MAZDA

ロードスターを作った開発パートナーたち

ロードスターをつくること。それはお客様の笑顔をつくるということ。

ロードスター 開発副主査 高松 仁

クルマとの会話を楽しみながら走る。それが私たちの考える“スポーツ”です。

ロードスターにはさまざまなお客様がいて、それぞれ違った世界観をもっています。それらのお客様の期待に応え、たくさんの笑顔を届けたい。つねにそう考えています。
そのポテンシャルがロードスターにはあると信じていますし、そのために独自の世界観を磨き続けています。
ロードスターはマツダ車ですし、スポーツカーです。だから大切にしているのは、“人馬一体”の感覚。自分の意志をもって操作をすれば、それに素直に応えてくれる。操作を重ねるうちに感覚も研ぎ澄まされていく。

つまり、そこには「スポーツ」がある。ドライバーが自身の成長を実感できる瞬間がロードスターには用意されているのです。
こうやったらこう動く、こうしたら思い通り素直に走れた。まさしくクルマとの会話です。
そんな運転する楽しさが、お客様の笑顔につながると考えています。

ロードスターにはさまざまなお客様がいて、それぞれ違った世界観をもっています。それらのお客様の期待に応え、たくさんの笑顔を届けたい。つねにそう考えています。
そのポテンシャルがロードスターにはあると信じていますし、そのために独自の世界観を磨き続けています。
ロードスターはマツダ車ですし、スポーツカーです。だから大切にしているのは、“人馬一体”の感覚。自分の意志をもって操作をすれば、それに素直に応えてくれる。操作を重ねるうちに感覚も研ぎ澄まされていく。

つまり、そこには「スポーツ」がある。ドライバーが自身の成長を実感できる瞬間がロードスターには用意されているのです。
こうやったらこう動く、こうしたら思い通り素直に走れた。まさしくクルマとの会話です。
そんな運転する楽しさが、お客様の笑顔につながると考えています。

ロードスターが伝える“クルマの楽しさ”は、マツダを目指す若者へのメッセージでもある。

ロードスターは、お客様にとってつねに“乗りたいクルマ”であってほしいと思いますし、マツダにとっても“つくりたいクルマ”の象徴であり続けなければなりません。
さまざまな種類のマツダ車がつくられる中で、ロードスターに乗ればマツダが何を大切にしているかがわかる。そんなマツダのクルマづくりを端的に表現する存在なんだと思います。
そしてその存在は、現在ロードスターに興味をもつお客様のみならず、将来のお客様、さらにはその先にいるであろう未来のマツダを支える人たちにも響くものであってほしいと思います。

今、ロードスターを楽しんでいる方々のお子さんが、この面白いクルマをつくっているマツダという会社に入りたい、自分だったらこんなふうにつくりたいと、希望を抱いて集まってくれる。そういう存在になれたら、本当に素晴らしいですね。

ロードスターは、お客様にとってつねに“乗りたいクルマ”であってほしいと思いますし、マツダにとっても“つくりたいクルマ”の象徴であり続けなければなりません。
さまざまな種類のマツダ車がつくられる中で、ロードスターに乗ればマツダが何を大切にしているかがわかる。そんなマツダのクルマづくりを端的に表現する存在なんだと思います。
そしてその存在は、現在ロードスターに興味をもつお客様のみならず、将来のお客様、さらにはその先にいるであろう未来のマツダを支える人たちにも響くものであってほしいと思います。

今、ロードスターを楽しんでいる方々のお子さんが、この面白いクルマをつくっているマツダという会社に入りたい、自分だったらこんなふうにつくりたいと、希望を抱いて集まってくれる。そういう存在になれたら、本当に素晴らしいですね。

関連情報

TOP