MAZDA

iconピック付発炎筒

役割

事故や故障により緊急停車した場合に後続車に危険を知らせ、追突を未然に防ぎます。
また、ピック(緊急脱出用ガラス破壊具)で、万が一車内に閉じ込められた場合に窓ガラスを割ることができます。

  1. 緊急脱出及び救出のための専用品です。他の用途には使用しないでください。
    フロントウィンドーガラスは、合わせガラスのためレスキューマンⅢでは割ることができません。 また、一部車両のフロントドアガラスにも合わせガラスが使用されているため、割ることができません。 使用できない車種の詳細については販売会社にお問い合わせください。
    他社の自動車には使用できない車種がありますので、使用されるお車の販売会社にお問い合わせください。
    ガラスを割った際のガラスの破片によるケガ等に注意してください。
    お子様のいたずらでケガをする場合がありますので十分ご注意ください。
    性能維持のため、ご購入日から4年間を目安に新品をお買い求めください。但し、期間内であっても、ピック部に錆の発生があった場合には、速やかに本体ごと交換してください。 また、期間内であっても使用された場合または強い衝撃が加わった場合には、継続して使用しないでください。
    取り付けができない車種が一部あります。

画像:ピック付発炎筒

ピックの使用方法

発炎筒本体をしっかり握り、尖った金属の部分を窓ガラスに強くたたきつけてガラスを割ります。
割った窓より仰向けになって背中から外に脱出します。

有効期限:48か月

ワンポイントアドバイス <よくある質問>

  • Q1.どんな時に使用するのですか?Q1.どんな時に使用するのですか?

    A1.自動車事故や自然災害でドアが開かなくなり、車内に閉じ込められた場合に窓ガラスを割って、車内から緊急脱出する際に使用します。

  • Q2.クルマのどこに置くのですか?Q2.クルマのどこに置くのですか?

    A2.通常、発炎筒は助手席左パネルに格納されております。ピック付発炎筒も同じ場所に格納できます。

  • Q3.誰でも使えますか?Q3.誰でも使えますか?

    A3.例えば右利きの女性が左手でも簡単に窓ガラスを割ることができます。

関連情報

関連情報

TOP