MAZDA

icon冷却水(LLC)

役割

絶えず高温となるエンジンの周囲をラジエーターで冷やした冷却水(LLC)が循環することで、
エンジンを冷やし、オーバーヒートを防ぎます。

マツダ純正LLCの特長

マツダ純正LLCはマツダ車に最も適するように開発された専用部品です。
耐久評価に合格し、マツダの厳しい品質基準をクリアしたLLCです。

不凍効果

LLCの主成分であるエチレングリコールの性質により気温が0℃以下になっても冷却水の凍結を防ぎます。

防錆防蝕効果

添加剤の働きにより、冷却装置内部(エンジン内、ラジエーター、ウォーターポンプなど)の金属部品の発錆を防止するとともに、ゴム部品の劣化を防ぎます。

放熱効果

冷却装置にスケール(水アカ)が付着しないため十分な放熱効果が得られます。

消泡効果

冷却水の泡立ちが少なくなるため、気泡発生に伴う機械的損傷、腐食(キャビテーション)が抑えられます。

  • LLCの濃度が高すぎると、かえって凍結温度が高くなるので注意が必要です。

マツダ車の点検/交換時期の目安

点検

画像:マツダ車の点検/交換時期の目安

日常点検時:量
定期点検時:量、漏れ、汚れ

交換時期目安

車両タイプ/LLCタイプ交換時期目安
乗用車:純正LLC使用の場合※1 初回36ヵ月、以後24ヵ月
乗用車:純正LLCゴールデン使用の場合※2 初回9年、以後4年
(初回180,000km、以後100,000km)
軽自動車:純正LLC使用の場合 初回36ヵ月、以後24ヵ月
軽自動車:純正スーパーLLC使用の場合 初回7年、以後4年
(初回150,000km、以後75,000km)

取扱説明書へ

  • 距離を走っていなくても時間の経過とともに劣化します。どちらか早い方で交換をされることをおすすめします。
  • 使用条件により異なりますので、詳細は取扱説明書を参照ください。

ノンメンテナンスによるトラブル

LLCの交換時期を守らず、長期使用を続けると、防錆能力が低下し、錆の発生、金属の腐食、水アカの堆積などが進行していきます。
その結果、ラジエーターコアの目詰まり、ウォーターポンプの作動不良、サーモスタットの作動不良、
ラジエーター、ウォーターパイプの穴あきなどがおこり、ついには重大なエンジンダメージにつながります。

  1. ラジエーターキャップ付近にFL22というマークがない
  2. ラジエーターキャップ付近にFL22というマークがある

関連情報

関連情報

TOP