サポカーS・ワイド

安全運転サポート車(サポカーS・ワイド)に該当

経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進している、高齢者を含む運転者を先進安全技術で支援し交通事故防止を図る「安全運転サポート車(サポカーS・ワイド)」に該当しています。サポカーS・ワイドは、被害軽減ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載した車です。

該当グレード:全車

サポカーの区分

安全運転サポート車の区分機能
セーフティ・サポートカーS
(略称:サポカーS)

ワイドワイド

被害軽減ブレーキ(対歩行者)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
車線逸脱警報※2
先進ライト※3

ベーシック+ベーシック+

被害軽減ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1

ベーシックベーシック

低速被害軽減ブレーキ(対車両)※4
ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
セーフティ・サポートカー
(略称:サポカー)

サポカー

被害軽減ブレーキ

   

   

サポカーS  国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」に該当するための技術。

全方位モニター用カメラ(フロント/サイド左右/バック)※5※6※7※8

クルマの前後左右に4つのカメラを設置。全方位モニター対応ナビゲーション(ショップオプション)を装着すれば、クルマを真上から見たような映像などを映し出す「全方位モニター」に。見通しの悪い場所で人などが近づいてくるとお知らせする「左右確認サポート機能」も前後に装備。

(標準装備:HYBRID XT)
(メーカーセットオプション:HYBRID XS)

左右確認サポート機能

見通しの悪い路地から出るときや駐車スペースからバックで出るときなど、運転席から見えにくい状況での左右確認をサポートします。

前方左右確認サポート機能作動イメージ図

後方左右確認サポート機能作動イメージ図

フロントビュー自動表示機能(切り返し時)

シフトレバーをバックからドライブに切り替えた際、フロントビューに自動で切り替わります。手動で切り替える必要がなく、スムーズな駐車をサポートします。

シフトR→シフトD

3Dビュー

クルマの周囲360°を立体的に表示。クルマを斜め上から見たような「室外視点」と、運転席から車体を透かして見たような「室内視点」を切り替えて表示します。

3Dビュー

  • 前方/後方映像はシフトをRに入れると後方映像に。P、R以外のシフト位置では前方映像となります。
  • 全方位モニター用カメラパッケージ装着車は、全方位モニター対応ナビゲーションの装着を前提とした仕様です。工場出荷時はナビゲーションスペースにカバーが装着されています。
  • 全方位モニター対応ナビゲーションの詳細はアクセサリーカタログをご覧ください。
  • 字光式ナンバープレートを装着した場合、全方位モニターの映像が一部遮られることがあります。

誤発進抑制機能[前進時]※9※10※11※12※13サポカーS

前方に壁などがある駐車場などで、シフトをD・M・L(Sモード含む)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速による衝突回避に貢献します。

(標準装備:全車)

  • ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

前方に壁などがある駐車場などで、シフトをD・M・L(Sモード含む)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速による衝突回避に貢献します。

(標準装備:全車)

  • ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

後退時ブレーキサポート※9※10※11※12※14

リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で接近をお知らせ。後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動(衝突被害軽減)ブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

(標準装備:全車)

  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により後退しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で接近をお知らせ。後方の障害物との衝突の可能性が高まると自動(衝突被害軽減)ブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

(標準装備:全車)

  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により後退しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

誤発進抑制機能[後退時]※9※10※11※12※15

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

(標準装備:全車)

後方に障害物があるにも関わらずシフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。うっかり誤操作による衝突回避に貢献します。

(標準装備:全車)

先行車発進お知らせ機能※9※12※16

停車中、前のクルマが発進して約4m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

(標準装備:全車)

停車中、前のクルマが発進して約4m以上離れても停車し続けた場合、ブザー音やメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

(標準装備:全車)

デュアルカメラブレーキサポート※9※10※11※12※17サポカーS

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあれば音や表示によって警告します。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。その間ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると、自動(衝突被害軽減)ブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

(標準装備:全車)

  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前にすべての乗員が適切にシートベルトを着用していることを確認してください。
  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあれば音や表示によって警告します。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。その間ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると、自動(衝突被害軽減)ブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

(標準装備:全車)

  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前にすべての乗員が適切にシートベルトを着用していることを確認してください。
  • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

標識認識機能(進入禁止/はみだし通行禁止/最高速度/一時停止)※9※12※18(標準装備:全車)

走行中に、ステレオカメラが認識した“最高速度”、“はみ出し通行禁止”の標識を標識通過後にメーター内に表示し、ドライバーにお知らせします。

最高速度/はみ出し通行禁止作動イメージ図

走行中に、ステレオカメラが認識した“一時停止”、“車両進入禁止”の標識を標識通過前にメーター内に表示し、ドライバーにお知らせします。

一時停止/車両進入禁止作動イメージ図

認識する標識

車線逸脱抑制機能※9※12※19

機能をONの状態で走行中、カメラが左右の区画線を検知。車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断した場合に、ドライバーに車線逸脱防止方向へのステアリング操作を促し、車両を車線の内側に戻すように支援をします。

(標準装備:HYBRID XT)

  • 車線逸脱抑制機能はドライバーがステアリング操作をしている間のみ作動します。
  • ドライバーの緊急操舵時は、ドライバーの操舵を妨げません。
  • ウインカーが出ている間は、車線変更の意図があると判断し、車線逸脱抑制機能を一旦停止します。

機能をONの状態で走行中、カメラが左右の区画線を検知。車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断した場合に、ドライバーに車線逸脱防止方向へのステアリング操作を促し、車両を車線の内側に戻すように支援をします。

(標準装備:HYBRID XT)

  • 車線逸脱抑制機能はドライバーがステアリング操作をしている間のみ作動します。
  • ドライバーの緊急操舵時は、ドライバーの操舵を妨げません。
  • ウインカーが出ている間は、車線変更の意図があると判断し、車線逸脱抑制機能を一旦停止します。

車線逸脱警報機能※9※12※20サポカーS

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

(標準装備:全車)

走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

(標準装備:全車)

ふらつき警報機能※9※12※21サポカーS

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

(標準装備:全車)

走行中に左右の区画線を検知して、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行するなど、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促します。

(標準装備:全車)

ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム[横滑り防止機構](DSC)&トラクション・コントロール・システム(TCS)

さまざまなセンサーによって走りを監視し、必要に応じてエンジンとブレーキをコンピューター制御。カーブなどでのタイヤのスリップや横滑り、急ブレーキ時のタイヤロックなどを抑え、車両の安定走行に貢献します。

(標準装備:全車)

  • エンジントルク低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行状況により変化します。DSC&TCSはあくまでも安定走行を補助する装置です。タイヤと路面間のグリップの限界を超えてスリップや横滑りを起こした場合はDSC&TCSが作動したとしても、その効果は期待できません。

4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)&電子制御制動力配分システム(EBD)、ブレーキアシスト

滑りやすい路面での急ブレーキ時には、4W-ABSが作動。タイヤのロックを防ぎ、車体を安定させて、ハンドル操作で障害物を回避できるようにサポートします。さらに、ブレーキ踏力を補助するブレーキアシストや最適な制動力を前後に自動配分するEBDを装備。さらなる安全性に貢献しています。

(標準装備:全車)

  • 4W-ABS&EBDはあくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。4W-ABS&EBD非装着車と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要です。安全運転を心がけてください。

ヒルホールドコントロール

坂道での発進時には、クルマが後ろに下がらないように、ブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える瞬間、一時的にブレーキが作動(最長約2秒間)。落ち着いて発進ができます。

(標準装備:全車)

エマージェンシーストップシグナル

約55km/h以上で走行中に急ブレーキを検知すると、ハザードランプが自動で高速点滅。後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

(標準装備:全車)

運転席/助手席シートベルトウォーニング

シートベルトを装着せずに発進すると、警告音で装着を促します。

(標準装備:全車)

  • 助手席に荷物などを載せると、荷物の重さや形状によってはシートベルトウォーニングが作動して、警告音とメーター内の警告ランプが点灯する場合があります。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]※9※12※22

ステアリングのACCスイッチを操作すると、ステレオカメラで先行車との距離を測定。設定した車間距離を適切に保ちながら加速・減速、さらに停止まで自動追従します。高速道路での長距離運転や渋滞走行時の発進・停止を頻繁に繰り返す状況などで、運転操作の負担を軽減します。

(標準装備:HYBRID XT)

例:100km/hに設定した場合
  • 追従走行は、約40km/h未満でも作動し、停止まで継続します。
  • 追従走行中の先行車が停止すると自車も停止し、その後約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、必ずブレーキペダルを踏んでください。
  • 道路状況および天候状況等によっては、ご使用になれない場合があります。また、ACCの制御には限界があります。装置を過信せず、常に安全運転に努めてください。
  • イラストは高速道路や自動車専用道路での走行例です。

ハイビームアシスト機能※9※12※23サポカーS

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

(標準装備:全車)

ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

(標準装備:全車)

オートライトシステム

走行中、周囲の明るさや暗さに応じて、ヘッドランプなどを自動で点灯/消灯します。

(標準装備:全車)

ライト自動消灯システム

エンジンを切って運転席ドアを開けると自動でヘッドランプを消灯します。

(標準装備:全車)

歩行者傷害軽減ボディ

万一の衝突時でも、歩行者の頭部、脚部へのダメージを軽減します。

(標準装備:全車)

  1. 衝撃吸収フロントバンパー構造
  2. 衝撃吸収フードパネル構造
  3. 衝撃吸収フェンダー構造
  4. 衝撃吸収フードヒンジ構造
  5. 衝撃吸収ワイパー構造
  6. 衝撃吸収カウルトップ構造
  7. 衝撃吸収ルーフ構造

万一の衝突時でも、歩行者の頭部、脚部へのダメージを軽減します。

(標準装備:全車)

  1. 衝撃吸収フロントバンパー構造
  2. 衝撃吸収フードパネル構造
  3. 衝撃吸収フェンダー構造
  4. 衝撃吸収フードヒンジ構造
  5. 衝撃吸収ワイパー構造
  6. 衝撃吸収カウルトップ構造
  7. 衝撃吸収ルーフ構造

SRS※24エアバッグシステム 運転席&助手席、カーテン&フロントサイド

運転席・助手席SRSエアバッグに加えて、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車標準装備しています。

(標準装備:全車)

運転席・助手席SRSエアバッグに加えて、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車標準装備しています。

(標準装備:全車)

軽量衝撃吸収ボディ

ボディ広範囲に使用された高張力鋼板に加え、より強度の高い超高張力鋼板も採用し、安全性を追求しています。クラッシャブル構造や、衝撃を分散する骨格構造、高強度なキャビン構造などを採用し、高い衝突安全性能を実現しています。

(標準装備:全車)

頭部衝撃軽減構造インテリア

万一の接触時に乗員の頭部へのダメージを軽減する頭部衝撃軽減構造インテリアを採用しています。

(標準装備:全車)

頸部衝撃緩和フロントシート

後方から低速で追突された際に、シートバックとヘッドレストがカラダ全体を包みこむように受け止め、頸部への衝撃を緩和します。

(標準装備:全車)

シートベルト フロントシート プリテンショナー&可変ロードリミッター機構付ELR3点式×2、リアシート ELR3点式×2

前席のシートベルトには、ベルトを瞬時に引き込むプリテンショナー機構や、胸部への衝撃をやわらげる可変ロードリミッター機構を装備。万一の際の安全性を高めています。

(標準装備:全車)

リアシート ISOFIX※25対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジ&トップテザーアンカレッジ

お子さまを安心して乗せられるよう、ISOFIX対応チャイルドシート固定ロアアンカレッジに加え、チャイルドシート上端を固定するためのトップテザーアンカレッジを標準装備しています。

(標準装備:全車)

  • ISOFIX対応チャイルドシートの本車両への適合性について、詳しくは、車両付属の取扱書をお読みいただくか、営業スタッフにおたずねください。
  • チャイルドシートを取付ける際は、車両およびチャイルドシート付属の取扱書をお読みください。

イモビライザー(国土交通省認可品)

(標準装備:全車)

セキュリティアラームシステム

(標準装備:全車)

  • システム作動はリクエストスイッチ、アドバンストキーレスエントリーでの施錠によって開始します。
  • 車両には盗難警報装着車ステッカーが貼付されています。
  • セキュリティアラームシステムは、作動しない状態に設定することができます。

詳しくは営業スタッフにおたずねください。

  1. マニュアル車は除く。
  2. 車線維持支援装置でも可。
  3. 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯をいう。
  4. 作動速度域が時速30km以下のもの。
  5. 全方位モニターはドライバーの駐車等を補助するものであり、あらゆる状況で自車の周辺環境を映し出すものではありません。またカメラの位置より上にある物体は映像で見ることができません。そのほかバンパーによる死角や、トップ映像にはカメラ映像間のズレによる死角があります。
  6. システムの能力には限りがありますので、ドライバーは天候や路面状況にあわせた運転、周辺の車両・歩行者の確認、的確な運転操作など安全運転に努めてください。
  7. 左右確認サポート機能は、すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときはこの機能に頼らず、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
  8. 〈作動条件〉左右確認サポート機能:自車が発進前/後退前に停止しているとき、または微低速で前進/後退しているとき。
  9. 状況によっては正常に作動しない場合があります。
  10. 対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。
  11. ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。
  12. ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
  13. 〈作動条件〉シフトがD・M・L(Sモード含む)の位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。
  14. 〈作動条件〉約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知し、システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合。
  15. 〈作動条件〉停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。
  16. シフトがD・N・M・L(Sモード含む)の位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進して4m以上離れた場合。
  17. 〈作動条件〉自車速度約5km/h~約100km/hで走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h~約50km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h~約30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動(衝突被害軽減)ブレーキが作動する場合があります。
  18. 〈作動条件〉走行中にステレオカメラが最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止、補助標識「終わり」の標識を認識した場合。
  19. 機能をONの状態で約65km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。システムが車線を逸脱すると判断した場合。
  20. 約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。システムが車線をはみ出すと判断した場合。
  21. 約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。システムが「ふらつき」と判断した場合。
  22. 〈作動条件〉先行車を検知せず約40km/h以上、または先行車を検知して約1km/h以上で走行中にシステムをONにした場合。
  23. 約30km/h以上で走行中、スイッチレバーのつまみを「AUTO」の位置にし、ヘッドランプが点灯した状態でレバーを車の前方向に押し、ハイビームにしているとき。
  24. SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)運転席&助手席エアバッグは横方向や後方からの衝撃、横転および転覆した場合や正面からの衝撃が小さい場合には作動しません。カーテン&フロントサイドエアバッグは横方向からの衝撃を感知した場合、感知した側が作動しますが、正面や後方からの衝突時や衝撃が小さい場合には作動しません。すべてのSRSエアバッグはシートベルトをしたうえでの補助拘束装置です。シートベルトは必ず装着してください。
  25. 国際標準化機構(ISO)が定めたチャイルドシート固定装置に関する規格。

●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

  • 消費税率10%に基づく価格を表示しています。価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 一部グレードおよび一部仕様によっては、ご希望に沿えない場合がございます。詳しくは販売会社へお問合せください。
  • 軽自動車税(環境性能割)は、新車届出時の環境性能に応じて自家用届出車は、非課税または1%~2%課税されます(2021年3月31日まで)。ただし、2021年3月31日までに新車届出する場合、軽自動車税(環境性能割)の税率が1%軽減されます。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)は、新車届出時に重量税の軽減措置(2021年4月30日まで)が受けられます。グリーン化特例は、新車届出の翌年度に軽自動車税(種別割)の軽減措置(2021年3月31日までの新車届出車が対象)が受けられます。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
TOP