「人馬一体」を楽しむ。そのこだわりは、全身に及ぶ。

操る楽しさを極める「RS」グレード専用装備をはじめ、
ロードスターには走りを楽しむためのこだわりの装備を採用。

ダイナミックキャラクタリスティック(操縦安定性)
ロードスターならではの「人馬一体」の走りを感じるシーン

  • ターンイン -安心感のある減速フィール-ターンイン -安心感のある減速フィール-

    4代目(ND型)ロードスターではピッチセンターを後方化し、ドライバーの頭とほぼ同等の位置としました。これにより、制動時には従来のアイポイントが浮き上がるような動きから、アイポイントがほとんど動くことなく、なおかつフロントへの荷重移動がしっかりと把握できるクルマの挙動を実現しています。そして、ターンインではフロントの外輪にしっかりと荷重がかかった理想的なダイアゴナルロールを実現。車両の挙動をつかみやすいボンネットやフロントフェンダーの造形と相まって、クルマの動きを予測しやすくしています。

  • コーナリング -旋回時の挙動のつかみやすさ-ターンイン -安心感のある減速フィール-

    コーナリング中の挙動では、FR車ならではのニュートラル感を実現しています。ニュートラル感とは、コーナリング中の車両の向きとドライバーの前方視線を一致させることでクルマとの一体感が高まり、自然な旋回姿勢を感じ取れる感覚のこと。4代目(ND型)ロードスターはダブルピニオン式電動パワーステアリングの採用により、路面からの不快なステアリング振動を遮断するとともに、ステアリングから正確で正直なフィードバックがドライバーに伝わります。これにより、クルマを操る感覚をより高めています。

  • ターンアウト -気持ちのいい加速感-ターンアウト -気持ちのいい加速感-

    4代目(ND型)ロードスターの走りがもっとも光るシーン、それがコーナーの立ち上がり。クリッピングポイントからアクセルを踏み込み、リアタイヤに荷重を乗せながらステアリングを徐々に戻して加速します。このシーンは、まさにFRスポーツカーの醍醐味とも言えます。この醍醐味を存分に楽しめるよう、4代目(ND型)はサスペンションのジオメトリーを最適化し、後輪への荷重移動時に路面をしっかりととらえられるようにしています。また、アクセルによる後輪へのトルク伝達のレスポンスを向上させるとともに、トルク特性をリニア化。意のままの加速コントロールを実現しました。さらに、電動パワーステアリングの戻り側の特性も造り込むことで反力を抑え、狙ったラインを正確にトレースしながら自然にステアリングを戻すことを可能にしています。

走りを楽しむためのこだわりの装備

意をもって操作すれば素直に応える。そんな胸躍る走りへ。

車両開発本部 操安性能開発部 戸田 良二

関連コンテンツ

TOP