MAZDA

人的ミス/運転負荷を軽減する安全技術

人的ミス/運転負荷を軽減する安全技術

目前に迫った事故の回避、被害軽減をサポートする。

衝突被害軽減ブレーキやAT車のペダル踏み間違いによる事故を低減する技術が、安全な運転をサポート。

ワイド  国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当するための技術。
※【先進ライト】は"ALH"または"HBC"のいずれかを標準装備。(グレードにより異なります)

発進・後退時の安全をサポート

発進・後退時の安全をサポート

AT誤発進抑制制御[前進時]*2*3*4ワイド

ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する

約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントの超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

(標準装備:S Special Package、S Leather Package *AT車のみ)

※カメラはフロントガラス上部に設置。

AT誤発進抑制制御[前進時]イメージ図

 

AT誤発進抑制制御[前進時]*2*3*4ワイド

ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する

約10km/h以下での徐行前進や停車時は、カメラやフロントの超音波センサーで前方の障害物を検知し、ペダルの踏み間違いなどによる誤発進・急加速を抑制します。

(標準装備:S Special Package、S Leather Package *AT車のみ)

※カメラはフロントガラス上部に設置。

AT誤発進抑制制御[前進時]イメージ図

 

走行時の安全をサポート

走行時の安全をサポート

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)*1*4ワイド

先行車や歩行者との衝突回避をサポート

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、
ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

(標準装備:全車)

「i-ACTIVSENSE」技術紹介:アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

クルーズコントロール

約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに設定速度での定速走行が可能。また、AT車は下り坂でのシフトダウン制御機能も採用しています。

(標準装備:S Leather Package、RS)
(メーカーセットオプション:S Special Package)

  • スイッチ部

約30~100km/hの範囲で走行中、アクセルを踏まずに設定速度での定速走行が可能。また、AT車は下り坂でのシフトダウン制御機能も採用しています。

(標準装備:S Leather Package、RS)
(メーカーセットオプション:S Special Package)

  • スイッチ部

*1 対象物(特殊な外観をした車両、部分的に見えている、隠れている、もしくは背景に溶け込んでいる車両と歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路、夜間や夕暮れなど視界の悪い時など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*2 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*3 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
*4 SCBS、AT誤発進抑制制御、リアパーキングセンサーは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
●その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

関連コンテンツ

TOP