手動運転装置付車のポイント

(1)センターコンソール横に「コントロールグリップ」を配置。引くと加速、押すと減速します。
(2)ステアリング右側のスポーク内に「ステアリングシフトスイッチ」を設定。マニュアルモードを右手のみで操作できます。(S Special Packageのクルーズコントロールなし車)
(3)ステアリングには片手でのハンドル操作をサポートする「旋回ノブ」(オプション)を設定。
(4)運転席への乗り移りをよりスムーズにする「乗降用補助シート」(オプション)や、車いすを助手席に収納するための「車いすカバー」(オプション)を用意。

* H.C.R.2016出展時の車両のため、現在の仕様とは一部異なります。

左右の手のみで操作可能な、走る歓びを全身で体感できるスポーツモデル。

マツダが掲げる“人馬一体”の走りをダイレクトに体感できるロードスター。その走る歓びを左右の手のみの操作で味わうことができる福祉車両を開発しました。センターコンソール横には、引くと加速、押すと減速する「コントロールグリップ」を装備。クルーズコントロールなし車は、「ステアリングシフトスイッチ」をステアリング右側のスポーク内に設定したことで、マニュアルモードを右手のみで操作することができます。ステアリングには片手でのハンドル操作をサポートする「旋回ノブ」(オプション)を設定しました。

さらに、運転席への乗り移りをよりスムーズにする「乗降用補助シート」(オプション)や、車いすを助手席に収納するための「車いすカバー」(オプション)もご用意しました。

マツダが掲げる“人馬一体”の走りをダイレクトに体感できるロードスター。その走る歓びを左右の手のみの操作で味わうことができる福祉車両を開発しました。センターコンソール横には、引くと加速、押すと減速する「コントロールグリップ」を装備。クルーズコントロールなし車は、「ステアリングシフトスイッチ」をステアリング右側のスポーク内に設定したことで、マニュアルモードを右手のみで操作することができます。ステアリングには片手でのハンドル操作をサポートする「旋回ノブ」(オプション)を設定しました。

さらに、運転席への乗り移りをよりスムーズにする「乗降用補助シート」(オプション)や、車いすを助手席に収納するための「車いすカバー」(オプション)もご用意しました。

乗降用補助シート(サイドサポート)(オプション)

乗降用補助シート(サイドサポート)(オプション)

車いすカバー(オプション)

* 写真の車いすのホイールサイズは22インチとなりますが、車いすの形状により収納できない場合がございます。

車いすカバー(オプション)

* 写真の車いすのホイールサイズは22インチとなりますが、車いすの形状により収納できない場合がございます。

マツダ公式ブログ ZOOM-ZOOM BLOG

【開発者インタビュー】すべてのお客さまに “走る歓び”をお届けしたい。マツダの福祉車両開発に込められた想いとは。(2017.10.13掲載)

ブログを見る

手動運転装置付車

MAZDA ROADSTER RF<スポーツ>
手動運転装置付車

詳細を見る

MAZDA ROADSTER RF<スポーツ>
手動運転装置付車

詳細を見る

ご検討のお客さまへ

お近くのマツダグループ販売店を検索できます。

販売店検索

 

マツダ車のカタログをオンラインでご請求いただけます。

カタログ請求

 

  • 価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)で参考価格です。販売価格は販売会社が独自に定めております。2019年10月以降は新消費税率(10%)に基づき精算させていただきます。詳しくは販売会社にお問合せください。また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用は別途必要です。自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
TOP