MAZDA

人馬一体アカデミー

意のままに操れる信頼関係があるから、大切な人を乗せて走ることができる。操る楽しさから、どこまでも走りたくなる「走る歓び」を感じる。
そうすることで、クルマは大切な相棒となる。これらの体験を繰り返すことで、自然と笑顔が生まれ、充実感に満ちた生活を手に入れることができるはずだとマツダは考えています。
そんな想いをお伝えするために開催された「人馬一体アカデミー」には、たくさんの皆様にご参加いただくことができました。

マツダはクルマに対して真摯に向き合っている

所有車:スイフト
会社員/静岡県

正しいドライビングポジションは安全のためにも必要

人馬一体アカデミーに参加して、いかがでしたか?

実際に開発をしているプロの方から直接話しを聞けるという貴重な機会なので、この人馬一体アカデミーに参加しました。
こういうイベントでは、ただクルマを展示してあるだけということが多いのですが、マツダはメーカーとしての考え方をしっかりユーザーへ伝えようとする。
そういう姿勢を見ると、本当にクルマに対して真摯に向き合っているんだなと実感しますね。
せっかく良いクルマができても、ドライバーが正しいドライビングポジションを取らなかったら、すべて台無し。
ステアリングやアクセルペダルにしても、どこか1ヵ所でもおかしいと違和感が生じる。
そういう意味でマツダは、“クルマと人との関係”を何よりも大事にしている。
それを再確認できました。
新型デミオも厳しいスペースの制約があるはずなのに、クルマと人との関係を徹底されているので、小さくてもしっかりとしたドライビングポジションを取れるよう設計されていますよね。

人馬一体アカデミーに参加して、いかがでしたか?

実際に開発をしているプロの方から直接話しを聞けるという貴重な機会なので、この人馬一体アカデミーに参加しました。
こういうイベントでは、ただクルマを展示してあるだけということが多いのですが、マツダはメーカーとしての考え方をしっかりユーザーへ伝えようとする。
そういう姿勢を見ると、本当にクルマに対して真摯に向き合っているんだなと実感しますね。
せっかく良いクルマができても、ドライバーが正しいドライビングポジションを取らなかったら、すべて台無し。
ステアリングやアクセルペダルにしても、どこか1ヵ所でもおかしいと違和感が生じる。
そういう意味でマツダは、“クルマと人との関係”を何よりも大事にしている。
それを再確認できました。
新型デミオも厳しいスペースの制約があるはずなのに、クルマと人との関係を徹底されているので、小さくてもしっかりとしたドライビングポジションを取れるよう設計されていますよね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

例えば「クルマの何が楽しいですか?」と聞かれた時に、私のような素人ドライバーが「サーキットを何秒で走ります」とは言えませんよね。
もちろん公道ではそんな運転はできないし。
でも街中や峠を普通に走る中で、自分が操作したとおりにクルマが走ってくれる。
自分の期待したとおりにクルマが反応してくれるとやっぱり楽しいですよね。私は、それが“人馬一体”ということだと思いますね。
そういう相棒のようなクルマだと愛着もわくし、大事にしようという気持ちが芽生えます。
たとえファミリーカーのようなクルマでも、やはりドライバーが一番尊重されるべきだと思っていて、マツダはドライバーとクルマが人馬一体となるよう妥協なくクルマを造っているような気がします。
走りにしろデザインにしろ、それこそドライビングポジションにしろ、ドライバーがストレスなく楽しく運転できるように考える。
今、欲しいと思えるクルマはマツダしかないんじゃないかと思いますね。

マツダの思想や最近のマツダについてどう思いますか?

例えば「クルマの何が楽しいですか?」と聞かれた時に、私のような素人ドライバーが「サーキットを何秒で走ります」とは言えませんよね。
もちろん公道ではそんな運転はできないし。
でも街中や峠を普通に走る中で、自分が操作したとおりにクルマが走ってくれる。
自分の期待したとおりにクルマが反応してくれるとやっぱり楽しいですよね。私は、それが“人馬一体”ということだと思いますね。
そういう相棒のようなクルマだと愛着もわくし、大事にしようという気持ちが芽生えます。
たとえファミリーカーのようなクルマでも、やはりドライバーが一番尊重されるべきだと思っていて、マツダはドライバーとクルマが人馬一体となるよう妥協なくクルマを造っているような気がします。
走りにしろデザインにしろ、それこそドライビングポジションにしろ、ドライバーがストレスなく楽しく運転できるように考える。
今、欲しいと思えるクルマはマツダしかないんじゃないかと思いますね。

関連情報

TOP