OUR VISION

代表取締役社長兼CEO 丸本 明

マツダ株式会社

代表取締役社長兼CEO

丸本 明

サイン

今回のマツダのテーマは、「人(あなた)と共に創る」です。来年、マツダは創立100周年という大きな節目を迎えます。これからもマツダが存在し続けるために大切にしなければならないものは、人を第一に考えた「人と共に創る」マツダの独自性だと考えています。次の100年に向け、みなさまにマツダとのつながりに誇りや愛着を感じていただける会社になることを目指してまいります。

自動車産業は、CASEなどに代表される先進技術の発展により、100年に一度の変革期を迎えています。私たちマツダも、これらの先進技術やインフラを活用しながら、独自の価値を提供できる商品や技術を導入してまいります。

電動化技術では、ライフ・サイクル・アセスメントを考慮したCO2削減に向け、2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術「e-SKYACTIV」を搭載いたします。各国・地域におけるエネルギー事情、電力の発電構成、お客さまの嗜好の多様性などを踏まえたマルチソリューションを推進してまいります。
この度お披露目する電気自動車は、マルチソリューションの選択肢の一つとしてご紹介する、マツダ初の量産電気自動車です。

この「MX-30」は、お客さまに創造的な時間と空間を提供します。電気自動車であってもマツダの開発哲学である人間中心の設計思想は変わりません。内燃機関の商品と同様に、滑らかで自然な運転感覚による人馬一体感を実現しています。

マツダは、いつの時代もクルマを通じて、人生に輝きを感じていただきたいと考えています。お客さまに愛着を持って、いつまでも保有したいと思っていただける独創的な商品・技術・顧客体験の創造に挑戦し続けてまいります。

東京モーターショープレスカンファレンス

2019年10月23日、東京モーターショー2019 マツダプレスカンファレンス(記者発表会)の模様をご紹介。

TOP