MAZDA

MAZDA FAN KYUSHU MEETING 2015

2015年7月19日、株式会社オートポリス主催によるこのイベントに、九州・中国地方を中心に全国から2,000人を超えるマツダファンが集結。
同年4月の東北に続いてのファンミーティングが、大分県のオートポリスで九州初開催されました。
メインスタンドには新旧歴代のマツダ車が200台以上並び、サーキットコースではマツダのレジェンドカーである787Bが24年ぶりにオートポリスを走行。
ロードスター開発主査をはじめとするマツダ開発陣も参加させていただき、特設ステージでの「人馬一体トークショー」、
メインスタンドに隣接する広場での「最新マツダ車体験試乗会」や「ドライビングポジションレクチャー」、「モノ造り展示」ブースの出展など、
多くのファンにマツダの歴史や最新技術を体感いただきました。

正しいドライビングポジションで体感した“人馬一体”の設計

所有車:ダイハツ ミラ
岩本さん

正しいドライビングポジションで体感した“人馬一体”の設計

メーカーが性能や価格だけじゃなく、クルマづくりへの想いを伝えるって大事なこと

試乗前にドライビングポジションのレクチャーを受けて、ポジションを合わせた時はいつもより窮屈に感じたのですが、運転してみるととても楽で“これがマツダの考える理想のポジションなんだ”と気づくことができました。
理想のポジションで運転できるクルマづくりをしたというだけあり、シートから振動をしっかり感じられて“人馬一体”を実感しました。
メーカーが性能や価格だけじゃなく、クルマづくりへの想いや、その想いをどうやったら体感できるかを伝えることって大事ですよね。
正しい良さを理解できる。買いたくなりました(笑)。

メーカーが性能や価格だけじゃなく、クルマづくりへの想いを伝えるって大事なこと

試乗前にドライビングポジションのレクチャーを受けて、ポジションを合わせた時はいつもより窮屈に感じたのですが、運転してみるととても楽で“これがマツダの考える理想のポジションなんだ”と気づくことができました。
理想のポジションで運転できるクルマづくりをしたというだけあり、シートから振動をしっかり感じられて“人馬一体”を実感しました。
メーカーが性能や価格だけじゃなく、クルマづくりへの想いや、その想いをどうやったら体感できるかを伝えることって大事ですよね。
正しい良さを理解できる。買いたくなりました(笑)。

クルマ好きに選ばれるのがマツダ。

CX-3はディーゼルとは思えない静かさで、パワーもあり加速も良くて乗りやすかったです。
普段仕事でディーゼル車にのっていますが、全く違いました。
CX-3はコンパクトでも力強くて、通勤でも休みの日の家族旅行にも丁度よく、十分なサイズ感が新しいですね。
デザインも重厚感があってかっこいいです。
今日このイベントに来て感じたことは、マツダが好きな人はクルマ好きが多いということです。
マツダスタッフの方と会話しても、本当にクルマが好きなんだなと感じました。特にマニュアル車なんて市場的には売れるクルマではないのに、そこにこだわりを持ってつくっているというのがいいですよね。
本当にクルマが好きな人に選ばれるクルマをつくるのがマツダなんだ、そう感じました。

クルマ好きに選ばれるのがマツダ。

CX-3はディーゼルとは思えない静かさで、パワーもあり加速も良くて乗りやすかったです。
普段仕事でディーゼル車にのっていますが、全く違いました。
CX-3はコンパクトでも力強くて、通勤でも休みの日の家族旅行にも丁度よく、十分なサイズ感が新しいですね。
デザインも重厚感があってかっこいいです。
今日このイベントに来て感じたことは、マツダが好きな人はクルマ好きが多いということです。
マツダスタッフの方と会話しても、本当にクルマが好きなんだなと感じました。特にマニュアル車なんて市場的には売れるクルマではないのに、そこにこだわりを持ってつくっているというのがいいですよね。
本当にクルマが好きな人に選ばれるクルマをつくるのがマツダなんだ、そう感じました。

関連情報

TOP