MAZDA

MAZDA DEMIO

15MB

SKYACTIV-G 1.5
1.5L DOHC ガソリンエンジン
2WD 6MT

¥1,560,600 (税込)

MAZDA DEMIO

15MB

SKYACTIV-G 1.5
1.5L DOHC ガソリンエンジン
2WD 6MT

¥1,560,600 (税込)

街中でもサーキットでも。クルマと共に「走る歓び」を味わいたい。

モータースポーツを気軽に楽しむための、ベースグレード。

 

街中でもサーキットでも。クルマと共に「走る歓び」を味わいたい。

モータースポーツを気軽に楽しむための、ベースグレード。

 

BODY COLOR

スノーフレイクホワイトパールマイカ※1

スノーフレイクホワイトパールマイカ※1

  1. スノーフレイクホワイトパールマイカは特別塗装色のため、メーカー希望小売価格32,400円(消費税抜き価格30,000円)高となります。
  2. ソウルレッドクリスタルメタリックは特別塗装色のため、メーカー希望小売価格54,000円(消費税抜き価格50,000円)高となります。
  3. マシーングレープレミアムメタリックは特別塗装色のため、メーカー希望小売価格43,200円(消費税抜き価格40,000円)高となります。

INTERIOR

人馬一体の走りがさらに際立つ、パワフルなSKYACTIV-G 1.5。

「吸排気バルブの開閉タイミングを最適制御するデュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)、
エンジンオイルの流量を状況に応じて2段階に切り替え、エネルギーロスを低減するオイル潤滑システム、
そしてスムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクフルなエンジンセッティングとギア比を最適化した6MTによって、
モータースポーツのあらゆるシーンで、ストレスのない思い通りの走りを発揮できます。

燃料消費率(国土交通省審査値)

2WD(FF)MT車 19.2/km/L※4

最高出力 85kW〈116PS〉/6,000rpm
最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/4,000rpm

新世代高効率直噴ガソリンエンジン

  1. 燃料消費率(国土交通省審査値)は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  •  使用燃料は無鉛プレミアムガソリンとなります。
  • < >内は旧単位での参考値です。

主要装備

セーフティ

  • SRSエアバッグシステムカーテン&フロントサイド
  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
  • リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
  • ブラインド・スポット・モニタリング (BSM)リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)機能付
  • 車線逸脱警報システム(LDWS)LDWS:Lane Departure Warning System
  • 大径ブレーキ

視界性能

  • ハロゲンヘッドランプ(ロービーム:マニュアルレべリング[光軸調整]機構付)
  • オートライトシステム
  • レインセンサーワイパー(フロント) 感度調整式
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)

インテリア(シート、空調、オーディオ)

  • セグメント液晶オーディオディスプレイ
  • タコメーター(デジタル)
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • ステアリング(オーディオリモートコントロールスイッチ)
  • リアシート一体可倒シート
  • マニュアルエアコン
  • AM/FMラジオ
  • 4スピーカー
  • 外部接続ハブ:USB端子/AUXミニジャック

その他(ホイール、セキュリティ)

  • 185/65R15 88Sタイヤ&15×5 1/2Jインチ軽量アルミホイール
  • イモビライザー
  • 電波式キーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付、リアゲート連動)&電波式キー×2

メーカーセットオプション

ユーティリティパッケージ

  • ダークティンテッドガラス(リアドア/リアゲート)
  • リアシート 6:4分割可倒式シートバック
  • CDプレーヤー
  • 185/60R16 86Hタイヤ&16×5½ Jインチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
  • 195/55R16 87Vタイヤ&16×5 1/2Jインチアルミホイールもご用意しています。(タイヤチェーンの取付はできません。)
  • SRSエアバッグシステム カーテン&フロントサイドは、レスオプション設定がございます。

主要諸元

 デミオ15MB
駆動方式 2WD(FF)
全長×全幅×全高 mm 4,060x1,695x1,500
ホイ一ルべ一ス mm 2,570
トレッド(前)/(後) mm 1,495/1,480
車両重量 kg 1,020[1 ,030]※5
エンジン種類 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 cc 1,496
最高出力※6 kW<PS>/rpm 85<116>/6,000
トランスミッション 6MT
サスペンション(前) マクファ一ソンストラット式
サスペンション(後) ト一ションビーム式
ブレ一キ(前) べンチレ一テッドディスク
ブレ一キ(後) リ一デイングトレ一リング式ドラム
スタビライザ一(前)/(後) 標準装備/-
JCO8モ一ド燃費km/L 19.2※7
  1. [ ]内は15MB 【16インチタイヤ装着車】
  2.  < >内は旧単位での参考値です。
  3. 燃料消費率(国土交通省審査値)は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 無鉛プレミアムガソリンが給油できない場合、無鉛レギュラーガソリンも使用できますが、エンジン出力低下などの現象が発生します。

15MBで楽しめるマツダのモータースポーツイベント

MAZDA FAN CIRCUIT TRIAL
マツダファンサーキットトライアル

マツダ車を選んだファンが自身のドライビングと愛車のポテンシャルの限界をサーキットで体感する、マツダ車のみで行われる国内唯一のJAF公認タイムアタック競技。一斉にスタートするレースとは違い、決められた時間内の中で自由に走行し、その中で1周のベストタイムを競います。マツダ車オーナーなら誰でも、ナンバー付きの愛車で参加できます。

レースについてさらに詳しく

MAZDA FAN ENDURANCE
マツダファン・エンデュランス

ルマン24時間レースで日本の自動車メーカーとして初めて、そして唯一の優勝を成し遂げたマツダのスピリッツを受け継いだ参加型サーキットイベント。マツダ車オーナーなら誰でも、ナンバー付きの愛車で参加可能。燃料満タン無給油で2時間30分を走行するので、速さだけでなく燃費をコントロールしながら走るテクニックも重要です。

レースについてさらに詳しく

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • JC08モードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(2019年9月30日まで)、重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP