MAZDA

マツダ ロードスター(ND)発売記念
Be a driver. CELEBRATION

2015年5月20日、ベルサール東京日本橋に、マツダ ロードスター(ND)をはじめとする新世代全6車種が一堂に結集。約300名のファンを招待し、各車種の開発主査やチーフデザイナー全員が参加した、マツダ史上例を見ない一大セレブレイションとなった。ファンとメーカーが一体となり『走る歓び』を語り合う……マツダ ロードスター(ND)発売前夜にふさわしい、最高の盛り上がりを見せた。

はじめてのマツダ車で夢を叶えることができた

年齢40歳 / 所有車:BMW
山崎さん

はじめてのマツダ車で夢を叶えることができた

どんなスポーツカーやスーパーカーと並んでも、ロードスター(ND)の主張は負けていない。

BMWの3シリーズに乗っているのですが、ロードスター(ND)に乗り換えることに決めました。
決め手はやはり、デザインです。
格好いいデザインが好きなのですが、高級車やスポーツカーは高額だったので、夢で終わっていたんです。
それを今回、購入できる価格で提供してもらえた。
今回のロードスターは、どこのスポーツカーやスーパーカーと並んでも、主張が負けないし、先進感があります。また、スカイアクティブ搭載により、走りも想像を遥かに超えていました。

どんなスポーツカーやスーパーカーと並んでも、ロードスター(ND)の主張は負けていない。

BMWの3シリーズに乗っているのですが、ロードスター(ND)に乗り換えることに決めました。
決め手はやはり、デザインです。
格好いいデザインが好きなのですが、高級車やスポーツカーは高額だったので、夢で終わっていたんです。
それを今回、購入できる価格で提供してもらえた。
今回のロードスターは、どこのスポーツカーやスーパーカーと並んでも、主張が負けないし、先進感があります。また、スカイアクティブ搭載により、走りも想像を遥かに超えていました。

オーナーとメーカーの垣根をつくらない。
マツダの良さは、そこから生まれている。

今回は、主査やデザイナーの方にお会いしたくて申込みました。お二人共熱い方なので、お話ができて本当に来てよかったと思いました。
マツダさんはオーナーとメーカーの垣根をつくらないメーカーなので、そこがすごくいい。
また、他のメーカーは、車種ごとにテーマはあるのですが、メーカーのカラーというのは、マツダ(魂動デザイン)以外にないと思います。
そのような先進性を育て続けて、その上で「走る歓び」だけは、堅持してほしいと思います。

関連情報

TOP