MAZDA

「KOBE MAZDA Fan Festa 2016」体験レポート

販売会社の神戸マツダが、お客様へ日頃の感謝の想いをお届けしようと企画されたイベントが、神戸ファッションマートにて開催されました。
当日は、マツダの開発スタッフもお手伝いさせていただき、ロードスター開発主査のトークショーやチーフデザイナーによるプレゼンテーション、
クルマづくりを支える技術展示を通じて、マツダのこだわりをご紹介しました。
会場では、新世代商品のフルラインナップはもちろん、マツダ787Bやコスモスポーツなどのレジェンドマシンなども展示。
販売会社と一緒になって、ファンの皆さまと絆を深め合う一日となりました。
開催日:2016年6月4日、5日

マツダのクルマを通してお客様とつながっていきたい。

神戸マツダスタッフ
安田 收穂

マツダのクルマを通してお客様とつながっていきたい。

運転の楽しさを具体的に伝えて、それを体感していただくことがなにより大切です。

「今回のイベントでは、ロードスターを試乗された方の『自然に笑顔になって、楽しくなりますね!』という言葉が印象的でした。
『そう感じてもらいたいのがマツダのクルマなんです』とお話ししました。
お話を伺ってみると、元々ガソリンエンジンのCX-5に乗っていたそうですが、クリーンディーゼルエンジンの力強さに魅せられてクリーンディーゼルエンジン搭載のCX-5にお乗換えいただいたそうなんです。すごく嬉しいし、ありがたいですよね。
『ソウルレッドの色がすごく良い。でも勇気が出せなくてブラックに……』とおっしゃっていたので、私自身ソウルレッドのCX-5に乗っていますし、『次はぜひ勇気をだしてみてください』とオススメしました(笑)
今回のイベントもそうですが、ディーラーでも、試乗の前に『楽しいクルマ』だと知っていただくことが大切だと改めて感じました。
ドライビングポジションやハンドルの握り方など運転の楽しさを具体的に感じられるポイントをお伝えしなければ、いざ試乗をするときに注目すべきポイントが分からないと思うんです。
きちんとお伝えした上で体感していただいて、『楽しいクルマ』だというお声をいただけると嬉しいですね」。

運転の楽しさを具体的に伝えて、それを体感していただくことがなにより大切です。

「今回のイベントでは、ロードスターを試乗された方の『自然に笑顔になって、楽しくなりますね!』という言葉が印象的でした。
『そう感じてもらいたいのがマツダのクルマなんです』とお話ししました。
お話を伺ってみると、元々ガソリンエンジンのCX-5に乗っていたそうですが、クリーンディーゼルエンジンの力強さに魅せられてクリーンディーゼルエンジン搭載のCX-5にお乗換えいただいたそうなんです。すごく嬉しいし、ありがたいですよね。
『ソウルレッドの色がすごく良い。でも勇気が出せなくてブラックに……』とおっしゃっていたので、私自身ソウルレッドのCX-5に乗っていますし、『次はぜひ勇気をだしてみてください』とオススメしました(笑)
今回のイベントもそうですが、ディーラーでも、試乗の前に『楽しいクルマ』だと知っていただくことが大切だと改めて感じました。
ドライビングポジションやハンドルの握り方など運転の楽しさを具体的に感じられるポイントをお伝えしなければ、いざ試乗をするときに注目すべきポイントが分からないと思うんです。
きちんとお伝えした上で体感していただいて、『楽しいクルマ』だというお声をいただけると嬉しいですね」。

購入するときだけでなく、今乗っているクルマのことも相談しやすい場所に。

「現在は週末の展示会や店舗の試乗会などの企画、営業スタッフの研修などの業務を行っていますが、去年までは営業スタッフでした。
今思うと、当時はメーカーとしてお客様に伝えたい内容を、自分の中で完全に消化できないまま営業をしていたんじゃないかと感じるんですよ。
業務が変わって、そのことに初めて気づきました。

購入するときだけでなく、今乗っているクルマのことも相談しやすい場所に。

「現在は週末の展示会や店舗の試乗会などの企画、営業スタッフの研修などの業務を行っていますが、去年までは営業スタッフでした。
今思うと、当時はメーカーとしてお客様に伝えたい内容を、自分の中で完全に消化できないまま営業をしていたんじゃないかと感じるんですよ。
業務が変わって、そのことに初めて気づきました。

そういう点でも、毎日店舗でクルマを販売している営業スタッフの研修を広島で行い、直接メーカーの方の話を聞く機会を作りたいとも考えています。
現場の営業スタッフに対してメーカーの方向性を伝える橋渡し役になれたら、と試行錯誤の途中ですね。

そういう点でも、毎日店舗でクルマを販売している営業スタッフの研修を広島で行い、直接メーカーの方の話を聞く機会を作りたいとも考えています。
現場の営業スタッフに対してメーカーの方向性を伝える橋渡し役になれたら、と試行錯誤の途中ですね。

そして、ディーラーをもっと気軽にお客様に足を運んでいただける場所にしたいです。
担当スタッフだけでなく、サービスフロントやエンジニアなどスタッフ全員が、マツダのクルマを通してお客様とつながっている関係を築いていけるように努力していきたいと思います」。

そして、ディーラーをもっと気軽にお客様に足を運んでいただける場所にしたいです。
担当スタッフだけでなく、サービスフロントやエンジニアなどスタッフ全員が、マツダのクルマを通してお客様とつながっている関係を築いていけるように努力していきたいと思います」。

関連情報

TOP