MAZDA

G-ベクタリング コントロール

G-ベクタリング コントロール

クルマと一体となる
気持ちのよいドライビング体験をより多くの方へ

ドライバーの運転技量によらず、低速からの日常走行、
高速直進走行、ワインディング走行や緊急回避時など、
幅広い走行シーンで誰もがリラックスして思いのままに
クルマを操れる感覚をさらに高い次元に引き上げる、
それがG-ベクタリング コントロールです。

G-ベクタリング コントロール(GVC)※1

人馬一体の走りをさらに進化させ、走る歓びをすべての人に

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロール。これにより、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初※2の制御技術です。

  1. G-Vectoring Control:車両の加速度(G)を方向付ける(Vectoring)制御(Control)
  2. 2016年6月現在の量産車として(マツダ調べ)

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ

G-ベクタリング コントロール(GVC)作動イメージ

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、タイヤの接地状態が最適化。これにより、カーブを曲がる際の無意識のハンドルの修正操作が減少したり、長距離運転などでの疲労蓄積も抑制されます。また、ドライバーや同乗者にかかるGが滑らかになり、乗り心地を高めます。

(搭載グレード:全車)

* 画像はイメージです。

G-ベクタリング コントロールの3つの効果

1.ハンドル修正操舵を低減
2.乗員の体の揺れを低減
3.高速走行、悪路での安定性の向上

マツダのクルマづくり

人とクルマはひとつになれる

G-VECTORING CONTROL

さらに詳しく

人とクルマはひとつになれる

G-VECTORING CONTROL

さらに詳しく

関連コンテンツ

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • JC08モードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • エコカー減税は、新車登録時に取得税の軽減措置(平成31年3月31日まで)、重量税の軽減措置(平成31年4月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録の翌年度に自動車税の軽減措置(平成31年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP