MAZDA

Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー

「Be a driver. マツダ・ドライビング・アカデミー」は、車を意のままに気持ちよく操るとともに、
安全に走るための理論と技術を身に付ける体験&トレーニングです。
全国各地で開催しており、マツダ車にお乗りのお客さまに参加いただいています。
日常では正しく身に付けられない「走る・曲がる・止まる」の基礎訓練を通じて、
運転技量や安全運転の意識向上に役立ていただくことを目的に、ニーズやレベルに応じたカリキュラムを用意しています。
講師は、専門のインストラクターやプロのドライバーに加えてマツダの開発スタッフや人馬一体インストラクターも参加させていただいています。
アカデミーでは、基礎的な座学と実技の他、マツダのクルマづくりのこだわりやクルマと人馬一体となるポイントを紹介する講座も。
ドライビングを基礎から学ぶ 「ベーシッククラス」 と、ベーシッククラスを受講されてステップアップしたい方や
スポーツドライビング経験者向けの「アドバンスクラス」の2クラスが設定されています。

インターネットや雑誌にはない、現場のストーリーや想いを届けたい

技術本部生産企画
山室利尚

インターネットや雑誌にはない、現場のストーリーや想いを届けたい

マツダの最新技術を生み出す、つくり手の想いを知っていただきたい

モノ造り講座とモノ造り展示にて、人馬一体に基づいた「魂動(こどう)」デザインやコンセプトカラーの「ソウルレッド」、クルマづくりのこだわりや理念などマツダの最新技術について解説いたしました。皆さん熱心に聞いてくださり、様々な質問も受け説明にも力が入りました。
とても詳しい方も多くどうしてそこまで知ってるんですかと感心してしまうこともありました。
皆さん走りを楽しみながらモノ造りにも興味を持っていただけて嬉しいです。
生産現場にはインターネットや雑誌でフォーカスされていないストーリーがまだまだあります。
現場にあるモノ造りのこだわりや熱い想いをこういった場で直接お客さまに伝え、実際のパーツなどに触れて感じていただきたいです。
つくり手の想いを知っていただくことで愛車への愛着が増し、更に大切に乗っていただけたらと思っています。

マツダの最新技術を生み出す、つくり手の想いを知っていただきたい

モノ造り講座とモノ造り展示にて、人馬一体に基づいた「魂動(こどう)」デザインやコンセプトカラーの「ソウルレッド」、クルマづくりのこだわりや理念などマツダの最新技術について解説いたしました。皆さん熱心に聞いてくださり、様々な質問も受け説明にも力が入りました。
とても詳しい方も多くどうしてそこまで知ってるんですかと感心してしまうこともありました。
皆さん走りを楽しみながらモノ造りにも興味を持っていただけて嬉しいです。
生産現場にはインターネットや雑誌でフォーカスされていないストーリーがまだまだあります。
現場にあるモノ造りのこだわりや熱い想いをこういった場で直接お客さまに伝え、実際のパーツなどに触れて感じていただきたいです。
つくり手の想いを知っていただくことで愛車への愛着が増し、更に大切に乗っていただけたらと思っています。

変わり始めたマツダのモノ造り現場

生産現場の人間は今までお客さまと直接関わることがほとんどありませんでした。
業務上、関わるのは工場や社内の人間だけだったんです。
でも、それではだめだと。
お客さまと直接触れ合いお客さまを知り、マツダを選んでくださる皆さんのために自分たちがすべきことは何なのかを考える。

変わり始めたマツダのモノ造り現場

生産現場の人間は今までお客さまと直接関わることがほとんどありませんでした。
業務上、関わるのは工場や社内の人間だけだったんです。
でも、それではだめだと。
お客さまと直接触れ合いお客さまを知り、マツダを選んでくださる皆さんのために自分たちがすべきことは何なのかを考える。

そういった個々の意識がモノ造りの現場にも必要であると、考えや意識が変わってきています。
お客さまの生の反応はとても勉強になり、仕事へのモチベーションが上がります。
こういった場でお客さまと関われることに本当に感謝しています。

そういった個々の意識がモノ造りの現場にも必要であると、考えや意識が変わってきています。
お客さまの生の反応はとても勉強になり、仕事へのモチベーションが上がります。
こういった場でお客さまと関われることに本当に感謝しています。

これからこのドライビングアカデミーやそのほかの参加型イベントなどに現場の人間もできるだけ参加できるようにしていきたいですね。
ぜひ多くのお客さまにイベントに足を運んでいただき、クルマについて語り合えたらと思います。

これからこのドライビングアカデミーやそのほかの参加型イベントなどに現場の人間もできるだけ参加できるようにしていきたいですね。
ぜひ多くのお客さまにイベントに足を運んでいただき、クルマについて語り合えたらと思います。

関連情報

TOP