MAZDA

走行性能

走行性能

人馬一体を、上質に楽しむ。

余裕のパフォーマンスを生むSKYACTIV-G 2.0がさらなる進化

ロードスターが初代から追求し続けてきた人馬一体の走りを、
より上質で洗練された気持ちのいいドライビングフィールとともにお届けする。
それが、ロードスター RFの走る歓び。

ガソリンエンジン

さらなる進化を遂げたロードスター RF専用のSKYACTIV-G 2.0

燃料消費率(国土交通省審査値)※1

2WD (FR) 15.2〜15.8km/L

さらに詳しく

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。

余裕のパフォーマンスを生むSKYACTIV-G 2.0がさらなる進化

ロードスターが初代から追求し続けてきた人馬一体の走りを、
より上質で洗練された気持ちのいいドライビングフィールとともにお届けする。
それが、ロードスター RFの走る歓び。

ガソリンエンジン

さらなる進化を遂げたロードスター RF専用のSKYACTIV-G 2.0

燃料消費率(国土交通省審査値)※1

2WD (FR) 15.2〜15.8km/L

さらに詳しく

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。

よりリニアな動きと上質な乗り心地を実現する走行技術

意のままの走りを上質に楽しむための
こだわりの装備。

クルマとの対話を楽しむスポーティモデル「RS」グレードには、意のままの走りを上質に楽しむためのこだわりの装備を採用。
ここから、ドライバーとライトウェイトスポーツカーの新しい世界が始まります。

ドライビングダイナミクスについてさらに詳しく

意のままの走りを上質に楽しむための
こだわりの装備。

クルマとの対話を楽しむスポーティモデル「RS」グレードには、意のままの走りを上質に楽しむためのこだわりの装備を採用。
ここから、ドライバーとライトウェイトスポーツカーの新しい世界が始まります。

ドライビングダイナミクスについてさらに詳しく

実用燃費の向上とともに、
実態に近いWLTCモード燃費を採用。

実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際にクルマを運転する状況での性能を重視して開発を行ってきました。

燃費性能についてさらに詳しく

実用燃費の向上とともに、
実態に近いWLTCモード燃費を採用。

実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際にクルマを運転する状況での性能を重視して開発を行ってきました。

燃費性能についてさらに詳しく

かつてない発想が生んだスタイル、
上質なオープンエア感覚。

開放的なのにまるで空気に包まれているかのような、ロードスターRFのオープンエア感覚がそこにあります。

オープンについてさらに詳しく

かつてない発想が生んだスタイル、
上質なオープンエア感覚。

開放的なのにまるで空気に包まれているかのような、ロードスターRFのオープンエア感覚がそこにあります。

オープンについてさらに詳しく

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
TOP