目指したのは、シーンを選ばないゆとりの走り。

積載性と乗り心地の両立

長時間の運転や悪路走行でも、快適な乗り心地を目指して、自動無段変速機(CVT)の搭載を念頭に、クルマの基本構造から見つめ直しました。アッパーボディとサスペンションを含むアンダーボディを最適化したフロント部と荷室の積載性を確保したリア部を融合。積載性のみならず、高い静粛性、乗り心地の良さ、高速道路やカーブなどでの走行安定性をも追求しました。

積載性を確保しながら、走りも妥協しない。

高性能サスペンション

スプリング、アブソーバー、スタビライザーなどを最適化。
積載量にかかわらず常にしっかりとした操縦性、車両安定性を確保するとともに、路面からのゴツゴツ・ブルブルといった振動を抑え、上質な乗り心地も高次元で両立しています。

(搭載グレード:全車)

高性能サスペンション

スプリング、アブソーバー、スタビライザーなどを最適化。
積載量にかかわらず常にしっかりとした操縦性、車両安定性を確保するとともに、路面からのゴツゴツ・ブルブルといった振動を抑え、上質な乗り心地も高次元で両立しています。

(搭載グレード:全車)

サスペンションイメージ図

サスペンションイメージ図

自動無段変速機(CVT)

エンジンの力を無駄なく路面に伝える、変速ショックのないトランスミッション。静粛性、滑らかな走行フィーリングを実現します。

(搭載グレード:全車)

車速感応式電動パワーステアリング

車速感応機能により、低速走行時には軽く、高速時には確かな手応えのある操舵フィーリングが得られます。またギア比を穏やかに設定し、高速時においてもステアリングが切れ過ぎないよう配慮。さまざまな速度域において、安心してステアリングを操作できます。またステアリングには、運転しやすい位置に上下調整できるチルト機能も搭載しています。

(標準装備:全車)

ディスクブレーキ(フロント)

積載時でも安心感のあるブレーキ性能を確保するため、大径のベンチレーテッドディスクブレーキを採用。さらに、ブレーキフィーリング向上のため、専用チューニングを施しています。

(標準装備:全車)

14インチスチールホイール&タイヤ

155/80R14 88/86N LTタイヤと14×5Jスチールホイール+センターキャップを採用。

(標準装備:全車)

4WD

滑りやすい路面や登り坂などでスムーズな発進、加速に貢献します。通常の直進走行ではFF(前輪駆動)に近い状態で、前後輪に回転差が生じるとビスカスカップリングにより、その回転速度の差に応じた最適なトルクを後輪へ配分します。

  • 実際の路面状況などによって、前後輪へのトルク配分比率は変化します。
  • 4WD機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

4WD

滑りやすい路面や登り坂などでスムーズな発進、加速に貢献します。通常の直進走行ではFF(前輪駆動)に近い状態で、前後輪に回転差が生じるとビスカスカップリングにより、その回転速度の差に応じた最適なトルクを後輪へ配分します。

  • 実際の路面状況などによって、前後輪へのトルク配分比率は変化します。
  • 4WD機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

4WDイメージ図

最小回転半径

小回りがきくコンパクトなボディサイズで、最小回転半径4.9mを実現。細い路地に入る時やUターン時、車庫入れや縦列駐車時の取り回しが軽快に行えます。

(標準装備:全車)

  • 最小回転半径イメージ図

立体駐車場もOK!

一般的な立体駐車場(制限高:1.55m)に入庫できる全高をキープ。街中で扱いやすい実用性と室内の快適性を兼ね備え、さまざまなビジネスシーンで活躍できるよう配慮しています。

  • すべての立体駐車場に駐車可能とは限りません。車両の状態により、表示寸法上は駐車可能な場合でも、車高検知装置(センサー)による警告、車高制限バーへの干渉などで駐車できない場合があります。

1.5L 1NZ-FE エンジン

停車と発進の多い街中での走行で多く使用する低中速域でのトルクを十分に確保。同時にスムーズな加速性能も実現しています。さらに、低燃費と低排出ガスを徹底して追求。クリーンかつランニングコストにも優れたエンジンです。

(搭載グレード:全車)

エコカー減税対象※1

JC08モードによる燃費表記

JC08モード 燃料消費率(国土交通省審査値)※2

JC08モード燃費 1.5L エンジン(2WD) 1.5L エンジン(4WD)

19.6km/L

15.8km/L

  1. エコカー減税(環境対応車普及促進税制)対象車として、新車登録時に取得税の軽減措置(2019年9月30日まで)、重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  2. 燃料消費率は、定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。

アイドリングストップ機能

信号待ちや一時停止時に、エンジンのアイドリングを自動的にストップ※3。ブレーキペダルから足を離すだけで素早く再始動します。またアイドリングストップ状態でも、オーディオやナビは使用可能。空調は車内外の環境に応じて自動制御します※4。また、状況によってはエンジンを始動し、エアコンを作動させることで、快適性を優先します。

(標準装備:2WD(FF)全車)

信号待ちや一時停止時に、エンジンのアイドリングを自動的にストップ※3。ブレーキペダルから足を離すだけで素早く再始動します。またアイドリングストップ状態でも、オーディオやナビは使用可能。空調は車内外の環境に応じて自動制御します※4。また、状況によってはエンジンを始動し、エアコンを作動させることで、快適性を優先します。

(標準装備:2WD(FF)全車)

停車すると、瞬時にエンジンをストップ。

停車すると、瞬時にエンジンをストップ。

ブレーキを離すと、スムーズに発進。

エンジンを停止させた直後でも、素早く再始動することが可能です。

ブレーキを離すと、スムーズに発進。

エンジンを停止させた直後でも、素早く再始動することが可能です。

もちろん、坂道発進もスムーズに。

坂道ではアイドリングストップ状態から再始動する時は、坂道発進補助機能が車両の後退を抑制します。

もちろん、坂道発進もスムーズに。

坂道ではアイドリングストップ状態から再始動する時は、坂道発進補助機能が車両の後退を抑制します。

  • アイドリングストップ機能作動イメージ図

スピードメーター(メーター照度コントロール付)

シンプルなデザインのメーターは、文字盤の配色や目盛り表示にこだわるなど、昼夜問わず高い視認性を確保するための配慮がなされています。

(標準装備:全車)

マルチインフォメーションディスプレイ

外気温、瞬間燃費、レーンディパーチャーアラートなどの多彩な運転情報が確認できます。

(標準装備:全車)

  • 画像は点灯状態を演出しています。
  • 画像は説明のためのイメージです。
  1. シフトが「D」ポジションの状態でブレーキを踏み、車両が停止するとエンジンが自動的に停止します(エンジン停止には、いくつかの条件があります。詳しくは営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください)。
  2. アイドリングストップ中のエアコンは送風となります。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP