MAZDA

ユーティリティ

ユーティリティ

さぁ、心のままに、もっと自由なフィールドへ。

趣味の道具をたくさん積んで、心を解放させる特別な場所へと駆け出す。
CX-8はシーンを問わず、さまざまなニーズに柔軟に応える優れた機能性を備えています。
このアクティブな使い勝手が、あなたのライフスタイルをより豊かに広げていきます。

トーイング性能

この性能が、憧れのアクティブライフを身近にする。

ディーゼルエンジン車はキャンピングトレーラーやボートトレーラーなど、総重量750kg以下のトレーラーをトーイング(牽引)することができます。さらに、ブレーキ制御にトレーラー・スタビリティ・アシスト(TSA)※1を採用。揺れを検知した瞬間にTSAが1輪または4輪にブレーキをかけてトレーラーの揺れを抑え、安定して走れるようサポートします。総重量750kg以下のトレーラーなら普通免許で牽引が可能。クリーンディーゼルパフォーマンスを存分に活かして、ダイナミックなアクティブライフをお楽しみいただけます。

この性能が、憧れのアクティブライフを身近にする。

  • 画像のCX-8は実際の仕様と異なる場合があります。

トレーラーヒッチ※2

ディーゼルエンジン車とトレーラー(被牽引車)を連結するための装置、トレーラーヒッチ本体とブラケット、ハーネスをショップオプションで用意しています。

(ショップオプション:XD、XD PROACTIVE、XD L Package)

ラゲッジスペースアレンジ

使いこなすほどに、フットワークはさらに軽くなる。

すべてのシートタイプで、シーンに応じた多様なアレンジが可能です。サードシートを倒すことで、大人4人分の乗車スペースと同時に余裕のラゲッジスペースを確保できます。しかもサードシートは、ラゲッジルーム側からシートバックのレバーまたはストラップを引くだけでヘッドレストが畳め、そのまま簡単にシートを前方へ倒せます。さらに、セカンド・サードシートのシートバックを前方に倒せば、大人が横になれるほどの広いスペースが出現します。

使いこなすほどに、フットワークはさらに軽くなる。

  • シートバックのレバーは25S L Package、25T L Package、XD L Packageに、ストラップは25S、XD、25S PROACTIVE、25T PROACTIVEおよびXD PROACTIVEに標準装備。
  • 撮影時使用自転車:26インチロードバイク
  • 車内積載時には前輪とサドルを外しています。自転車のサイズによっては2台積めない場合もあります。
  • 画像のCX-8は実際の仕様と異なる場合があります。

自分らしいこだわりに満ちた、とっておきの時間を楽しむ。

こだわりの趣味に没頭する。家族や仲間と自然を満喫する。
日常から解き放たれたひとときを過ごす時、そこにはいつもこのクルマがある。
CX-8とともに、あなたはどんなライフスタイルを楽しみますか?

自分らしいこだわりに満ちた、とっておきの時間を楽しむ。

収納スペース

シーンに応じてアレンジできるラゲッジスペース

Photo:XD L Package 2WD(FF)

  • 走行中でのシートアレンジの操作は行わないでください。
  • 走行中は必ずシートベルトを正しく装着し、荷物が移動したり運転の支障にならないようしっかりと固定または収納してください。
  • 標準状態以外のシートアレンジにすると走行できない場合やご注意いただきたい事項がございます。必ず取扱書をご確認ください。
  • 停車中の状態で撮影しています。
  • 画像はイメージです。

ラゲッジルームと深底サブトランクボックス

ラゲッジルームは定員乗車時でも9インチのゴルフバッグ2個※3を積載できる容量を確保。そしてフロア下には、開口部が広く、しかも307mmもの深さを持つサブトランクを装備しました。汚れがちなカーケア用品やかさばるアウトドア用品などの収納にも便利に使えます。また、Boseサウンドシステム装着車は深底サブトランクボックス内の左寄りにウーファーを設置することで収納スペースを確保しています。

Boseサウンドシステム非装着車

Boseサウンドシステム装着車


インテリア収納

  1. ラゲッジフック

ラゲッジフック、ラゲッジルーム内にフックを左右合わせて4つ装備しています。

(標準装備:全車)

  1. ショッピングフック

ラゲッジルームにショッピングバッグをかけられるフックを左右合わせて2つ装備しています。

(標準装備:全車)

パワーリフトゲート

アドバンストキーのスイッチやハンドル右下のクラスタースイッチの操作でリアゲートを自動で開閉。リフトゲートにあるクローズスイッチで、使う方の体格などに応じて開度を調節できます。小型・軽量でシンプルな開閉ユニットを採用し、質感の高いスムーズな動きと静かな作動音を実現しました。また、誤って指などを挟むことを防ぐため、タッチセンサーをリアゲート開口部の両側に配置しています。

(標準装備:25S L Package、25T L Package、XD L Package)
(メーカーセットオプション:25S PROACTIVE、25T PROACTIVE、XD PROACTIVE)

  1. TSA はドライバーの安全運転を前提としたサポートシステムです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。
  2. トレーラーヒッチに関する注意 :トレーラーヒッチを装着することで、デパーチャーアングルは小さくなります。 トレーラーヒッチを装着する場合、リアバンパーの加工が必要となります。 トレーラーを牽引する場合は、お客様ご自身で車検証の記載内容事項の変更が必要となります。 ハーネスの接続時には、パーキングセンサー(リア)が作動せず、またトレーラー牽引時は、BSMも正常に作動しないため、マツダ コネクトの設定画面からBSMを解除してください。 牽引可能なトレーラーの仕様等については、販売店におたずねください。
  3. 形状、サイズによっては積載できない場合があります。
  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(2019年9月30日まで)、重量税の軽減措置(2019年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

<平成30年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について>

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:平成30年2月1日~平成31年2月22日
  • 申請書受付期間:平成30年4月20日~平成31年3月4日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が平成30年2月1日~4月27日の間の車両の提出期限は、平成30年6月30日まで(消印有効)
    2. 初度登録日が平成30年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP