マツダの自動車税

自動車の購入および所有には、燃費性能などに応じて「環境性能割」「自動車税種別割」が、車両重量に応じて「重量税」が課税されます。
それぞれの税に対しては、車両性能などによって減税または免税がされます。

* 環境性能割は自動車購入時にのみ課税対象となります。

課税について

購入時

環境性能割

乗用車:取得価額×0~3%
軽自動車:取得価額×0~2%

購入時

環境性能割

乗用車:取得価額×0~3%
軽自動車:取得価額×0~2%

新車登録時+車検時

重量税(エコカー減税)

乗用車:車両重量0.5tごとに課税
軽自動車:定額

新車登録時+車検時

重量税(エコカー減税)

乗用車:車両重量0.5tごとに課税
軽自動車:定額

毎年の自動車税/軽自動車税

自動車税種別割(グリーン化特例)

乗用車:排気量に応じて課税
軽自動車:定額

毎年の自動車税/軽自動車税

自動車税種別割(グリーン化特例)

乗用車:排気量に応じて課税
軽自動車:定額

環境性能割とは、国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準値に合わせて、
自動車の購入時に課税・減税される制度です。

適用期間

環境性能割:2022年3月31日の新車登録(届出)分まで

* 2021年12月の新車登録(届出)分までは1%優遇されます。

乗用車 減税内容

電気自動車およびクリーンディーゼル車
環境性能割
非課税
ガソリン車(乗用車の場合)

燃費基準環境性能割
(2021年12月末迄)
環境性能割
(2022年1月以降)

2030年度基準85%達成

2030年度基準85%達成

非課税 非課税

2030年度基準75%達成

2030年度基準75%達成

非課税
(優遇措置)
取得価額×1%

2030年度基準60%達成

2030年度基準60%達成

取得価額×1%
(優遇措置)
取得価額×2%
上記以外
または
2020年度基準未達成車
取得価額×2%
(優遇措置)
取得価額×3%

軽自動車 減税内容

ガソリン車(軽自動車の場合)

燃費基準環境性能割
(2021年12月末迄)
環境性能割
(2022年1月以降)

2030年度基準75%達成

2030年度基準75%達成

非課税 非課税

2030年度基準60%達成

2030年度基準60%達成

非課税
(優遇措置)
取得価額×1%
上記以外
または
2020年度基準未達成車
取得価額×1%
(優遇措置)
取得価額×2%

CHANGE!10月からクルマの税が変ります

自動車税(環境性能割)・重量税(エコカー減税)について

  • 減税措置は車種・グレード・車両重量等によって適用内容が異なります。
  • 商品の仕様変更等により、予告なく適用状態が変わる可能性がございます。ご購入の際は必ず、最新の減税適用情報を各販売店へご確認ください。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録(届出)時の環境性能に応じて登録車は非課税または1%~3%、軽自動車は非課税または1%~2%課税されます(2022年3月31日まで)。ただし、2021年12月31日までに新車登録(届出)する自家用の乗用車・軽自動車の場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、電気自動車を対象に、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2023年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 自動車重量税の減税額は各種オプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格を基に試算しています。オプションを含むことで減税額が変わる場合があります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • 掲載の内容は2021年3月現在のものです。

エコカーラインナップ

   

TOP