MAZDA

万が一の時は

事故や故障など、車のトラブルはいつ起きるかわからないものです。
そんな“もしも”のときにもきっとお役にたてるようにという思いをこめて、私たちマツダからのアドバイスをまとめさせていただきました。

"万が一の事故"に備えてやっておきたいこと

“もしも”のときの
ガイドブック準備

“もしも”のときのガイドブックと筆記用具の車庫保管

ガイドブックダウンロード[1.2M]

保険資料の準備
   

保険証券の車内保管またはスマートフォンへの保険契約登録

マツダの販売店の
連絡先登録

販売店検索

事故が起きてしまったら… 

万が一、事故が起きてしまった場合は、次の手順で対応してください。

Step1けが人の救護 119番 人命が第一!同乗者や相手方にけが人はいませんか?
Step2路上の危険防止 二次災害が起きないように、周囲の安全を確保してください。
Step3警察への連絡 110番 どんなに軽微な事故でも、当事者間で話を済ませずに必ず連絡します。
Step4相手の確認 警察が到着するまでの間に確認しておきましょう。
Step5目撃者の確認 事故を見ていた第三者がいる場合は可能な限り連絡先をお聞きします。
Step6マツダ販売店へ連絡 ここまでの対応が終わったら、マツダ販売店までお電話ください!
  • 当社で自動車保険をご加入であれば、ご要望に応じて当社から保険会社へ事故内容を連絡します。
Step7保険会社への連絡 事故内容を保険会社へ連絡します。
  • 事故現場での示談・口約束はしてはいけません。(相手方には「保険会社に相談します」と伝えます。)

“もしも”のときのガイドブック

万が一の時の対応についてのアドバイスをまとめさせていただいた「“もしも”のときのガイドブック」を
PDFファイルでご用意しました。ぜひご一読の上、車検証と一緒におクルマに保管ください。

ガイドブックダウンロード [1.2MB]

緊急連絡先リスト

警 察(110番)

マツダ販売店

販売店検索

JAF ロードサービス

JAFウェブサイト

万が一のときの緊急用品

シグナルハンドライト

シグナルハンドライト
(非常信号灯)

LEDタイプの緊急点滅信号灯。200m先から確認できる強力発光です。

レスキューマン

レスキューマン

万が一、事故が起きた場合に、自力で事故車から脱出するための緊急脱出ツール。※1

停止表示板

停止表示板

リフレクター付の昼夜兼用タイプ。自動車専用道路では携帯することが義務づけられています。

   

タイヤパンク応急修理キット

タイヤパンク応急修理キット

万が一、タイヤがパンクした場合に応急修理することができます。

   

  1. 緊急脱出及び救出のための専用品です。他の用途には使用しないでください。
    フロントウィンドーガラスは、レスキューマンⅢでは割ることができません。 また、一部車両のフロントドアガラスにも合わせガラスが使用されているため、割ることができません。 使用できない車種の詳細については販売会社にお問い合わせください。
    他社の自動車には使用できない車種がありますので、使用されるお車の販売会社にお問い合わせください。
    ガラスを割った際のガラスの破片によるケガ等に注意してください。
    お子様のいたずらでケガをする場合がありますので十分ご注意ください。
    性能維持のため、ご購入日から5年間を目安に新品をお買い求めください。但し、期間内であっても、カッター部に錆の発生があった場合には、速やかに本体ごと交換してください。 また、期間内であっても使用された場合または強い衝撃が加わった場合には、継続して使用しないでください。
    取り付けができない車種が一部あります。

 

緊急時の商品の使用方法

レスキュー時の取り扱い

レスキュー時の車両の取り扱いについては以下のリンク先の資料をご参照ください。

詳細を見る

TOP