CX-60の特長 CX-60の特長

EXTERIOR

居住性を確保しながら、ロングノーズ/ショートデッキによる力強く動きのある骨格の外観に仕上げました。

PERFORMANCE

マツダ初の縦置きFRプラットフォームをはじめ、エンジン、AWDシステムを新開発。
人馬一体の走りや環境性能のさらなる進化で、これまでにない“走る歓び”が実感できます。

INTERIOR/SAFETY

デザインと質感を磨き抜いた、特別感のあるインテリア。
心地よさを深めるためのこだわりや工夫が、本物を求める大人の心を満たします。

コネクティッドサービス

人とクルマ、マツダがつながり、24時間お客様のカーライフをサポートします。

詳しくはこちら

コネクティッドサービス

人とクルマ、マツダがつながり、24時間お客様のカーライフをサポートします。

詳しくはこちら

  • その他の機能・ユーティリティその他の機能・ユーティリティ

    ボーズサウンドシステム(AUDIOPILOT2+Centerpoint2)+12スピーカー

    ボーズ社との共同開発によって、音の立体感や明瞭度をより際立たせた質感高いサウンドを実現。ステレオ音源でも立体的な音像で再現するボーズ独自のサラウンドシステムCenterpoint2機能や、走行ノイズ補償システムAUDIOPILOT2も搭載しています。

    • ボーズサウンドシステム装着車は、サブトランクボックスの形状が異なります。

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー

    室内空間で音がどのように伝わり、どのように聞こえるかを検証し、人間特性に基づいてスピーカーレイアウトを突き詰めたマツダ独自のオーディオシステムです。全席でダイナミックかつクリアで広がりのあるサウンドを楽しめます。

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

  • その他の安全性能その他の安全性能

    緊急時車線維持支援[側方危険回避アシスト機能&ロードキープアシスト機能](ELK)※1※2※3

    側方危険回避アシスト機能は、車線の白線(黄線)を検知し、かつ後側方から接近する車両との衝突の可能性がある状態で車線変更を行おうとした場合、ドライバーのハンドル操作をアシストして衝突の回避を支援するシステムです。
    ロードキープアシスト機能はカメラで路肩の芝生や縁石などを検知し、路外へ逸脱する可能性があるとシステムが判断するとハンドル操作をアシストします。どちらの機能も約60km/h以上での走行中に作動します。

    • ELK:Emergency Lane Keeping

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)※3※4

    夜間走行時に先行車や対向車の状況をクルマが判断。ヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させるシステムです。

    ●グレアフリー(防眩)ハイビーム:約30km/h 以上で先行車や対向車の状況に応じてハイビームの照射範囲を自動的にコントロール

    ●ワイド配光ロービーム:約40km/h以下で車両の左右側方を広く照射

    ●ハイウェイモード:約95km/h以上でより遠方を照射

    ●マーキングライト:約20~80km/hで自車と衝突する可能性がある歩行者をヘッドランプで強調照射

    • 市街地走行時や外部の照明環境、走行スピードなどにより、機能が一部制限されます。

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)※3※4

    夜間走行時に先行車や対向車の状況をクルマが判断。ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるシステムです。

    ●ハイビーム:約30km/h 以上で走行中に、前方に先行車や対向車がいないとき

    ●ロービーム:前方に先行車や対向車のランプ類を検知したとき/街灯が並んでいるエリアや、路面の明るい街中を走行しているとき/約20km/h未満で走行しているとき

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    車線逸脱警報システム(LDWS)※2※3

    自車が車線から逸脱する可能性があることを知らせるシステムです。約60km/h以上での走行中にカメラが車線の白線(黄線)を検知。

    自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、警報によりドライバーに知らせます。

    • LDWS:Lane Departure Warning System

    (標準装備:全車)

    前側方接近車両検知(FCTA)※3※5

    交差点へ進入しているときに左右前方の死角から接近する車両を検知して、その接近状態に応じて表示を点灯させます。

    その状態で発進(約10km/h以下)すると表示が点滅。警報音とともにドライバーに危険を知らせます。

    • FCTA:Front Cross Traffic Alert

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    後側方接近車両検知(RCTA)※3※5

    駐車場などで自車が後退するときに左右後方から接近する車両を検知して、各種表示と警報音でドライバーに危険を知らせます。

    • RCTA:Rear Cross Traffic Alert

    (標準装備:全車)

    レーンキープ・アシスト・システム(LAS)※2※3

    自車が車線から逸脱する可能性があると、ハンドル操作をアシストすることにより車線からの逸脱回避を支援するシステムです。
    約60km/h 以上で走行中に車線の白線(黄線)を検知して、自車が車線から逸脱する可能性があるとシステムが判断した場合に、電動パワーステアリングを作動させてドライバーのハンドル操作をアシスト。

    同時にマルチインフォメーションディスプレイとアクティブ・ドライビング・ディスプレイの表示でドライバーに知らせます。

    (対象グレードはスペック表「主要諸元・装備」をご確認ください)

    AT 誤発進抑制制御[前進時/ 後退時]※3※6※7

    走行中(前進時:約50km/h以下、後退時:約15km/h以下)や停車時、カメラや超音波センサーが前方または後方に歩行者や車両・壁などの障害物を検知しているにも関わらず、必要以上にアクセルペダルが踏み込まれたときに、表示および警報音と同時にエンジン出力を抑制。前進時には、衝突を回避できないと判断したとき、ブレーキ制御を行うことで衝突時の被害を軽減します。

    (標準装備:全車)

    安全性能評価

    全グレードが「サポカーS・ワイド」に該当

     サポカーS

    1. 天候状況(雨・雪など)、接近車両の状況(自車に接近してこない、速度差がなく長時間並走しているなど)、道路状況(道路幅が極端に広い/狭いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
    2. 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
    3. ELK、ALH、HBC、LDWS、FCTA、RCTA、LAS、AT誤発進抑制制御は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
    4. 周囲に光源があるとき(街灯・信号機など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い・起伏が激しいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。システムを過信せず、つねに周囲の状況に注意して、必要に応じて上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)を切り替えるなど安全運転を心がけてください。
    5. 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や駐車車両の状態などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
    6. 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
    7. 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

TOPICS

TOPICS

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2023年3月31日まで)。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2023年4月30日まで)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
閉じる
    TOP