HERO

安全性能

マツダは、全方位センシングに向けて。
大きな安心・安全へ、また一歩進化しました。

マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」。

マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」。

さまざまな運転環境で、ドライバーが状況を正しく認知・判断・操作できるようにサポートし、事故のリスクを最小限に抑える能力を備えることが、安心で安全な運転、そして走る歓びにつながる。それが、マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」です。
そして、この考え方に基づいて開発した、各種検知デバイスによるマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」は、全方位センシングを目指して新たな段階へと進化。CX-5は、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)&車線逸脱警報システム(LDWS(※))」の3アイテムを標準装備したグレードをご用意しました。
(標準装備:[ALH、BSM、LAS&LDWS] 20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、25S L Package、XD PROACTIVE、XD L Package)
※LDWS:Lane Departure Warning System

あなたの走りをサポートする安全技術「i-ACTIVSENSE」。

さまざまな「その時」に、先進の技術で備える。CX-5の i-ACTIVSENSEについてご紹介します。

「万一」から人を守るための、革新と細心。 PASSIVE SAFETY

「万一」から人を守るための、革新と細心。
CX-5のPASSIVE SAFETY / BASIC SAFETYについてご紹介します。

「万一」から人を守るための、革新と細心。 PASSIVE SAFETY
*画像は説明のためのイメージCGです。


*記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
*掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
*環境対応車普及促進税制対象車(乗用自動車)は、「クリーンディーゼル乗用車」および「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU‐LEV)認定車」かつ「平成32年度燃費基準+20%」「平成32年度燃費基準+10%」「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準+10%」「平成27年度燃費基準+5%」達成車です。環境対応車普及促進税制として、新車登録時に取得税の免税・軽減措置(平成29年3月31日まで)、重量税の免税・軽減措置(平成29年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*グリーン税制は、新車登録または届出の翌年度に自動車税または軽自動車税の軽減措置(平成29年3月31日までの新車登録・届出車が対象)が受けられます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。
*車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
*ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
*メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
*掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。