「安全もドライバーが主役です」

いつでもドライバーを見守っているから、楽しく運転ができる。
独自の安全思想をはじめ、最新のi-ACTIVSENSEやパッシブセーフティ技術が、
クルマに乗る人すべてを、確かな安心感で包みます。

乗る人すべての安心と安全、そして楽しさのために。

目前に迫った事故を避けるための被害軽減ブレーキは、今や、どんな自動車にも不可欠な安全技術になりました。しかしマツダは、それだけで満足はしません。危険な状況になってからそれに対処するのではなく、事故や危険につながる、もっともっと前の段階から、安全について考え、設計する。先進安全技術のみならず、ドライビングポジション、情報レイアウトや視界などの運転環境、そして走行性能も、その考えに基づいて造り込んでいます。すべては、ドライバーが安心して運転できるように。クルマに乗る人全員が、「走る歓び」を思う存分満喫できるように。それが“MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)”。マツダの安全に対する独自の考え方です。

先進の安全技術がドライバーの危険認知をサポート

すべてのグレードが先進安全技術を標準装備し、
「サポカーS・ワイド」に該当。

標準装備の先進安全技術一覧はこちら

ドライバーのミスから生じる危険を抑える、先進安全技術。

ペダルの誤操作による急発進を抑制するAT誤発進抑制制御や、自転車の検知が可能となったスマート・ブレーキ・サポート(SBS)などで、目前に迫った事故の回避や被害の軽減をサポートします。

走行時の安全をサポートについて詳しく

ドライバーのミスから生じる危険を抑える、先進安全技術。

ペダルの誤操作による急発進を抑制するAT誤発進抑制制御や、自転車の検知が可能となったスマート・ブレーキ・サポート(SBS)などで、目前に迫った事故の回避や被害の軽減をサポートします。

走行時の安全をサポートについて詳しく

確認しづらいエリアの危険認知をサポートする、先進機能。

左右後方に接近した車両を検知して、ドライバーに危険を知らせる後側方接近車両検知(RCTA)や、車両周辺の確認を支援する360°ビュー・モニターなどで安全運転をサポートします。

発進・後進時の安全をサポートについて詳しく

確認しづらいエリアの危険認知をサポートする、先進機能。

左右後方に接近した車両を検知して、ドライバーに危険を知らせる後側方接近車両検知(RCTA)や、車両周辺の確認を支援する360°ビュー・モニターなどで安全運転をサポートします。

発進・後進時の安全をサポートについて詳しく

夜間の視認性を高め、安全運転をサポートする機能。

夜間走行時にヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させるアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)や、ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)など、先進技術で夜間の運転をサポートします。

夜間の安全運転をサポートについて詳しく

夜間の視認性を高め、安全運転をサポートする機能。

夜間走行時にヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させるアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)や、ハイビーム・ロービームを自動的に切り替えるハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)など、先進技術で夜間の運転をサポートします。

夜間の安全運転をサポートについて詳しく

ドライバーに、いち早く危険な状況を気づかせる安全技術。

見えない位置からのクルマの接近を知らせる前側方車両検知(FCTA)や、 ハンドル操作をアシストし車線からの逸脱回避を支援するレーン・キープ・アシストシステム(LAS)など、多くの先進安全技術が、ドライバーに危険を認知させ、安全運転をサポートします。

ドライバーに危険認知を促進について詳しく

ドライバーに、いち早く危険な状況を気づかせる安全技術。

見えない位置からのクルマの接近を知らせる前側方車両検知(FCTA)や、 ハンドル操作をアシストし車線からの逸脱回避を支援するレーン・キープ・アシストシステム(LAS)など、多くの先進安全技術が、ドライバーに危険を認知させ、安全運転をサポートします。

ドライバーに危険認知を促進について詳しく

危険な状況につながる、疲労や誤操作を抑える先進技術。

ドライバーの疲労や注意力低下を検知し、休憩を促すドライバーモニタリングや、高速道路での渋滞時に疲労軽減をサポートするクルージング&トラフィック・サポート(CTS)など、運転ストレスの低減をサポートします。

走行時の運転負担を軽減について詳しく

危険な状況につながる、疲労や誤操作を抑える先進技術。

ドライバーの疲労や注意力低下を検知し、休憩を促すドライバーモニタリングや、高速道路での渋滞時に疲労軽減をサポートするクルージング&トラフィック・サポート(CTS)など、運転ストレスの低減をサポートします。

走行時の運転負担を軽減について詳しく

万一の際に、乗員や歩行者をできる限り保護するシステム。

衝撃を効率的に吸収・分散するSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)など、万一への備えを装備。
事故の際にはすべての乗員や歩行者の保護に努め、被害を軽減します。

事故衝突被害を軽減するについて詳しく

万一の際に、乗員や歩行者をできる限り保護するシステム。

衝撃を効率的に吸収・分散するSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)など、万一への備えを装備。
事故の際にはすべての乗員や歩行者の保護に努め、被害を軽減します。

事故衝突被害を軽減するについて詳しく

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2020年9月30日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

2019年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2019年1月1日~2020年2月21日
  • 申請書受付期間:2019年4月22日~2020年3月2日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2019年1月1日~4月30日の間の車両の提出期限は、2019年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2019年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。
TOP