MAZDA

「MAZDA FAN FESTA 2015 in OKAYAMA」体験レポート

約4,800名の方々がご来場された、年に一度のマツダファンの祭典! プログラムは、恒例となったレジェンドカーのデモランやパレードランに加え、
マツダのエンジニアが講師を務める、人馬一体やエンジンの「モノ造り講座」など盛りだくさん。
また、ミニコースでは、地元販売会社さんによる試乗会も。
長らくマツダを支えてくださるファンの皆様から、最近興味をお持ちいただいた方まで、みんなで絆を分かち合う熱い1日となりました。

お互いの想いをおつなぎするために。

岡山マツダスタッフ
西野 健太

開発者の想いとユーザーの想いをつなぐ。それが、この仕事のやりがいですね。

「以前、『人馬一体研修』を受けて、マツダのクルマづくりへの姿勢に感銘を受けました。

私自身、他メーカーのクルマと乗り比べて違いを実感して、その感覚をお客様に伝えたいと日々精進しています。

私たちが開発者の想いをお伝えしなければと。

やっぱり、お客様に感動していただけるとうれしいんですね。

私の店舗では、週に一回、業務終了後にスタッフみんなで集まって、お互いの知識を深めて発表し合う勉強会を行っています。

他の店舗ではテーマを決めてご説明時の話法を作り、ロープレの発表大会をやっていたりとか。

そんな取り組みを通じて、スタッフ同士、みんなで高め合っています」。

開発者の想いとユーザーの想いをつなぐ。それが、この仕事のやりがいですね。

「以前、『人馬一体研修』を受けて、マツダのクルマづくりへの姿勢に感銘を受けました。

私自身、他メーカーのクルマと乗り比べて違いを実感して、その感覚をお客様に伝えたいと日々精進しています。

私たちが開発者の想いをお伝えしなければと。

やっぱり、お客様に感動していただけるとうれしいんですね。

私の店舗では、週に一回、業務終了後にスタッフみんなで集まって、お互いの知識を深めて発表し合う勉強会を行っています。

他の店舗ではテーマを決めてご説明時の話法を作り、ロープレの発表大会をやっていたりとか。

そんな取り組みを通じて、スタッフ同士、みんなで高め合っています」。

お客様が本当に求めている声は、実際にマツダ車に乗っている方の声だと思うんです。

「入社2年目の私自身、こうしたイベントで試乗会をするのは初めてでしたが、普段の業務とは違ってとても刺激を受けました。

お客様が本当に求めている声は、実際にマツダ車に乗っている方の声だと思うんです。

「入社2年目の私自身、こうしたイベントで試乗会をするのは初めてでしたが、普段の業務とは違ってとても刺激を受けました。

中には初めてマツダ車に試乗される方もいらっしゃいましたが、ドライビングポジションをご説明すると『こんな細かいところまで教えてくれるんですね。本当に来てよかったな』と言っていただけてうれしくなりました。

中には初めてマツダ車に試乗される方もいらっしゃいましたが、ドライビングポジションをご説明すると『こんな細かいところまで教えてくれるんですね。本当に来てよかったな』と言っていただけてうれしくなりました。

また、マツダ車のオーナー様からいろんなお話を聞けました。

私たちのお客様にとって一番信頼できる情報は、実際のお客様が発信する“燃費の良し悪し”や“実際に乗ってどうなの?”という情報だと思うんです。

だからそういったお声を直接お聞きできてよかったです。

今日伺ったお言葉を今後来店される方々にもお伝えしていきたいと思います」。

また、マツダ車のオーナー様からいろんなお話を聞けました。

私たちのお客様にとって一番信頼できる情報は、実際のお客様が発信する“燃費の良し悪し”や“実際に乗ってどうなの?”という情報だと思うんです。

だからそういったお声を直接お聞きできてよかったです。

今日伺ったお言葉を今後来店される方々にもお伝えしていきたいと思います」。

関連情報

TOP