MAZDA

MAZDA FAN TOHOKU MEETING 2015

2015年4月、2,500名を超えるマツダファンがスポーツランドSUGOに集まりました。
オーナーのみなさまのマツダ車はもちろん、新旧のレーシングカーまで歴代のマツダ車が一同に集結し、体験試乗会も開催されました。
このイベントは、東日本大震災の被災地である東北に一人でも多くの方に関心を持っていただき、復興への道のりを感じていただくことも大きな趣旨となっています。

ブランドは「人」がつくるもの、
つくり手とお客さまの繋がりを築きたい

東北マツダスタッフ
加藤 雅人

セールススタッフ  加藤 雅人ブランドは「人」がつくるもの、つくり手とお客さまの繋がりを築きたい

お客さまにクルマをお届けする立場としての想い

クルマには、つくり手の想いと努力、マツダの歴史がつまっています。資料を読みこむだけでは理解しきれないことがたくさんあります。つくり手と同じ熱意をもち、乗る人を想う気持ちによって生まれた技術をしっかりとお客さまに伝えていきたいと思います。
今日の体験試乗会で開発陣と一緒にお客さまと交流することで、そのことを改めて強く感じました。

お客さまにクルマをお届けする立場としての想い

クルマには、つくり手の想いと努力、マツダの歴史がつまっています。資料を読みこむだけでは理解しきれないことがたくさんあります。つくり手と同じ熱意をもち、乗る人を想う気持ちによって生まれた技術をしっかりとお客さまに伝えていきたいと思います。
今日の体験試乗会で開発陣と一緒にお客さまと交流することで、そのことを改めて強く感じました。

マツダブランドを作り上げるひとつひとつを大切にしたい

今日のようなイベントでファンの方々と交流することや、クルマづくりの根底となる“Be a driver.”や“人馬一体”の思想を理解し伝えていくことなど、
それらひとつひとつがマツダを作り上げていくのだと思います。
マツダブランドは「人」がつくるものだと思っています。
そのことを常に意識してこれからもクルマとお客さまと向き合っていきたいです。

マツダブランドを作り上げるひとつひとつを大切にしたい

今日のようなイベントでファンの方々と交流することや、クルマづくりの根底となる“Be a driver.”や“人馬一体”の思想を理解し伝えていくことなど、
それらひとつひとつがマツダを作り上げていくのだと思います。
マツダブランドは「人」がつくるものだと思っています。
そのことを常に意識してこれからもクルマとお客さまと向き合っていきたいです。

関連情報

TOP