作した場合。
[アクセラセダン/アクセラハイブリッド]
ドアの施錠/解錠、トランクの施錠:ドアハンドルのリクエストスイッチを操作した場合。トランクの解錠:電磁式トランクオープナーを操作した場合。

アドバンストキーレスエントリーシステムおよび電波式キーレスエントリーシステムの電波により、植込み型心臓ペースメーカーと植込み型除細動器に影響を与える可能性があります。詳しくはマツダの販売店までお問合せください。

使いやすいラゲッジルーム&トランク

画像:アクセラスポーツ

●アクセラスポーツ

ラゲッジルーム容量は後席使用時にも364L(※1)(VDA方式)を確保。ラゲッジルームのプライバシーを守るトノカバーは、荷物の出し入れ時に邪魔にならないよう上方に大きく開きます。
※1 2WD車。4WD車は362L。

画像:アクセラセダン

●アクセラセダン

トランクは容量419L(VDA方式)の広さ。開閉ヒンジの形状に工夫を凝らして開閉時の操作力を低減するとともに、ワイドなトランクリッド開口幅を実現しました。小物などの収納に便利なサブトランクボックスをフロア下に装備。

画像:アクセラハイブリッド

●アクセラハイブリッド

トランク容量は312L(VDA方式)。大容量のハイブリッドバッテリーとマルチリンク式リアサスペンションを備えながらも、ゴルフバッグ2個(※2)を収納できるスペースを確保しました。サブトランクボックス、トランクルームネットを装備。
※2 ゴルフバッグの形状によって収納できない場合がございます。

* 画像はイメージです。

使いやすさが広がるリアシートの6:4分割可倒式シートバック

画像:20S Touring L Package 6:4分割可倒式シートバック1

画像:20S Touring L Package 6:4分割可倒式シートバック2

スペースアレンジが可能な6:4分割可倒式シートバックを、アクセラスポーツ全車と15C、15S、15S PROACTIVE、22XD PROACTIVE、22XD L Packageセダンのリアシートに採用。シートバックを倒したときに、ラゲッジルームやトランクのフロアと段差ができないよう車体構造を基本から造り込み、荷物を積み込みやすいスペースを実現しました。

(標準装備:15C、15S、15S PROACTIVE、15XD、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD L Package)

実際の使われ方を徹底研究して生まれた収納スペース

室内をドライバー側/助手席側/後席/天井/ドアトリムなどのゾーンに分け、それぞれのゾーンでどのような収納機能が求められるのかを調査。その結果、各ゾーンでよく使われる小物類に適した容量を持つ収納スペースを、出し入れしやすくて視線移動量も少ない位置に設定しました。

画像:収納スペース
Photo:Sport 22XD L Package Seat Color:パーフォレーションレザー(ブラック)

※写真は電動パーキングブレーキ専用コンソールデザイン(コンソールサイドソフトパッド付専用コンソールボックス)
*画像はイメージです。*画像は点灯状態を演出しています。*モニター画面はハメ込み合成です。

(1)フロントコンソール
(2)アームレスト付大型コンソールボックス
(3)オーバーヘッドサングラスホルダー
(4)サンバイザー
(運転席チケットホルダー付)
(5)カップホルダー(フロント×2)
(6)ボトルホルダー+ドアポケット
(フロントドア×2/リアドア×2)
(7)リアシート センターアームレスト
(カップホルダー付)
(8)シートバックポケット(助手席)

※走行中のシートアレンジ操作はしないでください。
※走行中は必ずシートベルトを正しく装着し、荷物が移動したり運転の支障にならないようしっかりと固定または収納してください。
※標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合やご注意いただきたい項目がございます。必ず取扱書をご覧ください。

  


マツダの次なる挑戦

マツダのモノづくり

もっと、もっと、人とひとつになれるクルマを。
マツダの新しいチャレンジが始まります。

マツダのクルマづくりトップへ

 

マツダを体感

Experience

マツダは人とクルマの関係を深める、
さまざまな体験の場を用意しています。

Be a driver. Experienceトップへ

*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*環境対応車普及促進税制対象車(乗用自動車)は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。環境対応車普及促進税制として、新車登録時に取得税の免税・軽減措置(平成29年3月31日まで)、重量税の免税・軽減措置(平成29年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*グリーン税制は、新車登録または届出の翌年度に自動車税または軽自動車税の軽減措置(平成29年3月31日までの新車登録・届出車が対象)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。