MAZDA

安全性能

安全性能

すみずみまでこだわった安全性。

踏みまちがいやシフトの入れまちがいによる前方、後方への不意の急発進・急加速を抑制。

「誤発進抑制機能(前進時)」は、前方に壁などの障害物があるにもかかわらず前進のシフト位置※1で、「誤発進抑制機能(後退時)」は、後方に障害物があるにもかかわらずR(後退)のシフト位置で、アクセルペダ ルを大きく踏み込むと警告音が鳴り、さらに強く踏み込み続けると最長約5秒間エンジン出力を自動的に抑制します。
これら2つの機能によって、前方および後方への急発進・急加速を抑え、踏みまちがいやシフトの入れまちがいによる衝突被害の軽減に貢献します。

(標準装備:KX、メーカーオプション:KCエアコン・パワステ[AT車])

   

誤発進抑制機能(前進時)

作動イメージ図

作動イメージ図

誤発進抑制機能(後退時)

作動イメージ図

作動イメージ図

  • 自動でブレーキをかけて車両を停止させる機能ではありません。 また、アクセル開度によっては、誤発進抑制機能(前進時/後退時)は作動しません。

   

メーター内表示

Photo:5MT車

Photo:5MT車

前後4つの超音波センサーで障害物を検知

* 画像は点灯状態を演出しています。

* 画像は点灯状態を演出しています。

警告
  • 状況によっては正常に作動しない場合があります。
  • 対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または、被害を軽減できない場合があります。
  • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。
  • 自動でブレーキをかけて車両を停止させる機能ではありません。また、アクセル開度によっては、誤発進抑制機能(前進時/後退時)は作動しません。
  • ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

〈作動条件〉

  • 誤発進抑制機能(前進時):シフトが3AT車はD、2、Lの位置、5MT車はR以外の位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。
  • 誤発進抑制機能(後退時):シフトがRの位置で停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。
  • その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

サイドインパクトバーを2本採用。

左右ドア内部に2本採用されたサイドインパクトバーにより、正⾯衝突だけでなくオフセット衝 突による車体の変形を抑えます。

  • 写真のサイドインパクトバーは説明のために着色しています。

サイドインパクトバーを2本採用。

左右ドア内部に2本採用されたサイドインパクトバーにより、正⾯衝突だけでなくオフセット衝 突による車体の変形を抑えます。

  • 写真のサイドインパクトバーは説明のために着色しています。

SRS※2エアバッグシステム運転席&助手席を標準装備。

前方からの衝突時、エアバッグが瞬時に膨張・収縮。シートベルトの効果と合わせて乗員の頭 部や胸部へのダメージを緩和します。

  • 作動イメージ図
  • Photo:KX 3AT車

SRS※2エアバッグシステム運転席&助手席を標準装備。

前方からの衝突時、エアバッグが瞬時に膨張・収縮。シートベルトの効果と合わせて乗員の頭 部や胸部へのダメージを緩和します。

  • 作動イメージ図
  • Photo:KX 3AT車

安全性を高めたシートベルト機構。

衝突時にシートベルトの緩みを瞬時に巻き取るプリテンショナー、胸部への衝撃を緩和する ロードリミッターを運転席・助手席に標準装備。

安全性を高めたシートベルト機構。

衝突時にシートベルトの緩みを瞬時に巻き取るプリテンショナー、胸部への衝撃を緩和する ロードリミッターを運転席・助手席に標準装備。

4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)※3&電子制御制動力配分システム(EBD)を標準装備。

急ブレーキ時や雨などで滑りやすい路面でのブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、ステアリング 操作による障害物回避をサポートします。

4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)※3&電子制御制動力配分システム(EBD)を標準装備。

急ブレーキ時や雨などで滑りやすい路面でのブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、ステアリング 操作による障害物回避をサポートします。

万一の際に前面・後面からの衝撃エネルギーを分散・吸収するキャビン構造&下まわり。

安全性を高める軽量衝撃吸収ボディ。

衝突時の衝撃を吸収するクラッシャブル構造や、衝撃を効果的に分散する骨格構造、高強度な キャビン構造など多くの安全技術を採用した軽量衝撃吸収ボディが万一の際の安全性を高めます。

安全性を高める高張力鋼板を採用したキャビン構造&下まわり。

フロントフレーム部などを中心に採用された高張力鋼板。
軽量化を図りながらバンパーなど各部位を強化し、衝突安全性を高めました。

商用車について

トラックの各部名称やバンのラインナップなど、
商用車の基礎知識についてご紹介します。

商用車について詳しく

トラックの各部名称やバンのラインナップなど、
商用車の基礎知識についてご紹介します。

商用車について詳しく

  1. 3AT車はD、2、Lのシフト位置、5MT車はR以外のシフト位置
  2. SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)運転席&助手席エアバッグは横方向からの衝撃、 横転および転覆した場合や正面からの衝撃が小さい場合は作動しません。SRSエアバッグシステムはシートベルトをした 上での補助安全装置です。シートベルトを必ず装着してください。
  3. 4W-ABS&EBDはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。4W-ABS&EBD非装着車と同様に、 コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP