CX-3と始める新たなカーライフのために。

FLOOR
MAT

〈フロアマット〉

万が一の際の安全性を考慮した
純正ならではの安心のフロアマット。

FLOOR
MAT

〈フロアマット〉

万が一の際の安全性を考慮した
純正ならではの安心のフロアマット。

  • 商品説明を見る商品説明を見る

       

    ズレを確実に防止するため、車両と共同開発したフロアマット

    マットのズレを防止する固定用クリップは従来マットと同梱で、マット装着時に販売店などで取付していました。このクリップ取付忘れによる事故を防ぎ、安全性をより高めるために車両と用品が共同でマットを開発。車両側の製造ラインでクリップを装着することで、確実にマットを固定できる環境を実現しました。

    万一を考えて、フロアマットの硬さにもこだわりを

    クリップが正しく装着されていないと、マットがズレてアクセルペダルの上に乗ってしまう可能性があります。その際、マットが硬すぎるとアクセルペダル自体の反力では戻らず、ペダルが踏み込まれたままになってしまい、重大な事故につながる危険性もあります。これを防ぐため、マットがアクセルペダルの上に乗ってしまった場合でも、ペダルの反力でアクセルOFFになるよう、マットの硬さを調整しています。

    質感と機能性を高いレベルで両立

    足の沈み込みによってドライビングフィールが低下しないよう、毛足の長さや固さ、密度を検証。足を置いたときの上質感と、ドライバーの操作感を損なわない機能性を両立しました。

    フロアマット(ラグジュアリー)消臭機能付  ¥31,020

       

   

SD-CARD
PLUS

〈SDカードプラス〉

クルマの機能を最大限に活用できる、
マツダ純正ナビゲーション。

SD-CARD
PLUS

〈SDカードプラス〉

クルマの機能を最大限に活用できる、
マツダ純正ナビゲーション。

  • 商品説明を見る商品説明を見る

       

    アクティブ・ドライビング・ディスプレイへ
    ナビゲーションガイダンス(方向と距離)を表示

    交差点などでの曲がる方向や至るまでの残距離をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。少ない視線移動で確認ができるので、わき見を防ぎ、安全運転に貢献します。Apple CarPlay/Android Auto™を使用したナビゲーションにこの機能はありません。

    ETC2.0との連携で、さらに便利で快適なドライブを

    ETC2.0車載器と同時装着することで、ETC2.0の多彩なサービスを受けることができます。渋滞や事故、規制、落下物など、リアルタイムの情報による支援によって、さらに便利で快適なドライブ環境が得られます。

    ナビゲーション用SDカードPLUS ¥49,500

       

   

NUMBER
PLATE
HOLDER
&
LOCK
BOLT

〈ナンバープレートホルダー & ロックボルト〉

愛車のナンバープレートを保護しながら、
デザイン性も高めるマストアイテムです。

NUMBER
PLATE
HOLDER
&
LOCK
BOLT

〈ナンバープレートホルダー & ロックボルト〉

愛車のナンバープレートを保護しながら、
デザイン性も高めるマストアイテムです。

  • 商品説明を見る商品説明を見る

       

    愛車との一体感を目指し、シンプルかつスタイリッシュにデザインした新世代のナンバープレートホルダー。フレーム幅を極限まで詰めた、上質で精緻なデザインです。アメリカに本社を置くセキュリティ製品メーカー、マックガード社のナンバープレートロックボルトをセットにしたパッケージ。

    いたずらや盗難を防ぎ、無粋なボルトをクールに演出

    ナンバープレートロックボルトは、ハンマーや工具による破壊にも耐える、米軍やNASAでも使われるセキュリティボルトと同等品質・耐久性を誇ります。

    ナンバープレートホルダー(ブラック/フロント・リア2枚分) ¥6,600

    ナンバープレートロックボルト ¥3,300

       

   

ETC 2.0

近年増加している専用サービスに
対応するこれからのスタンダードETC。

ETC 2.0

近年増加している専用サービスに
対応するこれからのスタンダードETC。

  • 商品説明を見る商品説明を見る

       

    ※写真はイメージです。当該車両とは異なります。

    ※写真はイメージです。当該車両とは異なります。

    通常のETC機能は自動料金収受のみですが、ETC2.0は高速道路での安全運転支援、渋滞回避支援、災害時の支援、ETC2.0限定割引、道の駅への一時退出などの運転サービスで、便利で快適なドライブをサポートします。

    ※ETCの固有サービスを利用するためには、ナビゲーション用SDカードアドバンスとの同時装着が必要です。

    カードの出し入れも簡単。サンバイザーの後ろにETC車載器をスマートに収納。

    サンバイザーの後ろに隠れるように車載器を収納。1プッシュで車載器が斜めに下がり、ETCカードの出し入れがカンタンにできます。

    純正ならではの高い品質

    マツダ純正ETC2.0は、車種別に専用開発・評価を行い、安心してお使いいただける高い品質を確保しています。今後予定されている国土交通省のセキュリティ規格の変更にも対応しています。

    [デンソー]スマートインETC2.0<ナビゲーション連動タイプ>  ¥61,056

    [デンソー]スマートインETC<ナビゲーション連動なし>  ¥31,209

    [三菱電機]スマートインETC ¥30,266

       

   

STARTER PACKAGE ITEMS

 

   

STARTER PACKAGE (スターターパッケージ) 合計価格 ¥151,476 ※単品での購入も可能です。

フロアマット・ナビゲーション用SDカード・ナンバープレートホルダー(2枚)・ETC2.0車載器(光ビーコン付)・ナンバープレートロックボルトセット

OTHER RECOMMENDATION

あなたのライフスタイルにもっと寄り添う、プラスワンアイテム。

   

※表示価格は、取付費および消費税込価格です。

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。
  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
  • 自動車税(環境性能割)は、新車登録時の環境性能に応じて自家用登録車は、非課税または1%~3%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2021年3月31日までに新車登録する場合、自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車登録時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車登録の翌年度に自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車登録車が対象)が受けられます。
  • 車種、グレード、搭載オプション等によって減税率が変動する場合がございます。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

令和2年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について

  • 申請対象となる車両の初度登録期間:2020年2月22日~2021年2月19日(令和3年度の情報につきましては、詳細がわかり次第ご案内します。)
  • 申請書受付期間:2020年4月27日~2021年3月1日(必着)
  • 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:
    1. 初度登録日が2020年2月22日~4月30日の車両の提出期限は、2020年6月30日まで(消印有効)。
    2. 初度登録日が2020年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。
  • 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
  • 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
  • 詳しくはお近くの販売会社にお尋ねいただくか、次世代自動車振興センターのホームページにてご確認ください。
TOP