MAZDA

「THANKS DAY in JAPAN 3rd」体験レポート

マツダロードスターの「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞を記念したイベント「THANKS DAY in JAPAN 3rd」がマツダ本社、ブランドスペース大阪に続き、神奈川県の販売会社にて開催されました。
ロードスターのオーナー様をお招きした会場では、本物の受賞トロフィーを手に持っていただいての記念撮影や、歴代ロードスターの開発に携わってきた技術者によるトークショーなどが実施され、お客様とともに受賞の喜びを分かち合う1日となりました。
開催日:2016年5月21日

受賞はマツダファンだけでなく、日本にとっても素晴らしいこと。

所有車:ロードスター(NC)
本間さん

NDは、ロードスター史上最高の完成度。でも、オープンで走る楽しさはNCだって負けていない。

「オープンって、一度乗っちゃうと離れられなくなるんですよね。

ただ、NC(三代目)からND(現行型)への乗り換えはもうちょっと先でいいかなとも考えています。

NDは、歴代でもっとも完成度が高いロードスターであることは間違いない。

走ると本当に楽しいし、カッコイイねって評判を聞くことがすごく増えました。

ただ、NCユーザーの僕から見ると、完成度が高すぎて自分でいじくり回せないなあ、とも感じてしまうんです。

何かをすると一気にバランスが崩れてしまう気がして。

歴代のロードスターは、趣味や個性を自分の思い通りに表現することができましたから。

 

マツダはコツコツと改良を進めてくれるので、僕のNCも本当に完成度が高いクルマに仕上がってます。
オープンで走る楽しさはNDに劣りませんし、新型が出ても不満を覚えず愛着を持って乗れるクルマなんですね。
マツダはこの先、プレミアムメーカーを目指すのかもしれませんが、ユーザーとの距離の近さはなくさないでほしいなと願っています」。

NDは、ロードスター史上最高の完成度。でも、オープンで走る楽しさはNCだって負けていない。

「オープンって、一度乗っちゃうと離れられなくなるんですよね。

ただ、NC(三代目)からND(現行型)への乗り換えはもうちょっと先でいいかなとも考えています。

NDは、歴代でもっとも完成度が高いロードスターであることは間違いない。

走ると本当に楽しいし、カッコイイねって評判を聞くことがすごく増えました。

ただ、NCユーザーの僕から見ると、完成度が高すぎて自分でいじくり回せないなあ、とも感じてしまうんです。

何かをすると一気にバランスが崩れてしまう気がして。

歴代のロードスターは、趣味や個性を自分の思い通りに表現することができましたから。

 

マツダはコツコツと改良を進めてくれるので、僕のNCも本当に完成度が高いクルマに仕上がってます。
オープンで走る楽しさはNDに劣りませんし、新型が出ても不満を覚えず愛着を持って乗れるクルマなんですね。
マツダはこの先、プレミアムメーカーを目指すのかもしれませんが、ユーザーとの距離の近さはなくさないでほしいなと願っています」。

世界でも高く評価されていることが嬉しい。こだわりのクルマづくりが認められたのかな。

「日本と世界のカー・オブ・ザ・イヤー受賞は、意外ではなかったですね。

魂動デザインはクルマのデザインに大きなインパクトを与えていますし、スカイアクティブエンジンなどの技術力も世界で高く評価されていますから。

世界でも高く評価されていることが嬉しい。こだわりのクルマづくりが認められたのかな。

「日本と世界のカー・オブ・ザ・イヤー受賞は、意外ではなかったですね。

魂動デザインはクルマのデザインに大きなインパクトを与えていますし、スカイアクティブエンジンなどの技術力も世界で高く評価されていますから。

そうそうたるクルマを相手にしての受賞は、マツダファンだけでなく、日本にとっても本当に素晴らしいことだと思います。

これからの時代、マツダのようなこだわりのあるクルマづくりは、本当に大切だと思うんです。

そうそうたるクルマを相手にしての受賞は、マツダファンだけでなく、日本にとっても本当に素晴らしいことだと思います。

これからの時代、マツダのようなこだわりのあるクルマづくりは、本当に大切だと思うんです。

開発者の方と話ができる機会も、もっと増えればいいなと思ってます。

今日も、NCユーザーが感じたNDへの意見を聞いてもらえたのが嬉しかったです。

雑誌記事などを読むのもいいですが、直接会って話した方が、ニュアンスまでしっかり伝わりますよね」。

開発者の方と話ができる機会も、もっと増えればいいなと思ってます。

今日も、NCユーザーが感じたNDへの意見を聞いてもらえたのが嬉しかったです。

雑誌記事などを読むのもいいですが、直接会って話した方が、ニュアンスまでしっかり伝わりますよね」。

関連情報

TOP