MAZDA

エクステリア

エクステリア

一瞬でときめく、美しい生命感。

「魂動(こどう)デザイン」が志すのは、ただひとつ、かたちに命を吹き込むこと。
ロードスターではその想いをさらに研ぎ澄まし、いきいきと美しいライトウェイトオープンスポーツの究極の姿を追い求めました。

EXTERIOR GALLERY

匠塗 TAKUMINURI
研ぎ澄まされた人間の感性と、独創技術の結晶

瑞々しい生命感と艶やかな透明感を表現、
ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をさらに進化させました。ハイライト※1の鮮やかさとシェード※2の深みを際立たせることなどにより、瑞々しく艶やかな透明感を実現した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせます。

  1. ハイライト:光が反射して見える部分
  2. シェード:光が反射せず影になっている部分

瑞々しい生命感と艶やかな透明感を表現、
ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」ならではの、生命力にあふれたエネルギッシュな強さと鮮やかさ、濁りのない深みと艶感をさらに進化させました。ハイライト※1の鮮やかさとシェード※2の深みを際立たせることなどにより、瑞々しく艶やかな透明感を実現した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせます。

  1. ハイライト:光が反射して見える部分
  2. シェード:光が反射せず影になっている部分

職人の手業に迫るリアルな金属感を表現、
マシーングレープレミアムメタリック

「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、あたかも鉄のインゴット(金属を精製して一塊にしたもの)から削り出したかのようなリアルな金属質感を実現。「匠塗 TAKUMINURI」のさらなる進化が生んだ、まさに熟達した職人の手塗りにも迫る質感です。

職人の手業に迫るリアルな金属感を表現、
マシーングレープレミアムメタリック

「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、あたかも鉄のインゴット(金属を精製して一塊にしたもの)から削り出したかのようなリアルな金属質感を実現。「匠塗 TAKUMINURI」のさらなる進化が生んだ、まさに熟達した職人の手塗りにも迫る質感です。

ACCESSORY

流麗なスタイリングをさらに際立たせるエクステリアアイテム

MAZDA ROADSTER ACCESSORY

ロードスターのアクセサリーについてさらに詳しく

流麗なスタイリングをさらに際立たせるエクステリアアイテム

MAZDA ROADSTER ACCESSORY

ロードスターのアクセサリーについてさらに詳しく

マツダのクルマづくり

人の手によって研ぎ澄まされた美しさ

MAZDA DESIGN

マツダデザインについてさらに詳しく

人の手によって研ぎ澄まされた美しさ

MAZDA DESIGN

マツダデザインについてさらに詳しく

関連コンテンツ

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
TOP