NEW MAZDA CX-5がゴルファーに愛される理由

高回転まで気持ちよく回る力強いクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」搭載車が国内累計販売台数50万台を達成した「マツダ」。
その牽引役とも言えるクロスオーバーSUVの『MAZDA CX-5』は、ゴルファーズカーとしても特筆すべき性能を備えている。

(『EVEN』3月号掲載 )

*本ページに掲載の車両は現在の仕様と一部異なる箇所がございます。

ゴルフギアとしてのMAZDA CX-5の可能性

ゴルファーにとって、クルマ選びは悩ましい。
見た目の格好良さに運転する楽しさ、経済性に快適装備、そしてイザという時に4サムゴルフに対応できるパッケージも必要だろう。
こうした条件を踏まえるとクロスオーバーSUV『MAZDA CX-5』は都市生活者のゴルファーにとって理想といえるかもしれない。

都市部に住むゴルファーにとってゴルフ場と自宅への往復は高速道路走行を含む長距離移動をともなうことがほとんどだ。そんな時、カタログ燃費16.6km/L(WLTCモード)※1を誇る2.2リッターのクリーンディーゼルは、移動に掛かるコストを抑えてくれる上、505リットルのラゲッジルーム容量により、ゴルファー四人と着替え、キャディバッグを余裕のサイズとパワーで運んでくれる。前後左右に見切りが良いデザインとアイポイントの高さは、見通しが良く、狭い路地から長距離まで安全に運転できる。

都市部に住むゴルファーにとってゴルフ場と自宅への往復は高速道路走行を含む長距離移動をともなうことがほとんどだ。そんな時、カタログ燃費16.6km/L(WLTCモード)※1を誇る2.2リッターのクリーンディーゼルは、移動に掛かるコストを抑えてくれる上、505リットルのラゲッジルーム容量により、ゴルファー四人と着替え、キャディバッグを余裕のサイズとパワーで運んでくれる。前後左右に見切りが良いデザインとアイポイントの高さは、見通しが良く、狭い路地から長距離まで安全に運転できる。

   

また、欧州など海外でも高い評価を得ているマツダ独自のデザイン哲学〝魂動デザイン〞を採用しており、都市の街並みに馴染むスタイリッシュさと、SUVらしい力強さを感じさせる。日常から非日常的なアウトドアまで、あらゆるシーンに違和感なく溶け込んでくれる。
こうしたゴルフカーとしての基本性能の高さに加え、近年のマツダ車は年を重ねる毎に熟成を重ねている点も見逃せない。派手な外見的演出でなく、質的な進化を遂げる。最新のMAZDA CX-5が最高のゴルフカーと言える理由がそこにある。

また、欧州など海外でも高い評価を得ているマツダ独自のデザイン哲学〝魂動デザイン〞を採用しており、都市の街並みに馴染むスタイリッシュさと、SUVらしい力強さを感じさせる。日常から非日常的なアウトドアまで、あらゆるシーンに違和感なく溶け込んでくれる。
こうしたゴルフカーとしての基本性能の高さに加え、近年のマツダ車は年を重ねる毎に熟成を重ねている点も見逃せない。派手な外見的演出でなく、質的な進化を遂げる。最新のMAZDA CX-5が最高のゴルフカーと言える理由がそこにある。

  1. XD PROACTIVE 4WD 6EC-ATのWLTCモード燃費

行きも帰りも仲間との楽しい移動時間を共有できるクルマ

今年1月発売のニューモデルは、AWD車に「オフロード・トラクション・アシスト」を採用し、悪路における走破性を強化するなど、SUVとしての基本性能がさらに向上。
また、ステアリング裏にパドルシフトを標準装備※2するなど操る楽しさをアップさせている点もマツダらしい。
さらに、その楽しさは同乗者にも向けられているのだ。

MAZDA CX-5に初めて乗車する時、ドアを開け閉めする際の重厚な音に驚くかもしれない。これは現行型から採用された室内空間の静寂性を高めるための工夫。一般にセダンに比べて構造的にタイヤの走行音が室内に漏れやすいSUVでありながら、最新モデルは改良したシーリング材が車内に侵入するロードノイズを素早く吸収。高速走行中でもストレスを感じにくく、普段と変わらない声の大きさで前後シート間の会話が自然に弾む。

MAZDA CX-5に初めて乗車する時、ドアを開け閉めする際の重厚な音に驚くかもしれない。これは現行型から採用された室内空間の静寂性を高めるための工夫。一般にセダンに比べて構造的にタイヤの走行音が室内に漏れやすいSUVでありながら、最新モデルは改良したシーリング材が車内に侵入するロードノイズを素早く吸収。高速走行中でもストレスを感じにくく、普段と変わらない声の大きさで前後シート間の会話が自然に弾む。

   

   

さらにハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクが変化し、ドライバーの意図通りにクルマが曲がる「G-ベクタリングコントロール プラス」は、同乗者にかかるGの変化がスムーズで、後部座席の乗員がコーナリングで体が振られにくい。つまり高速道路のICを下りてからしばらく山間部を走るようなルートであっても「来季のタイガーはメジャーで勝てるかな」なんて仲間との会話が盛り上がったまま、気づいたらコースに到着、ということも。車内のコミュニケーションを円滑にする一方で、一人でコースへ向かうような場面では、手元のパドルシフトを駆使したスポーツドライビングも楽しめるのだ。

さらにハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクが変化し、ドライバーの意図通りにクルマが曲がる「G-ベクタリングコントロール プラス」は、同乗者にかかるGの変化がスムーズで、後部座席の乗員がコーナリングで体が振られにくい。つまり高速道路のICを下りてからしばらく山間部を走るようなルートであっても「来季のタイガーはメジャーで勝てるかな」なんて仲間との会話が盛り上がったまま、気づいたらコースに到着、ということも。車内のコミュニケーションを円滑にする一方で、一人でコースへ向かうような場面では、手元のパドルシフトを駆使したスポーツドライビングも楽しめるのだ。

   

   

コースへ到着したら、パワーリフトゲートを開け、バックドロップに荷物を下ろす。追加設定されたボディカラーのポリメタルグレーメタリックはマットなグレーで、名門コースのクラブハウス駐車場でもよく馴染み、それでいて存在感もあり、所有する歓びを満たしてくれるだろう。

コースへ到着したら、パワーリフトゲートを開け、バックドロップに荷物を下ろす。追加設定されたボディカラーのポリメタルグレーメタリックはマットなグレーで、名門コースのクラブハウス駐車場でもよく馴染み、それでいて存在感もあり、所有する歓びを満たしてくれるだろう。

   

   

存分に楽しんだ後の帰り道でも、MAZDA CX-5なら仲間とプレー後の感想で盛り上がれる。スマート・ブレーキ・サポート(SBS)や前方追従機能のマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)は安全性の向上と運転による疲労感を低減し、渋滞のイライラを感じにくい。後部座席の仲間が調べてくれたローカルフードを食べに寄り道したり、渋滞回避の山道をパドルシフトを駆使したスポーツ走行で楽しむなど、MAZDA CX-5なら帰り道を単なる移動から特別な時間に格上げしてくれるのだ。

存分に楽しんだ後の帰り道でも、MAZDA CX-5なら仲間とプレー後の感想で盛り上がれる。スマート・ブレーキ・サポート(SBS)や前方追従機能のマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)は安全性の向上と運転による疲労感を低減し、渋滞のイライラを感じにくい。後部座席の仲間が調べてくれたローカルフードを食べに寄り道したり、渋滞回避の山道をパドルシフトを駆使したスポーツ走行で楽しむなど、MAZDA CX-5なら帰り道を単なる移動から特別な時間に格上げしてくれるのだ。

   

   

ファッションも遊びもブランド力より実質的な価値が優先されがちな現代。
MAZDA CX-5のバランスのとれた性能と仲間と体験を共有できる効能は、ゴルファーズカーの本質をついた良作といえるだろう。

  1. 20S、25S、XDのAT車はオプション設定。

関連コンテンツ

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • JC08モードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP